キングダム681話ネタバレ飛信隊歩兵ファイト一発「強靭な力」レビュー考察




 

キングダム681話ネタバレ「より急斜面に移動」

行軍する兵士達b(モブ)

 

そこで、飛信隊歩兵は崇原(すうげん)のアドバイスで頂上の敵兵から丸見えになる上りやすい崖から、

崖が突き出してオーバーハングしているより険しい崖に移動していきました。

 

飛信隊本陣でも落石でバタバタと落とされる飛信隊の歩兵を見ていました。

どうやら半分近い歩兵が落石で落ちてしまったようです。

ここで、貴族らしく打たれ弱い潘陽(はんよう)が、敵もそれなりに準備をやはり無理なのかと口走ります。

 

それに対し河了貂が大丈夫だと力強く否定。

 

飛信隊(うち)は、そんなにやわじゃない」

 

そういう問題でもないような気が…でも貂ちゃんが言うからいいか




キングダム681話ネタバレ「羌礼が変わらずスタンドプレイ」

羌瘣

 

さあ、飛信隊歩兵がsasukeも真っ青なオーバーハングの崖を登っている頃、

羌礼は鼻歌混じりに同じ崖を登っていました。

 

「追いついたぞ、このくらいの崖でヒイヒイ言いよって修業が足りんのォ」

 

と言うや、ワシの雄姿を見ておれとばかりに崖を駆けあがっていきます。

 

ここで干斗が

「余計なことすんじゃねェ羌礼、お前の出番はまだ後だ」と叱りますが

羌礼は気にする様子もなく崖を登りますが、掴んだ岩が崩れて落ちていきました。

 

そして羌礼のピンチを救ったのは昴でした。

尾平に続いて2回目の御手柄です。

 

羌礼「しくじったすまん」

昴「ううん 大丈夫」

 

羌礼を気遣う優しい昴ですが、岩を掴んでいる左手は血だらけです。

昴の左手を見て、少し赤くなった羌礼ですが、またしても崖を登り始めます。

 

干斗「待てっつてんだ羌礼お前

お前のその力は上を制圧する時に

とっとけって言ってんだ

剣を使わねえ時は、オレ達に任せときゃ

いいんだバカヤロウ!」

 

怒った感じの干斗ですが、その真意は

剣技以外で羌礼に負担を掛けたくない優しさから出ています。

 

羌礼「だけど、お前達にここは登れんだろ」

昴「登れるよ、っていうか 登るんだ」




キングダム681話ネタバレ「落石の計沈黙」

藤甲軍(南蛮兵士)

 

完全に飛信隊が急斜面に隠れ、石を落とす事が出来なくなった頂上の趙兵は、

どうせ、急斜面を登る事は出来ない、頂上に登りたいならこっちに来るとたかをくくり

飛信隊が急斜面を登れるとは考えていないようです。

 

キングダム681話ネタバレ「貂ちゃんミュージカル」

 

一方、飛信隊本陣でも番陽が、あの急斜面は登れないと言い、河了貂がムリじゃないと否定します。

そして、ここから河了貂はミュージカルのスターのように仁王立ちで、

 

騎兵では飛信隊は玉鳳軍(ぎょくほうぐん)楽華軍(がくかぐん)に劣るかも知れないけど歩兵ではうちの実力が上だと言い出します。

騎兵はどうしても早くから馬と接する士族のほうに一日の長がある

でも歩兵はまずは身体の強さだと言い日々、重いモノを持ったり運んだりしている百姓の身体は元々強いが、

飛信隊は、その百姓をさらに過酷な選抜で抜けた者ばかりだと言いさらにそこに練兵を繰り返し強くなったと主張。

 

そして、唐突に2年前に副歩兵長の松左を失い、その意思は確実に今の者達に受け継がれたと言い出し

ここから、飛信隊歩兵は自発的に自分の身体をいじめ抜いて鍛え努力に努力を重ねて揺るがぬ強靭な力を身につけたとします。

 

戦術などが絡むなら、他の歩兵も割り込んでこれるだろうけど、ただ、険しい崖を登るだけなら

彼らは絶対に自力だけでやってみせる。うちの歩兵をなめるんじゃない!

 

要するに飛信隊の単純筋肉バカに不可能はないという事を河了貂は言いたいようです。

かくして、影丘の崖の頂上に干斗の指がかかりました。

 

これは、もう登頂と見てもいいでしょう!

待て!キングダム682話!

【次のページに続きます】



次のページへ >
< 1

2

3>

関連記事

  1. キングダム53巻
  2. キングダム54巻amazon
  3. 病に倒れる始皇帝
  4. kawauso編集長
  5. 兵糧(食料)を管理する任峻

コメント

  • コメント (9)

  • トラックバックは利用できません。

    • 匿名
    • 2021年 6月 06日

    黒羊での渕さん率いる歩兵隊の強行渡河作戦の影丘版なんでしょ。

    桓騎はもちろん登攀しての敵陣強襲が影丘攻略の鍵で、それに向いているのは任務に忠実で体力があって根性自慢の飛信隊の歩兵隊だと分かった上で、扈総司令官を前線に誘い出すために玉鳳を先に行かせたんだろう。

    登攀組が上に上がって、羌礼のスヒン殺法が炸裂すれば、大仏軍もそちらに力を注がなければならなくなるし、そうなると信が率いる騎馬隊や蒼兄弟らが上がって来るから、飛信隊名物・将軍ホイホイの餌食になるかも。

    ただ、編集長が仰る弓矢による攻撃は、そもそも弓矢は垂直下方向には打ち辛い(真下には狙いを付け辛い(崖から乗り出す形になる)し、弓を真下に向け真上方向に引くのは力が入らず難しい)し、石を落とす方が簡単で効果的で安価だから普通は弓矢は使わないんじゃないですか。

    むしろ千早赤阪の戦いのように熱湯をかけたり、何なら熱した油を流した方が効果的だと思う。

    • 稲葉の白兎
    • 2021年 6月 05日

    大仏君、
    きっと怒ったら一旦腕で顔を隠して、
    その後に出てきた顔は
    「大魔神(最近の若い人は知ってるかな?)」に
    なるんだと思う。

    • kawauso編集長
    • 2021年 6月 03日

    邯鄲の夢さん:落下してくる人間を腕の力だけで受け止めるのは絶対無理でしょう。
    ここは味方を絶対に見捨てない、見捨てたくないという飛信隊的漫画演出だと思います。
    断崖絶壁については、上から矢で攻撃するとか、もう少しスリリングな展開があるかと思いましたが
    上から大石を転がして終わりという落石の計のみで肩すかしでした。
    さらに、オーバーハング部分は山頂から見えないので打つ手なしという事なので、
    オーバーハング部分を越えれば山頂到着は間違いないでしょう。

    しかし、狩場を設置できないという事から、山頂部分にもまた岩山があり、少人数でしか
    進めないという制約はありそうです。
    少人数でしか進めないという事は、少数の敵兵で道を塞ぐ事で時間が稼がれるのかも知れません。
    ですが、こちらには羌礼がいるので、忍者ばりに壁を走って趙兵の背後にまわり込んで
    狭い場所に密集している趙兵をジューサーミキサースヒンで仕留めるとも考えられます。

      • 邯鄲の夢
      • 2021年 6月 03日

      コメントありがとうございます😊
      台地の頂上陣地からほぼ攻撃地点が丸見え?
      本陣の周りに兵力を集中させれば簡単に歩兵団を崖下に追い落とせそうな雰囲気ですが武者返しの向こう側は死角なのでしょうかね?崖のシーンは正直雑だと思います。ビヘイと妹分の転落シーンで岩がパッカではなく、ボロで周りの岩も一緒に崩れて真下の5、6人は巻き添いで落下。。真下の人が複数でも受け止められず一緒に落下ですね!一斉に登るより、数組に分けて、先頭がロープみたいな綱を体に巻きつけてルートを探りながら登り、登頂もしくは綱を固定できるポイントで綱を下に垂らして、安全なルートをいくつか確保してから綱を頼り登った方が効率的だと思います。
      各自それぞれ登れる岩場なのかもしれませんが、それなら趙軍がもっと罠を仕掛けていそうですが?
      登れても百人程度なら簡単に包囲殲滅されそうですがね?ブログ主は頂上ポイントが丸見えだったらどう包囲殲滅しますか?原作者はたぶんその裏をつく策を仕込んである気がします。

        • 邯鄲の夢
        • 2021年 6月 08日

        前段読者予想のとおりの展開
        中段丸見え登頂地点へ包囲殲滅戦開始、その時助っ人が頼れる。。。鹿も四つ足。、逆義経を演じて救援に我らの。。。!大仏ついに立つ。。
        後段は鹵獲した。。。ライドの策は?
        次号休載のお知らせ!

    • 埼玉県の山の民お疲れ様
    • 2021年 6月 03日

    お疲れ様です。
    飛信隊登山部(マネージャー テンちゃん)
    のファイト一発な話でしたね。

    田有さん老けたか? 自分推しの尾平氏は見事に落ちる(笑)
    今回、干斗、河了貂、昂がよかった~

    干斗は体力バカの優位を見せつけるかのような登りぷり
    で進む。気のせいか俺が引っ張るぜみたいな気合いを
    感じます。いいぞー上に行っても無茶するなー

    テンマネージャー(違)
    軍師と書いてマネージャーと読む(え)
    は、さておき、漫画を読んで気付いたんですが。
    彼女泣いた後の瞬間の顔で歩兵隊を讃えています。
    感動しました~顔の前の丸っこいのは落ちた涙!

    そして、昂!
    お子ちゃま礼に殺されかけたのに、片手(!)でそれキャッチするか?まあ、彼女は大事なスヒン要員だけど、
    昂がスゴいのは尾平キャッチ後に岩避けつつ、羌礼もっていうのがもう。(泣)
    もう、帽子取った蒙殻とは言えない((笑))

    ところで大仏軍も爺も歩兵隊の力は読めなかったみたい
    でしたね。
    あとは編集長の予想通りでしょうか。

    しかし、昂って本当はいくつなんだ?

    干斗ー くれぐれも無理するなー
    大コマはフラグたちそうでイヤだ~

      • kawauso編集長
      • 2021年 6月 03日

      埼玉県の山の民お疲れ様さん:今回は飛信隊歩兵が実質90度以上の崖を登る話で一話終わりましたね。
      幾らなんでも武者返しになっている壁は登れないなだろうという読者の突っ込みに予防線を張るように
      河了貂が無理じゃないを連呼し、そう言われると出来るような気がすると読者を催眠に掛けました。

      やはりキングダムではエリート層は打たれ弱く、庶民は雑草魂で粘り強く頑張るパターンのようです。
      個人的には「無理じゃない」と叫ぶ貂ちゃんに藩爺の後ろで
      お前はさっきから何を言っているんだ!と言っているモブ兵が面白かったです。

      フツーに考えてあんなの登れない、追撃を諦めた頂上の趙兵のほうが常識的な考えという事です。
      モブ兵もそういう常識的な人という事でしょう。

      しかし、だからこそ玉鳳軍では影丘を攻略できなかったのさー!
      常識にとらわれず限界突破サバイバーな飛信隊歩兵だからこそ、影丘は攻略できるのさー
      という事なのでしょう。

      次回はおそらく、干斗が頂上に一番乗りするものの、兵力の少なさを補う為に
      大仏君が設置した弩兵の一斉射撃に出くわし、ここで終わりかと思いきや
      羌礼が飛び出して弩兵をスヒンする展開ではないかと思います。

        • 埼玉県の山の民
        • 2021年 6月 04日

        お疲れ様です。何だか自分の名前長くなったと思ったら足してしまっていたようでした。

        次回、意外と漫画的な展開で干斗一同わあっと登ってきて、その瞬間を趙軍が弓で射る瞬間に
        強化新型と化した羌礼ちゃんが弓隊をファル‥‥じゃないスヒンして
        『カントとは違うのだよ、カントとは。』と言い(言わない)仕留めてから、
        後から崇原、羌廨
        (礼の保護者なのでたぶんいるはず)
        も続々登り意外とそんなに配置されていない趙軍を殲滅。
        羌礼、崇原、羌廨によるジェットストリームアタック(いや、たぶんない)
        そして、飛信隊本陣では河了貂が鼓舞するために限界突破×サバイバーを歌い、
        (いや、残念ながら歌わない(笑))

        真面目な話、歩兵隊が態勢整ったら‥‥
        そこから弓矢兄弟が出てくるんでしょう。

        今は、歩兵の方か、騎兵のほうかわからないですがそろそろ出番の時間のはず。

        大仏軍はまだまだいますからこれからどんどん
        倒して影丘を飛信隊が確保したいところですね。
        そのあとは爺ィが言っていたように趙軍も動きが鈍くなっていると言ってましたから
        そこを突いて影丘を飛信隊のほうに持っていけばいい感じではないでしょうか。

    • 邯鄲の夢
    • 2021年 6月 03日

    奇襲てより崖を強襲登坂作戦。。。しかも落石用の石を趙兵が準備していてある程度登って、当たって落ちたらダメージがある所まで登らせてから落とす。。作戦
    人工的な城壁ではなく天然の岩場の崖。。けっこう登るための手がかり足がかりがある描写。。崖がぼろっと崩れる様子もなしで人工落石以外は心配ないような崖のようです?飛信隊歩兵団はまずロクな装備もない軽装で、体力や腕力だけはカリョウテンが鍛え上げたと豪語する農民出身兵。。趙兵が登るのは無理としている熊本城石垣の武者返しみたいな反り返った岩場も腕力だけで登り切ったようです。現代ならフリークライミング🧗‍♂️技術が必要な場所かと。原作者はどの崖をイメージしたのだろうか?
    福岡だと英彦山の鎖場や熊本城石垣の武者返しがモデル?
    それからコウのキョウカイ妹分が崖から手を滑らして落下を腕だけで止めて引き上げる腕力は愛の力?体力バカ新兵と異なりビヘイととも飛信隊で非力キャラ古参兵だったはずなのに?少しでも岩場登り登山する方なら首を傾げる場面の連続ですがフリークライミング的技術があれば登坂可能と原作者は踏んでいるのかな?
    兵の一人が山頂に手を掛けるシーン(口だけカント?)で終了で次回キョウカイ妹分が接近戦で剣を振って突破口を作りそこへ後から歩兵団長指揮下の登坂部隊が登頂する展開と多くの読者に思わせるシーンが今回ありましたが、原作者はさらに裏をかくのか?そのまま描くのか注目ポイントですね♪ただし趙軍が少人数の兵しか配置できないように台地の広場へ歩兵団が行くには少人数しか通れないポイントがあるのでは?(古代ギリシャ戦争の映画スリーハンドレッド的な展開) だとするとさらに別働隊(飛信隊グリーンベレー部隊)が密かに背後へ回り込み支援するのではないかと当方は妄想します。ブログ主も見え見えの展開に裏読みのアイディアをブログ読者へ募集ですかね?




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP