曹操孟徳特集
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

倭国 「魏志倭人伝」 から読み取る当時の日本、邪馬台国と卑弥呼を分かりやすく解説

この記事の所要時間: 31




正史 三国志 張飛

 

中国の歴代王朝が編さんした史書の多くに、

『東夷伝(とういでん)』と呼ばれる一節があります。

 

『東夷(とうい)』とは、漢民族を中心とした中華世界より東に住む異民族を指し、

主に『韓(かん)』と『倭(わ)』、つまり朝鮮と日本のことを意味しています。

 

陳寿(ちんじゅ)によって編さんされた正史『三国志』の中にも、『東夷伝』はあります。

中でも、日本人にとって重要と言えるのが『魏志倭人伝(ぎしわじんでん)』でしょう。

 

正確には、『三国志』の一書である『魏志(ぎし)』、その第30巻『烏丸鮮卑東夷伝』

(うがんせんぴとういでん)に含まれる『倭国(わこく)』と『倭人(わじん)』に関する記述の略称が『魏志倭人伝』となります。




魏志倭人伝(ぎしわじんでん)についてもっと詳しく解説!

みんなで魏志倭人伝(夏侯惇、典偉、夏侯淵、許長、張遼、曹操)

『魏志倭人伝』は中国の史書としては初めて倭国(日本)に関する

まとまった記述が書かれた、中国史にとって重要な文献であると共に、

私たち日本人にとっても、日本の歴史を知るための重要な手がかりとなるものです。

 

『魏志倭人伝』に登場するのが、かの『邪馬台国(やまたいこく)』です。

邪馬台国は1世紀の中頃から2世紀の初頭に成立した国家で、

30ほどの国からなる倭国の都がここに置かれていたとされています。

 

関連記事:邪馬台国が魏と外交出来たのは司馬懿のおかげ?

関連記事:曹真が余計な事をするから邪馬台国の場所が特定出来なくなった?



 魏志倭人伝から分かる当時の日本

三国志 日本 卑弥呼

『魏志倭人伝』によれば、邪馬台国の建国から70~80年ほど経過したころ、

倭国全体で大きな騒乱が起こりました。

 

それまで邪馬台国の王は男が務めていましたが、あらたに卑弥呼(ひみこ)という

女王が共立されて、ようやく騒乱が収まったとされています。

 

卑弥呼、魏に使者を送る

7c65f640f956f68b8b38ec1d4581fdf8_m

 

西暦238年、卑弥呼は使節を魏に派遣し、当時の魏の皇帝だった曹叡(そうえい)に拝謁、

男4人、女6人の生口(せいこう。奴隷のこと)を献上しました。

曹叡はたいそう喜び、卑弥呼を『親魏倭王(しんぎわおう)』に任じて、金印と銀印を

与えました。

 

魏志倭人伝による当時の日本の男性はどんな外観をしていたのか?

cca073a2334794fcd604f21999f64d08_m

 

『魏志倭人伝』の表記によると、当時の倭人=日本人の男性は皆、

顔や身体に刺青をしていました。

刺青は階級によってそれぞれ違いがあったようです。

 

刺青には厄除けの意味もあり、漁師たちは獰猛な魚を避けるための刺青をし、

水に潜って小魚や貝をとっていました。

 

なにか特別なことをする時には、倭人たちは必ず占いをしました。

その占いは『卜(ぼく)』と呼ばれるもので、骨を焼き、それによって生じる

割れ目を読むことで行われました。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 曹操のハニートラップ作戦が義に生きた武人・関羽に通用するのか?
  2. 誰かに話したくなる!三国志にまつわる都市伝説『後漢・魏・呉・晋の…
  3. えぇぇ~!?あの孔明が劉備に対して怒りの仮病!?
  4. 賈詡はどうして李傕・郭汜に長安を襲わせたの?
  5. 高平陵の変は名士代表・司馬懿と反名士・曹爽の対立だった!?
  6. 孔明の愛弟子であった姜維はなぜ孔明の後継者に選ばれなかったの?
  7. 羌・鮮卑・烏桓だけではない!南の異民族を徹底紹介
  8. 62話:徐庶を手に入れたい曹操、程昱の鬼畜な計略を採用し劉備から…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 徐盛(じょせい)ってどんな人?人生を戦いの中で過ごした呉の将軍
  2. キングダム 本ネタバレ 537話 お待たせ!「大将軍の景色」
  3. 華佗の使った麻酔薬「麻沸散」って何?
  4. 始皇帝の法治国家を助けた韓非と李斯って何でいがみ合ったの?
  5. 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 Part.2
  6. 【日本最大ミステリー遂に解明か?】邪馬台国・卑弥呼の正体につながる新たな手がかりを発見!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

島津斉彬は日蓮正宗に帰依していたの? キングダム 524話 ネタバレ予想:朱海決戦はどのように推移する? 曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その4 謎の中華料理「日本豆腐」と「孔明点灯豆腐」とは? 【はじめての三国志】配信スケジュール一覧 太史慈は群雄だった!孫策死後疎まれた男の生涯 三国志の二次小説が江戸時代に書かれていた 【姜維の北伐】実は「絹の道」シルクロードを奪って西域との貿易を考えていた

おすすめ記事

  1. 【軍師連盟】司馬懿は何で身分の低い鄧艾を重用したの?
  2. なんで三国志の時代には封禅の儀式が行われなかったの?
  3. 儒教が引き金?外戚と宦官の対立はなぜ起こったのか
  4. 曹植の存在が曹丕を歪めた?何で曹丕はあんな性格になっちゃったの?
  5. 趙儼(ちょうげん)とはどんな人?三国志時代の調整力を備えた魏の文官
  6. 北方謙三の『三国志』のココが凄い!男の生ざまをガンガン感じたいならこの小説も超絶オススメ!
  7. 三国時代の故事成語『白眉』と『泣いて馬謖を斬る』
  8. 春秋戦国時代初期の名軍師・范蠡の名言:狡兎死して走狗煮らる

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP