キングダム
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

倭国 「魏志倭人伝」 から読み取る当時の日本、邪馬台国と卑弥呼を分かりやすく解説




正史 三国志 張飛

 

中国の歴代王朝が編さんした史書の多くに、

『東夷伝(とういでん)』と呼ばれる一節があります。

 

『東夷(とうい)』とは、漢民族を中心とした中華世界より東に住む異民族を指し、

主に『韓(かん)』と『倭(わ)』、つまり朝鮮と日本のことを意味しています。

 

陳寿(ちんじゅ)によって編さんされた正史『三国志』の中にも、『東夷伝』はあります。

中でも、日本人にとって重要と言えるのが『魏志倭人伝(ぎしわじんでん)』でしょう。

 

正確には、『三国志』の一書である『魏志(ぎし)』、その第30巻『烏丸鮮卑東夷伝』

(うがんせんぴとういでん)に含まれる『倭国(わこく)』と『倭人(わじん)』に関する記述の略称が『魏志倭人伝』となります。




魏志倭人伝(ぎしわじんでん)についてもっと詳しく解説!

みんなで魏志倭人伝(夏侯惇、典偉、夏侯淵、許長、張遼、曹操)

『魏志倭人伝』は中国の史書としては初めて倭国(日本)に関する

まとまった記述が書かれた、中国史にとって重要な文献であると共に、

私たち日本人にとっても、日本の歴史を知るための重要な手がかりとなるものです。

 

『魏志倭人伝』に登場するのが、かの『邪馬台国(やまたいこく)』です。

邪馬台国は1世紀の中頃から2世紀の初頭に成立した国家で、

30ほどの国からなる倭国の都がここに置かれていたとされています。

 

関連記事:邪馬台国が魏と外交出来たのは司馬懿のおかげ?

関連記事:曹真が余計な事をするから邪馬台国の場所が特定出来なくなった?



 魏志倭人伝から分かる当時の日本

三国志 日本 卑弥呼

『魏志倭人伝』によれば、邪馬台国の建国から70~80年ほど経過したころ、

倭国全体で大きな騒乱が起こりました。

 

それまで邪馬台国の王は男が務めていましたが、あらたに卑弥呼(ひみこ)という

女王が共立されて、ようやく騒乱が収まったとされています。

 

卑弥呼、魏に使者を送る

7c65f640f956f68b8b38ec1d4581fdf8_m

 

西暦238年、卑弥呼は使節を魏に派遣し、当時の魏の皇帝だった曹叡(そうえい)に拝謁、

男4人、女6人の生口(せいこう。奴隷のこと)を献上しました。

曹叡はたいそう喜び、卑弥呼を『親魏倭王(しんぎわおう)』に任じて、金印と銀印を

与えました。

 

魏志倭人伝による当時の日本の男性はどんな外観をしていたのか?

cca073a2334794fcd604f21999f64d08_m

 

『魏志倭人伝』の表記によると、当時の倭人=日本人の男性は皆、

顔や身体に刺青をしていました。

刺青は階級によってそれぞれ違いがあったようです。

 

刺青には厄除けの意味もあり、漁師たちは獰猛な魚を避けるための刺青をし、

水に潜って小魚や貝をとっていました。

 

なにか特別なことをする時には、倭人たちは必ず占いをしました。

その占いは『卜(ぼく)』と呼ばれるもので、骨を焼き、それによって生じる

割れ目を読むことで行われました。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 呉が蜀を作った!費禕が蜀の宰相になれたのは孫権のおかげだった?
  2. 封神演義(ほうしんえんぎ)って何?殷末の武将たちの戦いをもとに書…
  3. 【三国志平話】まるで水滸伝!山賊になった劉備
  4. はじさんが孫権を丸裸に!素顔は?身長は?孫権を徹底追及!
  5. 正史『三国志』と言うけれど、正史って、なに?
  6. 的盧は名馬なの?凶馬なの?劉備と龐統(ホウ統)の死
  7. 登山家・馬謖の山登りにはちゃんと意味があった!
  8. 曹操の曽祖父曹萌が気前良すぎて逆に怪しすぎる!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 劉備は剣術を使うことができたのか正史・演義から調べてみた
  2. 【曹操の人心掌握術】身内よりも部下を優先せよ
  3. 【応仁の乱】 もっとも激しい戦であった相国寺の戦い! 燃える本能寺
  4. キングダムネタバレ予想 壁は大将軍になるのか?
  5. 趙雲が最強イケメンだった3つの理由
  6. 【センゴク】織田信長って本当は優しく思いやりのある性格だった!

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 孔融
  2. はじめての三国志編集長 kawauso

おすすめ記事

【魯粛・朱桓・周魴の息子達】三国志後半を彩った呉の二代目武将はかなりの名将ぞろいだったことが発覚!! 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース23記事【3/13〜3/20】 孫資(そんし)と劉放(りゅうほう)の綱渡り!曹叡の側近達による命懸けの戦い 【シミルボン】あちこちにスローガンが一杯?賑やかな三国志時代の壁 三国大戦スマッシュ!(さんすま)とはどんなアプリゲーム? 【荊州獲ったどー!】諸葛亮&愉快な仲間の州乗っ取り計画 三国志|前半戦のまとめその3(長坂の戦いまで) 【はじめての三国志市場】今ならポイント10倍 楽天ブックス 漫画まとめ読み

おすすめ記事

  1. 孫家三代もメロメロ、実は周瑜と双璧の名将 程普の伝説
  2. 【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どちらが優れていたのか。PART3
  3. 【キングダム553話】休載スペシャル「山の民どうなる?」予想レビュー
  4. 【王平の戦いが凄い】文字は10個しか知らないけれど軍事において抜群の才能を示した戦い
  5. 九州制覇へ向けて驀進するぜ!島津家棟梁・島津義久の九州制覇戦
  6. 曹操の魅力とは?武将アンケート同立2位
  7. 銭大昕ってどんな人?経学考証の手法を史学に応用した博学の人
  8. 三国志の時代のお祭りは、どんな様子だったの?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP