諸葛孔明が目指した軍師・管仲は、結構性格が悪い

2014年12月18日


 

孔明南東の風

 

三国志の中では、知名度、実力併せてもナンバー1の軍師、諸葛孔明

ゲームの中でも、知力100のMAXが普通で、

是が非でも自陣に招き入れたいスーパーヒーローの一人です。

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【レポート・論文で引用する場合の留意事項】 はじめての三国志レポート引用について



諸葛孔明にも、目標とする軍師がいた

管仲(衣食なして礼節を知る)

 

そんな諸葛孔明にも、目標とする軍師が存在しました。

それが、春秋戦国時代の斉の名宰相である管仲その人です。

 

管仲を語る時に、その人となりを知るのにベストな言葉があります。

それが「衣食足りて礼節を知る」です。

 

難しいかも知れないので平たく言うとこれはこういう意味になります。

 

「人間、礼儀だ、道徳だと言ってもさ、そりゃあ、食べる物があって、

着る物が用意されているというのが前提だべさ、、

食うモノが無い人に、泥棒するなと言ってもそりゃ無理だよ、、」

 



管仲は道徳より経済の安定を優先した

 

そんな管仲は礼儀より、道徳より、まずは経済の安定を優先しました。

管仲が宰相になる前、斉国は貧しい人が多くいたのです。

 

諸葛孔明も、何度も北伐の軍を起こして魏に侵攻しましたが、

莫大な軍事費が蜀の人民の生活を圧迫しないように

細心の注意を払っていました。

 

まさに衣食足りて礼節を知るを地で行っていますよね。

 

 

若い頃の管仲のストーリー

 

そんな管仲ですが、若い頃は家が貧しく性格もズルイ所がありました。

彼には、鮑叔牙(ほうしゅくが)という親友がいましたが、

ズルイ管仲は、彼を度々騙して酷い目に合わせていました。

 

しかし、鮑叔牙は、管仲の才能に惚れていたので、

騙されても、気分よく付き合い、決して絶交しませんでした。

 

斉国で、王位継承争いが発生

後継者争い 劉協と劉弁

 

或る時、斉国で、王位継承争いが発生します。

二人の王子、「小白」と「糾」が名乗りを上げて争いました。

管仲は、糾の方について、鮑叔牙のついた白を殺そうとしますが、

政争は、白が勝ち、彼が桓公として即位します。

 

桓公は、即位すると自分を殺そうとした管仲を殺そうとします。

しかし、それを鮑叔牙が必死で止めます。

 

「王が天下に覇を唱えるつもりがあれば、管仲を殺してはいけません!」

桓公は、鮑叔牙の意見を入れて、管仲を高い地位につけて重用します。

 

育ちが貧しいせいで、性格が悪かった管仲は、これには深く感謝し、

以後40年に渡り、桓公を補佐します。

 

桓公、覇者の道を歩む

 

 

そして個人としては大した事のない桓公を覇者の地位にまで押し上げたのでした。

 

管仲の死後、桓公は、凡君に戻ってしまいます。

そして、管仲が登用するなと遺言した佞臣を使い

王位継承の紛争の種を撒いてしまいます。

 

覇者・桓公の哀れな最期

 

桓公は、死んだ後も継承者が決まらないとして遺体が放置され、

最期には死体から蛆が這い出して部屋に充満したと言います。

覇王にまで、昇りつめた人物にしては悲惨な最期でした。

 

でも、この話の中で一番偉いのは、管仲よりも鮑叔牙だと思いません?

普通、散々騙された相手と絶交しないばかりか、その悪友のピンチを

命懸けで庇うなんて、並大抵の人には出来ないですよね。

 

この記事を書いた人:

kawauso

HN:

kawauso

自己紹介:

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-三国志の雑学
-, ,