呉に貢献した呂蒙の死、孫権の過剰な反応とは?




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

敗れる関羽雲長

 

呉の名将呂蒙(りょもう)の最大の貢献と言えば関羽(かんう)を討ったことでしょうか。

 

三国志演義_書類

 

そのせいで「三国志演義(さんごくしえんぎ)」などの創作物では悪役を任されることが多いのも呂蒙です。

 

穴から呂蒙を覗く孫権

 

そんな呂蒙が亡くなったとき、主君である孫権(そんけん)はどのような反応をしたのでしょうか?

 

自分の人形を操る呂蒙

 

また、「三国志演義」や「人形劇三国志(にんぎょうげきさんごくし)」での壮絶な死に際も特徴的です。今回の記事ではそんな呂蒙の人生と死に際について探っていきます。




呂蒙とは?

貧乏だった若き呂蒙

 

呂蒙は貧しい家に生まれ、孫策軍の武将である姉の夫(鄧当(とうとう))の元に身を寄せていました。そんな時、鄧当は孫策軍に異民族討伐のために従軍することになります。

 

策略が得意な呂蒙

 

呂蒙はそれに勝手についていき、それをとがめた母に「貧しさから抜け出したいのです、虎穴を探らずしてどうして虎児を得ることが出来ましょうか。」と説得し、孫策軍に従軍しました。

 

呂蒙

 

その後は馬鹿にしてきた人を斬ったり、粗暴な面も見せましたが、孫策に才能をみとめられ、軍で出世していくことになります。

 

関連記事:呉の武将「呂蒙」はなぜ人気がないの?その理由とは?

関連記事:これは悪質!呂蒙が仕掛けた性質が悪いドッキリ




「呉下の阿蒙」と「男子3日会わざれば括目して見よ」

字が読めなくてバカにされる呂蒙

 

呂蒙は武については才能を発揮しましたが、無学でした。その為「呉下(ごか)阿蒙(あもう)」と馬鹿にされていました。これは「呉の町の蒙ちゃん」という意味で、子供扱いされていたのです。

 

孫権から学問を身に着けろと言われる呂蒙

 

そんなある日、呂蒙は孫権から、「学問もした方が良い」と勧められ一念発起し、懸命に勉学に励み、ついにはプロの学者も驚くほどの学識を身に着けたといいます。

 

勉強に励んで文字も読めて賢くなる呂蒙

 

その噂を聞いた呉の同僚「魯粛(ろしゅく)」が呂蒙の元を訪ね、関羽への対策について議論をしました。呂蒙は魯粛に関羽に対するいくつかの策を提案し、魯粛はその策の素晴らしさに舌を巻いたといいます。

 

魯粛

 

そして魯粛は、「もう、呉下の阿蒙とは呼べないな」と呂蒙を絶賛しました。

 

指揮を取る呂蒙

 

呂蒙はそれに対し、「士は3日もすれば全くの別人になるかもしれないから、よく見ておくように」とのべました。これが後の、「男子3日会わざれば括目して見よ」という故事成語の元になりました。

 

関連記事:魯粛、アホの呂蒙の成長ぶりに驚いた理由とは?【呉下の阿蒙】

関連記事:【蜀の運命を決めた人物】呉の大都督となった阿蒙ちゃんの決断が歴史を変えた!?

 

呂蒙、病に倒れる

青龍偃月刀を持つ関羽

 

のちに呂蒙は関羽と対峙することになります。そこで呂蒙は病気になったふりをしたり、関羽の領民や部下を手厚くもてなすなどしました。

 

父・関羽とともに亡くなる関平

 

関羽は油断し、関羽の部下も戦意を喪失しました。そして見事に関羽を捕え、斬ることに成功したのです。孫権はそんな呂蒙を称えましたが、呂蒙は直ぐに病に倒れてしまいます。

 

関連記事:関羽の死は徐晃の暴走が招いた?曹操が考えた本来の計画とは

関連記事:孫策と関羽は似ている?死に様に見る共通点

 

【古今東西の英雄の「最期」は千差万別】
英雄の死因

 

孫権、呂蒙を大いに心配する

呂蒙が病気になり心配で仕方ない孫権

 

孫権は病にたおれた呂蒙を自身の宮殿に引き取り、八方手を尽くして看護にあたりました。また、領内に「呂蒙を直すことが出来たものには賞金を出す」とまでお触れを出しました。鍼を刺す時は孫権も一緒に心を痛め、何度も顔色をうかがおうとしました。

 

呂蒙が病気になり心配する孫権

 

しかし、呂蒙に気を遣わせてはならぬと思い、壁に穴をあけて呂蒙を覗いていたといいます。孫権は呂蒙の病気が少しでも良くなると喜び、悪くなると夜も寝つけないほどでした。

 

穴から呂蒙を覗く孫権

 

後に呂蒙の病気が悪化し、孫権は全国の道士に呂蒙の延命を願わせました。しかし、その甲斐なく、呂蒙は42歳の若さで亡くなりました。

 

関連記事:呂蒙の死因は?ホラー映画のような死を遂げた呉の偉人を考察

関連記事:呂蒙はどうして関羽を殺したの?最初から関羽を殺害する目的だったの?

 

呂蒙の死後

呂蒙のお見舞いにかけつける陸遜

 

呂蒙が亡くなると孫権は憔悴したといいます。呂蒙は遺言で、孫権から与えられたものは全て蔵に収めておき、自分の死後は返却するように、葬儀は質素にするように伝えていました。それを聞いて孫権はますます悲しみました。呂蒙の死後は息子の呂覇(りょは)が跡を継ぎましたが早くに亡くなり、呂蒙の兄が跡を継ぎました。

 

関連記事:朱拠とはどんな人?呂蒙に匹敵する文武兼備の将軍の逸話を紹介

関連記事:呂範とはどんな人?周瑜や呂蒙に匹敵する名将の逸話も紹介

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 趙達と孫権
  2. 全身の穴から血を噴出して死亡する呂蒙
  3. 諸葛瑾に無茶振りを言う孫権
  4. 杯を投げつけ孫権を睨めつけ罵る呂蒙
  5. 呉の孫権
  6. 指揮を取る呂蒙

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • ねこねこ日本史布教BOT
    • 2021年 5月 19日

    毎日更新嬉しい(≧_≦)




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP