三国志の雑学

正史「三国志」、「三国志演義」問わず、三国志の雑学に関する情報をお届けします。三国志マニアが凹みました!驚異の1万記事はじ三WEB版!

  1. 呉質

    傲慢勝手な呉質の性格は身を守るため?自ら小物臭漂う人物を装っていた?

    魏の皇帝、曹丕(そうひ)には四人の仲良しさんたちがいました。この四人が司馬懿(しばい)・陳羣(ちんぐ…

  2. 宋銭 お金と紙幣

    三国時代の市場には銭が大量に埋まっていた【ミニコラム】

    魏略の酷吏伝によると、市場にはお金が埋まっている事があったようです。高陽の劉類という人物は弘…

  3. 行軍する兵士達b(モブ)

    三国志演義は過剰?三国志での実際の兵力はどのくらいの人数だったのか?

    小説「三国志演義」を読んでいると、戦いの場面はとても興奮しますが、よく見てみると書か…

  4. 石亭の戦い 曹休、周魴、孫権

    頭脳が冴える!三国志を彩る個性豊かな知将3選!

    「三国志」の花形はなんといっても武力を使い相手をねじ伏せ、血沸き肉躍る活躍をする武将たち…

  5. 袁胤(えんいん)

    袁術の最期を看取った袁胤、印象に残らずとも残る理由

    さて皆さん、袁一族というとどんな印象があるでしょうか。三国志演義では曹操(そうそう)のかませ犬み…

  6. 司馬衷のカンニングを手伝う賈南風

    八王の乱の素朴な疑問!恵帝が恐れていたのではない、賈南風が好き勝手できた理由

    八王(はちおう)の乱のスタートダッシュを切るのは司馬亮(しばりょう)、そしてその司馬亮と対立した皇后・賈…

  7. 赤兎馬が大好きな呂布

    馬は龍の代替?中国人にとって馬は縁起の良い動物だった理由

    先史時代より、馬(うま)は人類にとってなくてはならない家畜でした。馬は農耕や軍事、そして…

  8. 役人と犬

    役人に言ってはいけない三不肯【三国志ミニコラム】

    三国志の時代の庶民には、役人の横暴を訴える権利があったようですが、それでも決して口にしてはいけな…

  9. 馴れ馴れしい許攸に嫌悪感を抱く曹操

    不遜面では曹操陣営で突出している許攸、彼の名前が残った理由

    今回は皆さんも悪い意味でご存知であろう、許攸(きょゆう)についてちょっとおしゃべりしたいと思います。許攸…

  10. ヘタレな役人梁鵠

    三国志時代のクビにならない役人とは?【ミニコラム】

    三国志に悪政を敷く役人は多く登場しますが、首尾よく更迭されるものとされない者がいます。更迭される…

  11. 現代の汗血馬ことアハルテケ

    赤兎馬はアハルテケだった?トルクメニスタン原産「黄金の馬」に迫る

    「三国志」の中に登場する名馬中の名馬、赤兎馬(せきとば)。赤兎馬は、三国志ファンでそ…

  12. 裴松之「こんなの美談じゃねぇよ!!」 向こう見ずな男伊達

    梁習は同僚の王思が曹操に意見をして憎まれた時に、人違いで逮捕され、自分は別人であると主張せずに牢獄に入っ…

  13. 帯来洞主(南蛮族)

    「三国志」に登場する「南蛮」とは現在の何処なのか?

    蜀の諸葛亮(しょかつりょう)の活躍を語るうえで、「南蛮制圧戦(なんばんせいあつせん)」は欠か…

PAGE TOP