魏延
姜維特集




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

諸葛孔明の発明|伝説肉まんから紙芝居まで?

諸葛孔明




三顧の礼 ゆるキャラ 孔明

 

三顧の礼』や『出師の表』と言った有名なエピソードに事欠かない諸葛孔明ですが、

実は軍事や政治といった分野以外にも、意外な面でその才能を示したとする伝承が残されていることを皆さんは御存知でしょうか?

諸葛孔明の”発明”にまつわる伝承とは、一体?




三国鼎立を成立させた天才軍師の実像と虚像

諸葛孔明

 

諸葛孔明に『天才的な軍師』というイメージを抱かれている方も多いと思いますが、

歴史上の実在の人物としての評価は、イメージとはやや異なるようです。

 

歴史書『三国志』の編者である陳寿は、孔明の政治の手腕を大きく評価し賞賛していますが、

一方で軍師としては『奇計を用いず、思ったような軍事的成果を上げることがなかった』と、厳しい評価をしています。

 

特に、蜀の最大の敵であった魏に対しては5度にわたる討伐戦(北伐)を行っていますが、

遂にこれを討ち果たすことは叶わず、孔明は戦場で病死という最期を遂げています。

 

呉との同盟を成立させて赤壁において魏の大軍に当たらしめた外交的、政略的手腕には確かなものがあったと言えますが、

軍事的才覚に関してはイメージされる孔明像とはややギャップがあるのが実情のようです。

 

にも関わらず、孔明に天才軍師としてのイメージが強いのは、『三国志演義(さんごくしえんぎ)』を始めとする民間説話において、

その功績が誇張して伝えられたことが大きく影響しているといえるでしょう。

 

関連記事:三国志初心者の為の諸葛孔明ってどんな人

関連記事:三国志演義に登場する兵器




羅貫中三国志演義を作成した当時の明代について

朱元璋

 

羅貫中(らかんちゅう)によって『三国志演義』がまとめられたのは明代ですが、

その原型となった『三国志平話(さんごくしへいわ)』が成立したのは元(げん)の時代。

 

つまり、漢民族がモンゴル民族に支配されていた時代でした。

漢王朝の末裔とされる劉備玄徳とは、中国における漢民族の正統性を象徴する存在であり、

彼を支えた諸葛孔明もまた、必然的に英雄として描かれたのです。

 

民間伝承に登場する諸葛孔明は、軍事のみならず、あらゆる事柄に秀でた天才、いわば“スーパーマン”として語られています。

なかでも興味深いのは、彼がさまざまな“発明”をしたという説話が各地に残されているということでしょう。

 

関連記事:三国志平話って何?三国志演義の元ネタ

関連記事:赤壁の戦いにモデルがあった?八陽湖の戦い

 

諸葛孔明は天才発明家?

孔明 矢

 

孔明に発明家としての資質があったことは事実のようです。

史書『三国志』に、孔明が発明した”木牛”と”流馬”に関する記述を見ることができます。

 

これは『三国志』の注釈で知られる裴松之の記述したもので、

”木牛”と”流馬”は行軍の際に物資の運搬に用いられた道具であったと考えられています。

 

2970060e85e6457e4428d639447080fc_m

 

一輪車や二輪車、あるいは四輪車など諸説あり、実像ははっきりしていませんが、

孔明の多彩さを示す実例であることは確かでしょう。

 

民間伝承では、木牛や流馬の他にも孔明が発明した逸話

孔明 肉まん

 

民間伝承では、木牛や流馬の他にも、孔明が発明したとされる品々の逸話が残されています。

特に有名なのは、孔明が蜀の南部に勢力を持っていた蛮族の討伐を行った際に発明したとされるものでしょう。

有名なところでは『饅頭(肉まん)』があります。

 

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 朱然と陸遜 朱然って夷陵の戦いでどんな活躍をしたの?
  2. イナゴに畑を荒らされ食料不足 蝗害とは?中国を悩ました災害があまりにも深刻。バッタを飲み込んだ…
  3. 曹操は最初から荀彧を遠ざけていた!?原因は強烈なニオイ
  4. 司馬懿 【軍師連盟】司馬懿は遼東遠征の時なんで大虐殺をしたの?
  5. 赤壁の戦い 曹操 曹操「赤壁で負けてなんていないんだからねっ」
  6. 曹丕 三国志演義の曹丕様の初登場シーンが怖すぎる
  7. 魏延 魏延と趙雲を正史で比較すると魏延が優秀だと判明!?
  8. 呉蜀赤壁の戦い 【知りたくなかった!】本当は書くほどの内容でもない赤壁の戦い

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 王翦
  2. 大喬と小喬
  3. 王騎 キングダム
  4. 敗北する馬岱
  5. 蒋琬と姜維と王平
  6. 不満が溜まる魏延

おすすめ記事

  1. 曹昴の伝説 | 武将アンケート裏1位獲得 曹昂(曹昴)
  2. 月刊はじめての三国志2018年2月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました
  3. 【蒼天航路】よかミカンが選ぶ面白ポイント6選
  4. 袁術は異常気象のせいで天下を握り損ねたってホント?
  5. 女真族とはどんな人たち?金を建国した女真族を分かりやすく解説 女真族は辮髪
  6. 土方歳三の趣味は俳句、どんな句を詠んでいた? 新選組の土方歳三

三國志雑学

  1. 曹彰
  2. 黄蓋
  3. 魯粛と周瑜
  4. 張遼・楽進・李典
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる
  2. 光武帝 三国志
  3. 袁術
  4. 鎌倉時代の侍
  5. オオクニヌシ(日本神話)
  6. 五虎大将軍の趙雲

おすすめ記事

劉備とサンタクロース クリスマスの日には三国志の人々は何をしていたの? くまモンだけじゃない!三国志の時代にもあった着ぐるみ 月刊はじめての三国志2017年12月号 (桃園出版 三国舎)の販売を開始しました 曹操 【三国志と節税】ふるさと納税で得しよう 信(キングダム風) 信ってどんな人?キングダムの主人公は史実が少ない謎多き人物 松平春嶽はどんな人?人をなだめてばかりの幕末の調停者 全員主役級!三国志を日本で映画化するならキャスティングはこれだ! kawauso編集長のぼやきVol.25「ナラティブ」

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集郭嘉"
PAGE TOP