曹操も心配した賈逵の瘤【三国志ミニコラム】




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

賈逵(かき)

 

賈逵は怒りを我慢すると体に瘤が出来る体質だったそうです。以前、弘農郡に居た時に典農校尉と諍いを起こしましたが、首尾よく解決しませんでした。すると怒りの余り賈逵の肉体には瘤が出来て、日に日に大きくなります。

 

賈逵は外科手術で瘤を取ろうと曹操に名医を紹介してもらおうとしますが、

 

困る曹操の表情

 

曹操は「おお賈逵よ、瘤の手術は、十人中九人までが死ぬと言うぞ、それでもやるのか?」と諭しました。

 

賈逵は構わずに手術しましたが、その後も瘤は大きくなる一方だったそうです。三国志の時代、瘤の手術は死ぬ確率がかなり高かったようです。おそらく悪性腫瘍で瘤が癌化していたのでしょう。

 

関連記事:名将でも病気には敵わない!名将が頼った三国時代の医術

関連記事:劉備はいつから病気になっていた?晩年の判断ミスをすべて病気のせいにしてみる

 

【古今東西の英雄の「最期」は千差万別】
英雄の死因

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志Youtubeチャンネル3

 




 

関連記事

  1. 関羽を討ち取る陸遜
  2. 曹丕に結婚を妨害された丁儀
  3. 賈詡(賈ク)
  4. 劉寵と袁術
  5. 劉禅
  6. 孔明による出師の表

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP