胡烈とはどんな人?たった1つの嘘で鍾会を破滅に追い込んだクリティカルマン




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

司馬冏の討伐で司馬乂には死んでもらおうと企む司馬顒

 

古来より流言は成功すると敵の中に疑心暗鬼(ぎしんあんき)を産み出す事が可能な計略でした。しかし、流言が確実に成功する心理状態というのは、なかなか成立しにくく大抵の流言はデマとして片付けられて成功例は少ないものです。

 

胡烈

 

胡烈(これつ)は、そんな成功しにくい流言をジャストタイミングで炸裂させ鍾会(しょうかい)を破滅に追い込んだ(まれ)な人物でした。




胡烈をザックリと解説

人形劇三国志の語り手風 kawausoさん、おとぼけさん

 

では、最初に胡烈についてザックリと解説します。

 

1 雍州安定郡臨涇県(ようしゅう・あんていぐん・りんけいけんの人で父は名将胡遵(こじゅん)
2 西暦257年諸葛誕(しょかつたん)が反乱、胡烈は討伐軍に参加、呉の朱異(しゅい)軍の兵糧を燃やし退却させた
3 西暦263年征蜀護軍(せいしょくごぐん)胡烈は鍾会軍の先鋒となり陽安関を襲撃し傅僉(ふせん)を討ち関を占領
4 鍾会の策謀で捕らえられ成都の政庁に監禁
5 胡烈は当番兵に鍾会が魏兵を棒で殴って殺し穴埋めようとしていると嘘を吹きこむ
6 嘘を信じた魏兵を衛瓘(えいかん)が指揮して成都城壁を乗り越え鍾会を殺害
7 西暦270年、秦州刺史胡烈は鮮卑(せんぴ)禿髪樹機能(とくはつじゅきのう)の反乱に遭い戦死。

 

以上がざっくりした胡烈の履歴です。ここからは、もう少し詳しく胡烈について解説しましょう。

 

関連記事:姜維は五丈原で何をしたのか?諸葛亮死す!愛弟子の姜維が取った行動とは?

関連記事:姜維はどうして鍾会を同志に選んだの?




武門の家に生まれた胡烈

長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)

 

胡烈は雍州安定郡臨涇県の人で父は名将胡遵、兄の胡奮(こふん)も公孫淵討伐や呉討伐で名を挙げた武人の家系に生まれます。

 

諸葛誕を攻める司馬昭

 

西暦257年諸葛誕が反乱を起こした時、胡烈は討伐軍に参加し、抜け道を通って呉の朱異軍の兵糧を燃やし退却させる功績を立てました。

 

討伐軍に参加する胡烈

 

そして、西暦263年征蜀護軍の地位にあった胡烈は鍾会軍の先鋒となり陽安関を襲撃し傅僉を討ち取って陽安関を占領します。

 

三国志 剣閣のお城

 

この後、姜維が剣閣(けんかく)に立て籠もり鍾会軍は膠着状態に陥りますが、別動隊の鄧艾(とうがい)が剣閣を迂回して険しい崖を下りて

 

鍾会軍の先鋒として活躍する胡烈

 

成都近くの綿竹まで到達諸葛孔明の子の諸葛瞻(しょかつせん)を撃破して戦死させ、観念した劉禅は降伏を決意しここに蜀漢が滅亡します。

 

関連記事:諸葛瞻の意思はどこにあったのか?彼の行動をもう一度振り返る

関連記事:諸葛瞻の評価は如何ほどでありますか?黄皓派だった諸葛亮の息子

 

鍾会の乱

 

鍾会により捕らえられ監禁される

独立したくウズウズする鍾会

 

成都にいた胡烈ですが、総大将の鍾会は蜀を拠点に独立しようとする野心を抱き、鄧艾を命令違反の罪で弾劾して成都から追放。兵権を奪い取り、降伏した姜維と密かに手を組んで反乱の計画を立てます。

 

鍾会に謀反の疑いを讒言され処刑される鄧艾(トウ艾)

 

その上で鍾会は確実に謀反に反対しそうな魏の将軍達をピックアップし、成都の廟堂に集めてから一斉に捕縛しました。

 

鍾会が姜維と起こした謀反への同調を拒んで投獄される胡烈

 

この中に胡烈も含まれていたのです。

 

関連記事:衛瓘とはどんな人?鄧艾と鍾会を始末した鍾会の乱の受益者

関連記事:「劉備くらいにはなれる」と豪語した鍾会、本当に身の程知らずの野望だったの?

 

鍾会が魏兵を皆殺すと嘘を流す

幽閉中の胡烈に従兵が食料を差し入れする

 

官庁の中に幽閉された胡烈ですが、鍾会は呑気にも、それぞれの部隊長についている当番兵に食事を差し入れさせて面会を許していました。最初に胡烈の部下だった丘建(きゅうけん)の兵士が胡烈に食糧を差し入れに来ます。これを聞いた胡烈の当番兵も胡烈に食糧を差しいれに来ましたが、胡烈は当番兵に

 

従兵にデマを伝える胡烈

 

「丘建が極秘に教えてくれたのだが、鍾会は大穴を掘って、白棒を数千本用意し、成都城外にいる魏兵を順番に棒で殴り殺して穴に捨てるつもりらしい」

 

と嘘の情報を流しました。

 

本来なら、この程度の流言が本気にされるはずはありません。しかし、当時、魏の兵士は成都城に入る事を禁止され郊外でテント生活をしていました。

朝まで三国志2017 観客 モブ

 

おまけに、彼らの直属の部隊長も姿を見せなくなり、何が起きているのか一切分からない状態だったのです。そして、きわめつけに、鍾会は厳しいだけで兵士たちに全く慕われていませんでした。

 

自分は天才肌だと勘違いする鍾会

 

確かな情報が全くない中で、胡烈が流した流言は魏の兵士には真実として伝わり、あっと言う間に広がっていきます。

 

関連記事:鄧艾とはどんな人?鍾会に陥れられ衛瓘の指図で殺された鍾会の乱の犠牲者

関連記事:姜維とはどんな人?鍾会の乱を利用し蜀復興を目論んだ忠臣

 

胡烈の流言が魏兵に拡大する

進軍する兵士b(モブ用)

 

不安要素が折り重なり、胡烈の当番兵から鍾会が自分達を撲殺して穴埋しようとしていると聞いた魏兵たちは、「あの鍾会ならばやりかねない」と即断し、それぞれが上官に食事を差し入れる間に、密かに情報交換をし反乱の準備を整えていました。

 

鍾会を独立するようそそのかす姜維

 

もちろん鍾会の下にも、

「胡烈や丘建の兵士がよからぬ企みをしているので、今のうちに将軍達を殺しましょう」と幕僚からの進言がありましたが鍾会は、ちゅうちょし明確な返事をしません。ここで優柔不断な態度を見せた事で、鍾会の破滅は決定的になります。

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 夏侯和(かこうか・かこうわ)
  2. 曹操の弱点(蟻)

    デザイン担当:よりぶりん

    曹操には弱点はないの?

    曹操(そうそう)というと、誰もが戦の天才で…

  3. 司馬懿が頭を下げても堂々とする常林
  4. 軍会議で的確に作戦指示を出す陳泰
  5. 王昭儀

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP