三国志の雑学

正史「三国志」、「三国志演義」問わず、三国志の雑学に関する情報をお届けします。三国志マニアが凹みました!驚異の1万記事はじ三WEB版!

  1. 赤眉軍

    蜀の私兵団、東州兵はどうして愚連隊になった?その誕生から崩壊を解説

    三国志の世界は後漢王朝の秩序が崩壊し、従来の正規兵や地方兵の仕組みも壊れていて、群雄は自前で自分の権力を…

  2. 炎上する城a(モブ)

    ロスト蜀漢、しかし生き残って晋で昇進した蜀臣4名を一気に紹介

    西暦263年、蜀漢(しょくかん)は滅亡しました。それだけに蜀の末期にはポ…

  3. 三国時代の船 楼船

    文聘は魏の水軍提督?関羽を破ったみごとな水軍指揮の手腕を紹介

    文聘(ぶんぺい)は、元々荊州の劉表に仕えていた部将です。そのイメージと言えば三国志演義におけ…

  4. 呂興の乱で蜀と呉が軍事衝突、その結末はどちらが勝利したのか?

    西暦263年蜀は、鄧艾(とうがい)によって滅亡し劉禅(りゅうぜん)と重臣…

  5. ストイックすぎる仁徳者・顔回(文官)

    【三国志時代の人口算出】駱統の行政手腕

    駱統は袁術に殺された駱俊の子ですが、母が華歆の側室になった縁で呉に仕官し20歳で烏程相を務め…

  6. 屯田民だった若き鄧艾(トウ艾)

    倍率ドン!さらに倍!魏王朝を肥らせた屯田民の空前の規模とは?

    魏呉蜀(ぎごしょく)の三国時代で、次の統一王朝の母体になったのは魏王朝です。そして、魏が…

  7. 万里の長城

    万里の長城って役にたったの?建設された後を徹底検証してみた!

    万里(ばんり)の長城は春秋時代から各地で建築が進められ秦の時代には、それぞれ…

  8. 徹底抗戦を主張し宮廷で孤立する岳飛

    三国志番外編!中国の鎧の歴史を具体的に解説してみたら分かった事

    以前、『はじめての三国志』では、三国志の時代の鎧について特集しましたが、今回、中…

  9. 短気が欠点の朱桓(しゅかん)

    飛頭蛮とは?あの朱桓も怖かった?呉の武将たちに良く雇われた飛頭蛮

    呉の国の数多い武将たちの中に、朱桓(しゅかん)と言う人物がいます。…

  10. 宮廷(女帝)

    三国志の哀しい一面:蜀滅亡後、劉禅の後宮はどうなった?

    鄧艾に降伏し洛陽に連行された劉禅。そして、劉禅が去った蜀の後宮には美女が残されます。…

  11. 漢に降伏するも処刑された司馬模

    残念な死を遂げた「三国志」の人物3選

    「三国志」は戦いを描いた作品ですので、当然ながら我々は、多くの登場人物の死を目の当たりにすることとなりま…

  12. 曹魏の3代に仕えた桓範(かんはん)

    節の使い方を間違っている桓範

    三国志の高官の役職で出てくる持節の節とは独自の判断で兵を処罰する権限を表しますが、これは斧鉞…

  13. 司馬懿と公孫淵

    公孫淵と司馬懿の対決は日本にも影響があった!

    司馬懿(しばい)が魏の忠臣として挙げた手柄の一つに、有名な反乱鎮圧があります。反乱と…

PAGE TOP