三国志時代の牛車の構造はプライバシーに配慮していた【三國志雑学】


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

水牛を操る忙牙長(南蛮討伐)

 

後漢の時代にはすでに牛車(特車)が登場していました。魏略の勇侠伝によると、北海の孫賓碩は宦官の唐衡に睨まれて一族を皆殺しにされ
亡命して北海の市場で物売りをしていた趙岐を見出しました。

 

趙岐を一目見て物売りには見えないと考えた孫賓碩は詳しい理由を聞こうと思って趙岐を特車に招きます。趙岐は孫賓碩を唐衡のスパイではないかと疑い顔面蒼白になりますが、孫賓碩は疑いを解くために特車の後ろの扉を閉め前のとばりを下ろし外から車の中が見えないようにし、自分の素性を打ち明けて趙岐に本当の事を話して欲しい、きっと力になろうと言っています。

 

はじめての三国志編集長kawauso

 

こうしてみると三国志の時代牛車は後にドアがあり、とばりで周囲を囲んでプライバシーを保護したと分かります。

 

関連記事:ウホホ本の始まりは殷の紂王

関連記事:曹操が作ったお酒『九醞春酒』の作り方は?曹操とお酒の深い関係とレシピ公開

 

三国志ライフ

 

はじめての三国志Youtubeチャンネル2

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-三国志の雑学
-