わざわざ白衣を着て孫権と会った山陽の曹偉【三国志プチ雑学】




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

医者の顔もあるコナン・ドイル

 

地域により白衣には様々な意味合いがあります。現在の日本では白衣は清潔さの象徴で調理場や病院など衛生的な環境が求められる場所に多いのですが三国志の時代には白衣を着るのは官位を持たない人だったようです。

 

西遊記巻物 書物_書類

 

世語という書物によると、山陽の曹偉という人物が魏に上奏してきた孫権に対し、長江のほとりで白衣を着て待ち受け、賄賂を取ってその金で魏の人心を得ようとして露見、誅殺されたという話があります。どうして曹偉がわざわざ白衣を着て孫権と会っていたのかは不明ですが、少なくとも官位をもたない人は白衣という事で間違いはなさそうです。

 

関連記事:水軍提督という肩書はない

関連記事:孫権が論破したかった神さま「王表」

 

はじめての三国志Youtubeチャンネル2

 




  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-三国志の雑学
-,