【ミニコラム 呉編】孫権のお宅探訪とズレた善意行為


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

穴から呂蒙を覗く孫権

 

孫権は、病気になった呂蒙を見守りたいけど精神的な負担を掛けてはいけないと考えた末に呂蒙の部屋の壁に穴をあけて様子をのぞいていた、ちょっと気持ち悪いスキンシップの取り方をしますが、そんな孫権が家を訪ねた人が呉の是儀です。

 

孫権

 

是儀は非常に質素な生活で知られていて孫権は、君主であるからには、部下の質素な食事も味わおうと是儀の家を訪ねています。そして、その粗末な食事に衝撃を受けて給料をアップさせて貧しさから救おうとしますが、是儀は「これは清貧の道の実践なので、特別な配慮をもらうと返って心苦しい」と辞退しました。

 

呉の孫権は皇帝

 

このような逸話を見ると孫権は、善意でやっている事がよくズレている気がしますね。

 

呉の武将

 

はじめての三国志Youtubeチャンネル3

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-三国志の雑学
-,