董承は本当に献帝派だったの?色々ツッコミどころが多い人物


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

董承

 

三国志演義の前半に出てくる人物の一人に、董承(とうしょう
)
がいます。彼は曹操(そうそう)傀儡(かいらい)として苦しむ献帝のために曹操暗殺を画策するも、失敗。彼も彼の娘だった献帝(けんてい)の妻、董貴人(とうきじん)も曹操によって処刑されるという場面は三国志演義での痛ましいシーンの一つです。

 

李カク・郭わい、董承、段ワイ

 

しかしそんな董承、正史三国志を見て見ると何だかイメージと違う?

今回はそんな董承についてちょっとお話しましょう。


三国志演義の董承

暗殺計画自慢の董承

 

三国志演義の董承は、言ってしまえば忠臣です。まずは董卓によって、そして曹操によって傀儡とされた献帝。献帝は董承にその悩みを託し、董承は曹操暗殺計画を考えます。権力を握っている曹操に対してそんな計画を練るだけでも危険でしたが、何とか献帝を救おうと董承は思い悩み、とうとうその悩みから寝込んでしまいました。


曹操暗殺、失敗

 

そこにやってきたのが献帝に使わされた医者。医者は曹操暗殺(毒殺)計画に参加するも、そのやりとりを董承の召使いが聞いており、暗殺計画は曹操にバレてしまうこととなりました。

 

処刑を下す曹操

 

そうして董承のみならず彼の娘であった献帝の妻、董貴人も献帝の子を身ごもったまま曹操によって処刑されてしまいます……横山三国志での献帝と董貴人の別れの場面はたった一コマでも涙を誘うものでありましたね。未だに筆者の中では忘れられない1シーンです。


三国志演義での違い

三国志演義_書類

 

そんな董承ですが、実は出自がはっきりとしていなかったり、三国志演義で見られた忠臣とは思えないようなエピソードを持ってもいます。

 

董承

 

献帝を連れて逃げる最中に縋ってくる官人たちの指を切り払ったりとか……ただこの話は忠臣としてどうかと思われたからなのか、三国志演義では別の人物がやったようにされていますね。董承は三国志演義ではあくまで忠臣として描かれているのです。


董承の出自の謎

王族ボンビーから一転セレブ01 董太后(女性)

 

因みに謎が多い董承の出自に関して、献帝の祖母に当たる董太后の親戚という説だけでなく、董卓の一族であったという説もあります。また董卓が献帝を擁立した件についてですが、献帝が優秀だと思ったからというだけではなく、彼も「董」姓であったために董一族の、つまりは董太后の親戚のふりをしようとしたから……つまりその権力を持つため、という説もあるのです。

 

王族ボンビーから一転セレブ05 董太后(女性)

 

細かなところは不明とは言え、この時代は姓が重要であったこと、そして利用されることが多かったことを伺わせる話だと思います。

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 雨の中進軍する曹真
  2. 張飛の男気人生
  3. 三国志の地図
  4. 赤兎馬のモデルとなった汗血馬
  5. 真田丸
  6. 義理の親子の契りを結ぶ曹豹と呂布

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP