呂蒙や周泰に負けるな!もっと有名になってもいい蔣欽の活躍を解説

2022年5月8日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

 

三国志で人材と言うとやはり、の国が一歩先んじてしまいますが、蜀にも呉にも、数々の名将たちがいます。今回はその中でももっと評価されても良いのでは?と思われる、(しょうきん)(についてお話をしましょう。

 

kawausoと陸遜

 

呉と言うとどうしても陸遜(りくそん)や呉王である孫権(そんけん)そのものが色んなエピソード盛りだくさんで目立ってしまいますが、蔣欽だって中々の武将です。どうぞご清聴下さいませ。

 

 

 

 

 

蔣欽は周泰と共に孫策時代から仕える

蔣欽

 

蔣欽の字は公奕(こうえき)。読みづらいかと思いますが、字は「こうえき」と読みます。

 

周泰(しゅうたい)の全身の傷を解説する孫権

 

彼の登場は宴会で孫権に体の傷を見せびらかされることに定評がある周泰(しゅうたい)と共に、孫策(そんさく)の元に仕える所からがスタートです。彼は各地で戦功を立て、江東平定の手助けを行いました。そして孫策が倒れた後は、その後継者となった孫権の元で今度は働いていくことになります。

 

関連記事:蔣欽(しょうきん)とはどんな人?孫権に『国士』と激賞された呉の十二将の一人

関連記事:裴松之とは何をした人なの?三国志を愉快に描いた歴史作家の想い

 

三国志とりかへばや物語

 

 

 

張遼の追撃から孫権を逃がした

愛馬に乗り敵を粉砕する張遼

 

その蔣欽の働きの一つに、合肥(がっぴ)の働きでの出来事があります。そう、張遼(ちょうりょう)がちょうっとどころではない、それこそ対峙した孫権や呉軍の皆様からしたら夢にまで追ってきそうなほどの活躍をした(された)合肥の戦いです。

 

 

張遼の猛攻に泣きながら逃げる孫権

 

この際に張遼はあと一歩、という所まで孫権を追い詰めますが、この際に蔣欽は他の武将たちと一緒に奮戦。孫権を退却させることに成功し、孫権はこれを高く評価。蔣欽は盪寇将軍(とうこうしょうぐん)及び濡須督(じゅしゅとく)となります。

 

関連記事:【三国志刀剣乱舞】三国志武将が持っていた名刀・名剣を紹介するよ

関連記事:【5分で分かる】意外と知らない孫呉滅亡のきっかけ

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの

 

 

徐盛に部下を殺されかけるが…

双流星を振り回している徐盛

 

そんな蔣欽は、かつて徐盛(じょせい)と確執が生まれたことがありました。ある時、蔣欽が別のおしごとにかかりきりだった時のこと。徐盛が蔣欽の部下を罪に問い、斬刑にしようとしました。しかし孫権は蔣欽の状況も配慮し、これを許可することはしませんでした。この一件から、徐盛は蔣欽を避けるようになったと言います。

 

呉は良く同僚と揉め事を起こして刃傷沙汰になるのです。

 

関連記事:徐盛と張遼が活躍した戦いを考察

関連記事:徐盛と周泰って本当に仲が悪かったの?二人の微妙な関係を紹介

 

佞臣

 

 

徐盛と協働して曹操を迎え撃つ

学問をして知識を蓄える蔣欽(しょうきん)

 

その後、曹操(そうそう)が濡須に侵攻してきました。これに当たったのが蔣欽と徐盛です。この際に徐盛の方は以前の報復をされるのではないかと蔣欽のことを恐れていましたが、蔣欽の方は良く徐盛の良い所を褒めて、徐盛はこの一件で蔣欽に心服するようになります。

 

これを孫権が尋ねた所、「仕事に私情は持ち込みません。どうして私怨で賢い人物を覆い隠したりなどしましょうか」と答え、人々は蔣欽のこの態度を褒め称えたと言います。

 

関連記事:【第三次濡須口の戦い】曹丕の火事場泥棒から起きた最期の激戦

関連記事:【第二次濡須口の戦い】曹操軍オールスターが登場する大会戦

 

合肥の戦い

 

 

呂蒙と一緒に学問にはげむ

孫権から呂蒙と勉強しろと言われる蔣欽

 

また孫権に「お前も勉強してみたら?」と言われて頑張って勉強し、呉下(ごか)阿蒙(あもう)に非ず、とまで言われるようになった呂蒙(りょもう)のエピソードは有名ですが、実はこの際に孫権は呂蒙だけでなく蔣欽にも同じように言っているのです。

 

もちろん蔣欽も呂蒙に負けず勉学に励み、孫権は呂蒙と同じようにこの振る舞いと態度を褒めました。蔣欽も呂蒙と同じく、己を磨きあげる気概を持っていた人物と言えるでしょう。

 

関連記事:魯粛、アホの呂蒙の成長ぶりに驚いた理由とは?【呉下の阿蒙】

関連記事:諸葛亮、司馬懿のライバル?魏蜀に劣らない孫呉の軍師たち

 

三国志と異民族

 

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セン

セン

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、 そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。 中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。 神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。 好きな歴史人物: 張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん 何か一言: 歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

-三国志の雑学
-