献帝の死因を探っていくと、見えてくるもう一つの側面


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

献帝 恩賜の御衣

 

献帝(けんてい)は三国志の登場人物の一人でもあり、後漢の最後の皇帝です。しかし彼を含んだ皇帝たちと言えば、早逝であることが殆どであり、同時に「色々な」死因が付き物。

 

献帝

 

そこで今回は献帝の死因は何だったのか?どんな死因が考えられるのか?をテーマに考えていきたいと思います。しかしこのテーマで調べて行くと、面白いことが色々と分かりました。

張済、献帝

 

今回はその面白かった点についても色々と書かせて頂きたいと思いますので、よろしくお願いしますね。

 

自称・皇帝
当記事は、
「献帝 死因」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

関連記事:董太后、王族ボンビーから一転セレブ 献帝の祖母の波瀾人生

関連記事:衝撃!曹操が献帝を迎えたのは悪名を消す為だった


献帝の父、霊帝

西洋が好きな霊帝

 

献帝の父は、霊帝(れいてい)と呼ばれます。

霊帝から益州統治を頼まれる劉焉

 

残念ながら彼の政治に関しては、評価が低いことを言わざるを得ません。宦官(かんがん)たちの傀儡(かいらい
)
として扱われていたのはもうあの時代の皇帝には珍しいことではないのですが、不幸にもこの霊帝の時代には自然災害が多発しました。

 

霊帝

 

当時、自然災害が起こるのは帝の政が良くないから、と言われていたこともあり、霊帝の評価はどんどん下がります。

霊帝に罰するよう進言する皇甫嵩

 

その上、霊帝は王朝を立て直しを考えてやったことが、結果的に民をより苦しめることとなり、黄巾の乱(こうきんのらん)を招いてしまったことが彼の低評価に繋がってしまったのだと思われます。

王族ボンビーから一転セレブ09 霊帝

 

霊帝は189年、国が乱れるだけ乱れる中崩御、御年34歳。早すぎる死ですが、死因としては病死です。個人的には心労から亡くなったのではと推測しています。

霊帝

毒殺も考えられなくはないですが、それならばもう少し後継者関係をはっきりさせてから行われたのでは……?とも思うので、やはり乱れすぎた世に頭を悩ませて病死、が妥当ではないかと思われます。そもそも、都合の良い傀儡は毒殺されないと思いますから……ともあれ、霊帝の死後、もっと世は乱れていきます。


献帝が生き残った年月

献帝

 

さて息子である献帝の生年は181年、没年は234年。54歳にて崩御と伝えられています。軽く彼の生涯を振り返りますと、霊帝の次男で王美人の息子でしたが、母親は何皇后(かこうごう)と対立したことで毒殺されます。父親も早くに亡くなりましたが、祖母によって庇護されていたので何とか宮廷内でも生き残れました。

漢失礼な兵士に官位を要求され困る献帝

その後は董卓(とうたく)によって傀儡にされ、最終的に曹操(そうそう)によってやはり傀儡にされました。近しい人らも曹操に粛清されるも、彼自身は生き残りました。

段ワイ、献帝

 

後の時代、いくつもの王朝で多くの皇帝が殺されてること思うと、ここまで生き残れたのは献帝の運の凄さ、でもあると思います。


献帝の死因は伝えられていないが・・・

献帝(はてな)

 

さて献帝の死因は何だったのでしょうか。実際に献帝の死因は伝えられていません。しかし禅譲した帝の死、ともなるとその死には何らかの関与があったのでは?と思ってしまいますよね。

 

献帝

 

ですが筆者は、献帝は天寿を全うしたのではないか、と推測しています。

皇帝に就任した曹丕

 

というのも220年10月に献帝は曹丕(そうひ)禅譲(ぜんじょう
)
します。そして献帝が没したのは234年、禅譲してからも献帝は長く生きました。没した年齢も54歳と考えると、この乱世において長く生きれた方だと思います。

同年小録(書物・書類)

 

禅譲してから死んだ年なども考えて、毒殺などの線も薄いのではないでしょうか。そもそも、献帝は禅譲してからもそこそこ敬意を持って扱われていたのでは?とも思われる理由があります。


献帝の人生は、孤独であったのか?

長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)

 

献帝は曹丕に禅譲して、山陽公の称号を与えられ住処を山陽県に移されました。確かに格下げ、穏やかに行われたとはいえ皇帝の地位は奪われたと言っても良いでしょう。

 

しかし献帝は禅譲後も皇帝のみ使える一人称である「朕」の使用を認めてもらえ、漢王朝の暦を使う事を許されるなど献帝まで引き継がれてきた王朝の存在そのものを消すようなことはされなかったのです。これは彼に対しての、少なからずの敬意があったと思われます。

玉璽

また三国志演義では献帝に禅譲しろと迫る曹操の娘、曹皇后(そうこうごう)も実際には玉璽(ぎょくじ
)
を兄の曹丕に渡さないようにと使者たちを罵るなどし、最後には山陽公となった献帝に山陽公夫人として従いました。紆余曲折あったとはいえ、献帝は最期の最期まで孤独ではなかったのでは……と思ってしまいます。決して幸福ではなかった人生だったでしょうが、最期は全てから解放されて穏やかに迎えられたのではないか、と願ってしまいますね。

 

三国志ライター センのひとりごと

三国志ライター セン

 

今回は献帝の死因を探ってみるというテーマでしたが、そこから献帝の関係者たちの死因についても色々と考えることができました。もちろん皇帝という人物が非常に多忙であり、肉体的、精神的にも大変な仕事であることもそうでしょうが、それ以上に権力者という位置にいる以上、色々な「死因」があるんだということを思い知らされた気がします。

献帝を保護する曹操

それを思うと曹操に保護された献帝は、そこまでもそこからも様々なことがあったとはいえそこそこ幸運だったのでは……?と思わざるを得ませんね。話は変わりますがそう言った面からも曹操をもっと評価してくれても良いのでは?なんて思ってしまいました。

 

参考文献:後漢書献帝紀 皇后紀下

 

関連記事:助けて、董承!献帝依頼の曹操暗殺計画とは?

関連記事:賈詡が献帝を完璧ガード!長安特別警備隊出動!

 

【400年続いた漢王朝を分かりやすく解説】
はじめての漢王朝

 

関連記事

  1. 裴松之(歴史作家)
  2. 劉曄
  3. 夏侯惇
  4. 司馬懿と諸葛亮孔明のトランプ勝負
  5. 敵対勢力を殺害する賈南風
  6. 陸遜

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP