李儒はどんな人?史実では皇帝殺しの容疑で献帝に粛清されかけていた凡庸な悪

2021年7月14日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

李儒

 

董卓の軍師と言えば李儒(りじゅ)でしょう。

 

牛輔と董卓

 

実際には賈詡(かく)もいるのですが、賈詡は董卓の配下牛輔(ぎゅうほ)の軍師のイメージです。三国志演義における李儒は頭のキレる悪党で少帝を毒殺するなどブラックな魅力を見せますが、史実の李儒はどんな人物だったのでしょうか?

 

史実の李儒とはどんな人?ザックリ

李儒と三国志(はてな)

 

では、最初に史実の李儒がどんな人だったのかをザックリと解説します。

 

1 中平2年(185年)に建立された曹全碑(そうぜんひ)徴博士(ちょうはかせ)として李儒という名前が出てくる
2 董卓に廃位された弘農(こうのうおう)郎中令(ろうちゅうれい)として仕え、弘農王に無理矢理毒を飲ませ殺害
3 王允(おういん)と呂布のクーデター後も生き残り李傕(りかく)郭汜(かくし)により献帝の侍中に取り立て
4 献帝は李儒を「皇帝殺し」と指摘し処刑を命じるが李傕・郭汜が取りなし助かる
5 凡庸な李儒は皇帝殺しの一点だけで三国志演義の大悪党に脚色された

 

李儒についてのザックリした解説は以上です。ここからは、史実の李儒について、もう少し詳しく見てみましょう。

 

関連記事:【新解釈・三國志】董卓はどうして殺されるほど憎まれたの?

関連記事:董卓はやり手な覇王だった?あの始皇帝も恐れていた匈奴・羌族との深い関係

 

三国志演義の李儒

李儒と董卓

 

では、最初に三国志演義における李儒について簡単に解説します。

 

三国志演義の李儒は董卓の娘婿(むすめむこ)として登場します。

 

小帝(少帝劉弁)と董卓

 

董卓が洛陽を支配下におくと少帝劉弁(りゅうべん)の毒殺や献帝の擁立、反董卓連合軍が洛陽に迫ると長安に遷都を進言するなど、董卓の悪行には全て関与し、董卓を追撃した曹操(そうそう)徐栄(じょえい)と迎え撃つなど董卓の軍師として縦横無尽に活躍します。

 

貂蝉を奪い合う董卓と呂布

 

さらに王允が養女貂蝉(ちょうせん)を使った連環計(れんかんけい)も逸早く見抜き、董卓に「小娘1人と呂布将軍とどちらが大事か!」と諫言しますが、董卓は聞き入れず「我々は小娘に滅ぼされるのか」と嘆き、董卓が呂布に殺された後で王允に囚われ四つ裂き刑に処されて絶命しました。

 

関連記事:連環の計って、どんな作戦?

関連記事:王允(おういん)ってどんな人?中華を救うべく董卓暗殺に成功するも…残念な結末を迎える

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの

 

史実の李儒

李儒

 

一方、史実の李儒には興味深い事実が指摘されています。16世紀の後半に郃陽(こうよう)県の旧城から出土した「曹全碑」という石に刻んだ石碑に李儒の名前が出てるのです。

 

李典と于禁、黄巾賊

 

曹全碑は中平2年(185年)10月21日に刻まれており、内容は黄巾の乱を収拾した曹全という郃陽県令の顕彰碑(けんしょうひ)ですが、ここに同じ県の徴博士として李儒の名前が刻まれているのです。

 

そして李儒は東晋の歴史家袁宏(えんこう)の「後漢紀(ごかんき)」によれば博士であるという記録が見える事から石碑の李儒と三国志の李儒は同一人物ではないかと言われています。

 

小帝(少帝劉弁)

 

こうした経緯から正史の李儒は董卓が洛陽に入った頃にはすでに朝廷に仕え、弘農王劉弁の郎中令の職に就いていました。三国志に詳しい方はご承知の通り、劉弁は皇帝に擁立されており弘農王になったのは董卓の専横により強引に廃位させられた後の事です。

 

つまり、李儒が郎中令になったのも董卓の人事によるものと推測できます。

 

小帝(少帝劉弁)

 

そして「後漢紀」の李儒は三国志演義の李儒同様、弘農王が反董卓連合軍に担がれる事を恐れた董卓の命令で、弘農王に無理矢理毒を飲むように迫り毒殺しました。

 

関連記事:【漢王室の後宮内ドロドロ事情】霊帝の子息の謎

関連記事:皇帝の座を奪われた少帝弁の悲しき人生、降格処分と毒殺された劉弁を考察

 

三国志演義より長生きした李儒

李カク(李傕)、郭汜、王允

 

三国志演義における李儒は、董卓が長安に遷都してより間もなく、王允の連環計により董卓が暗殺され、巻き添えで四つ裂きにされています。

 

しかし、後漢紀によると李儒は董卓の巻き添えで死ぬ事なく、王允を滅ぼして長安に攻め上って来た李傕と郭汜により侍中に推挙され、今度は劉弁の異母弟である献帝に仕える事になりました。

 

献帝

 

ところが、この頃はまだ腑抜(ふぬ)けではない献帝は、「李儒は、私の異母兄である弘農王を毒殺した弑逆(しいぎゃく)の罪を犯した、これは誅殺(ちゅうさつ)を免れないのではないか?」と李傕と郭汜に処刑を命じます。

 

李カク(李傕)

 

これに対し、李傕と郭汜が「李儒は董卓の命令で弘農王を毒殺したのであり、決して当人の自発的な意志ではないから無罪!」という珍妙な理屈を出してきて弁護して、とうとう、うやむやにして済ませてしまったようです。

 

関連記事:賈充こそ本当は董卓や李儒レベルの悪人?歯切れの悪すぎる「曹髦事件」と「成済事件」をまとめてみた

関連記事:16話:菫卓を変貌させた権力と武官差別

 

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-李儒
-,