月刊はじめての三国志2021年7月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました

はじめての三国志

 

はじめての三国志』よりありったけの愛と感謝を込めて。いつもはじめての三国志をご愛読いただきありがとうございます。

 

kawauso編集長 はじめての三国志主宰・おとぼけ

 

7月16日(金)に「月刊はじめての三国志7月号」の出版が決定しました。

 

月刊はじめての三国志 2021年7月号 曹仁

 

7月号の表紙を飾るのは、イイ波乗ってね〜♪ 華麗に波乗りをする曹仁です。「はじめての三国志」で掲載された記事をピックアップしています。(2021年7月)

 

この一冊で、はじ三の面白さがわかる月刊誌。値段は何と99円とワンコインで電子書籍で講読することができます。サクッと読めるラインナップのためスキマ時間などにいかがでしょうか?

 

■■■目次■■■

– 劉備が「一国一城の主」になれた理由を考察!
– 曹操にやたらめったら褒められる徐晃とは何者なのか?
– 太陽が昇らないのは賈詡のせい!?魏の人に嫌われていた賈詡を守る曹丕の逸話
– 関羽が華容道で曹操を斬ると劉備は滅亡していた?
– 司馬懿の息子は司馬師・司馬昭以外どうして変人・悪人バカだらけなの?

 

 

【はじめての三国志電子書籍サービス】
はじめての三国志電子書籍サービス

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. ASMR雑談 十五夜 告知サムネ
  2. LINE公式はじめました バナー(修正版)ver2
  3. 曹操と劉備で三国志漫才
  4. みっちり書き込んだノートを孔明に見せる法正

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP