献帝

  1. 献帝

    献帝の生涯と、それぞれから最期に贈られた諡を考えてみる

    皆さんは三国志の登場人物の中で「献帝(けんてい)」と言われるとどんな人物像が思い浮かぶでしょうか。幼少期…

  2. 献帝

    献帝の死因を探っていくと、見えてくるもう一つの側面

    献帝(けんてい)は三国志の登場人物の一人でもあり、後漢の最後の皇帝です。しかし彼を含んだ皇帝たちと言えば…

  3. 献帝

    衝撃!曹操が献帝を迎えたのは悪名を消す為だった

    三国志の英傑曹操(そうそう)、彼は青州黄巾賊(せいしゅうこうきんぞく)を吸収した後に兗州(えんしゅう)を…

  4. 楊醜

    楊醜とはどんな人?殺した相手が悪かった小悪党

    楊醜(ようしゅう)と言って、すぐに誰か分かる人はかなり少ないかも知れません。彼は、三国志の初期に…

  5. 曹操を暗殺しようとする董承

    助けて、董承!献帝依頼の曹操暗殺計画とは?

    董承(とうしょう)は後漢(25年~220年)の将軍であり、後漢第14代皇帝献帝(けんてい)の外戚(=…

  6. 賈詡

    賈詡が献帝を完璧ガード!長安特別警備隊出動!

    よく美術館などの館内で警備員の人が見回りに巡回しているのを見たことがあると思います。…

  7. 徒歩の献帝を保護する楊奉

    もし曹操が献帝を保護できなかったら三国志はどうなったの?

    ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく…

  8. これはヒドイ!流浪していた献帝の悲惨な生活

    後漢最期の皇帝、献帝(けんてい)は生涯に二度大きな移動を経験しています。…

  9. ええっ?こんなに大変だったの!献帝の東遷を地図で徹底解説

    後漢最期の皇帝、献帝(けんてい)は生涯に二度死亡説が流れる大変な人生を歩みます。皮肉にも曹操(そ…

  10. 劉備にアドバイスをする法正

    献帝死亡説を利用した?劉備が漢中王に即位したのは孔明と法正の入れ知恵の可能性が浮上!

    劉備(りゅうび)は西暦220年、成都で即位して蜀漢を建国します。しかし、よくよく考えると、漢王朝…

  11. あまりにも短命すぎた後漢の皇帝達14選

    後漢は中盤に差し掛かると、前漢同様に外戚と宦官の権力抗争が激しくなります。これは必ずしも歴代の皇…

  12. 郭嘉を推薦する荀彧

    試験に出ます!九品官人法(きゅうひんかんじんほう)の理想と弊害

    私達は中国王朝の官吏採用試験というと「科挙」という紙のテストを思い起こします。しかし、この科挙が制度…

  13. 曹操

    【赤壁の戦い】なぜ曹操は天下分け目の大戦に負けたの?

    曹操(そうそう)は河北の戦いに勝利し、中国の半分を手に入れることになります。その後曹操は、荊州を降伏させ…

PAGE TOP