袁術祭り
まだ漢王朝で消耗してるの?




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

倭国 「魏志倭人伝」 から読み取る当時の日本、邪馬台国と卑弥呼を分かりやすく解説

この記事の所要時間: 31




正史 三国志 張飛

 

中国の歴代王朝が編さんした史書の多くに、

『東夷伝(とういでん)』と呼ばれる一節があります。

 

『東夷(とうい)』とは、漢民族を中心とした中華世界より東に住む異民族を指し、

主に『韓(かん)』と『倭(わ)』、つまり朝鮮と日本のことを意味しています。

 

陳寿(ちんじゅ)によって編さんされた正史『三国志』の中にも、『東夷伝』はあります。

中でも、日本人にとって重要と言えるのが『魏志倭人伝(ぎしわじんでん)』でしょう。

 

正確には、『三国志』の一書である『魏志(ぎし)』、その第30巻『烏丸鮮卑東夷伝』

(うがんせんぴとういでん)に含まれる『倭国(わこく)』と『倭人(わじん)』に関する記述の略称が『魏志倭人伝』となります。




魏志倭人伝(ぎしわじんでん)についてもっと詳しく解説!

みんなで魏志倭人伝(夏侯惇、典偉、夏侯淵、許長、張遼、曹操)

『魏志倭人伝』は中国の史書としては初めて倭国(日本)に関する

まとまった記述が書かれた、中国史にとって重要な文献であると共に、

私たち日本人にとっても、日本の歴史を知るための重要な手がかりとなるものです。

 

『魏志倭人伝』に登場するのが、かの『邪馬台国(やまたいこく)』です。

邪馬台国は1世紀の中頃から2世紀の初頭に成立した国家で、

30ほどの国からなる倭国の都がここに置かれていたとされています。

 

関連記事:邪馬台国が魏と外交出来たのは司馬懿のおかげ?

関連記事:曹真が余計な事をするから邪馬台国の場所が特定出来なくなった?



 魏志倭人伝から分かる当時の日本

三国志 日本 卑弥呼

『魏志倭人伝』によれば、邪馬台国の建国から70~80年ほど経過したころ、

倭国全体で大きな騒乱が起こりました。

 

それまで邪馬台国の王は男が務めていましたが、あらたに卑弥呼(ひみこ)という

女王が共立されて、ようやく騒乱が収まったとされています。

 

卑弥呼、魏に使者を送る

7c65f640f956f68b8b38ec1d4581fdf8_m

 

西暦238年、卑弥呼は使節を魏に派遣し、当時の魏の皇帝だった曹叡(そうえい)に拝謁、

男4人、女6人の生口(せいこう。奴隷のこと)を献上しました。

曹叡はたいそう喜び、卑弥呼を『親魏倭王(しんぎわおう)』に任じて、金印と銀印を

与えました。

 

魏志倭人伝による当時の日本の男性はどんな外観をしていたのか?

cca073a2334794fcd604f21999f64d08_m

 

『魏志倭人伝』の表記によると、当時の倭人=日本人の男性は皆、

顔や身体に刺青をしていました。

刺青は階級によってそれぞれ違いがあったようです。

 

刺青には厄除けの意味もあり、漁師たちは獰猛な魚を避けるための刺青をし、

水に潜って小魚や貝をとっていました。

 

なにか特別なことをする時には、倭人たちは必ず占いをしました。

その占いは『卜(ぼく)』と呼ばれるもので、骨を焼き、それによって生じる

割れ目を読むことで行われました。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 眼球が飛び出て死亡!強烈すぎる司馬師(しばし)のエピソード【はじ…
  2. 呂布の配下、八健将(はちけんしょう)とはどんな人たち?
  3. 呉のお家芸・偽降伏の見破り方を知っていた知将・王基
  4. 「危うく抹殺されそうになりました、陳寿さんのおかげです」卑弥呼よ…
  5. ええっ!曹操と劉備は元々は仲が良かったって本当?
  6. クリスマスの日には三国志の人々は何をしていたの?
  7. 劉禅に忠誠を尽くした武人・張嶷の最後に心が震える
  8. 賊徒から三国志の英雄に出世した武将がこんなにいる!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. これは凄い!巨大な関羽像が荊州に現れる!実は二千年前から巨大像が好きだった中国人
  2. 呂玲綺(りょれいき)とはどんな人?史実でも実在したの?
  3. 蒙恬(もうてん)はどんな性格なの?真面目さの照れ隠しの軽い性格
  4. 劉焉(りゅうえん)は何でド田舎の益州を選んだの?ちゃっかり独立を企んでいた?
  5. 関羽に降伏した于禁は本当に臆病者だったの?
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース37記事【3/20〜3/26】

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

何で姜維の北伐は反発されてたのに孔明の北伐は反対されなかったの? これだけ読めば丸わかり!孔明が身に着けている羽毛扇などのトレードマークの理由! 関羽は本当に忠義の士だったの?三国志のタブーに挑む! 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【8/28〜9/4】 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第34話「隠し港の龍雲丸」の見どころ紹介 【あの人の子孫は今】趙雲の子孫っているの?趙氏(ちょうし)について 諸葛亮をこよなく愛した土井晩翠、星落秋風五丈原が後世でも形を変えて愛されていた! 李傕(りかく)とはどんな人?董卓よりも横暴な政治を行った暴虐な政権運営者

おすすめ記事

  1. 情報も貴重な戦力!天候は戦場の勝敗の行方を左右する天候事情
  2. 三国志の時代に実際にあった計略について徹底紹介
  3. 山県昌景(やまがたまさかげ)とはどんな人?武田家四名臣の一人・赤備えを率いた戦国武将
  4. 孫権はなぜ孫策の子息を冷遇したの?それは孫権が袁術を愛していたから?
  5. 【センゴク】羽柴秀吉はどうやって関白に就任することができたの?
  6. 関羽のワガママ死は孫権の無節操が原因だった?
  7. 五分でわかる蜀の名将達の現代にまで残る名言・逸話【三国志逸話列伝】
  8. 【呉が好きな人は見ないで下さい】魏や蜀に負けるものか!俺達は呉の十二神将

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP