架空戦記の走り? 『反三国志演義』を知っていますか?

2015年1月10日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

水滸伝って何? 書類や本

 

1980年代、『架空戦記』と呼ばれるジャンルの小説がブームになりました。史実を描く歴史小説とは一線を画し、本来の歴史とは違う物語が展開する『架空戦記』、その源流は意外にも古いものでした。

 

三国志にも、本来の歴史事実とは違う結末を描いたことで有名な小説が存在します。

そのタイトルは『反三国志演義』。一体どのような小説なのでしょうか?

 

関連記事:三国志演義の翻訳本比較してみた!どれを読めばいいの?

関連記事:蒼天航路のスタンスは三国志演義と同じ!?

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【レポート・論文で引用する場合の留意事項】 はじめての三国志レポート引用について



『架空戦記』とは?

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志

 

『架空戦記』の源流を辿ると、古代から存在した叙事詩や軍記物などに行き当たります。説話や美談として語り部が史実を脚色して語るその様式は、『三国志演義』にも通じるものといえるでしょう。

 

日本の架空戦記はいつから?

対立する西郷隆盛と大久保利通

 

日本における『架空戦記』の起こりは、明治期に流行した政治小説に見ることが出来ます。特に、日本の海外進出を想定して描かれたものには、将来起こりうる西欧列強を考慮して書かれたものもあったといいます。

 

SF小説には“現実とは別の歴史を描く”という『歴史改変物』と呼ばれるジャンルの小説が多くありましたが、戦後復興期の日本のSF小説でも、この『歴史改変』は好んで取り入れられました。

 

1981年に発表された檜山良昭の小説『日本本土決戦』がきっかけとなり、『架空戦記』のブームが起こります。当初は現代の最新装備を持つ軍隊が過去にタイムスリップすると言ったSF的ギミックを組み込んだ作品が多く見受けられましたが、2000年代以降、SF的要素を持たない小説が台頭、『架空戦記』はSFと分離され、新たな小説のジャンルとして成立を見ることになりました。

 

 蜀が勝って勝って勝ちまくる『反三国志演義』

劉備勝ちまくり!仮想三国志

 

『三国志演義』にも、確かに史実にないエピソードやシーンは多く存在しますが、おおまかな歴史の流れに反したことは描かれてはいません。しかし、史実とは全く別の結末を描き話題を呼んだ“三国志”小説も存在しています。それが『反三国志演義』(通称『反三国志』)です。

 

『反三国志演義』は20世紀初頭、中華民国の政治家であり小説家でもあった周大荒(しゅうだいこう)が1924年から新聞連載した作品です。『三国志』を始めとする、いわゆる正史はもともとその編さんを行った王朝の正統性を証明する目的で書かれており、その王朝に不都合な事実が改変されていることが多い。

 

……そのような前提に基いて始まるこの『反三国志演義』は、作者が本来闇に葬られてしまった三国時代の史実を記述した『三国旧志』を入手するところから始まります。

 

反三国志演義はどんなストーリーなの?

劉備玄徳が眩しい理由 三国志

 

そのストーリーは劉備玄徳が興した国、蜀漢が魏を打ち破って漢王朝を復興するというもの。武将の登場年代が目茶苦茶なことや、かなり荒唐無稽な展開を含む作品ということですが、蜀ファンにはたまらない内容になっているとの事。

 

手紙を読む曹操

 

(逆に魏ファンは読んでいて胃が痛くなるとか?)政治家でもあった作者が書いた小説ということもあって、政治への隠喩や皮肉も多く含まれている作品となっています。

 

日本では渡辺精一翻訳の講談社文庫版がネット通販等で今でも入手可能なようです。

興味のある方は読まれて見てはいかがでしょうか?

 

関連記事:三国志演義が今どき嫌われる理由

関連記事:裴松之が注をつけていなかったら『三国志演義』は生まれなかった!?

 

民間伝承の三国志

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
石川克世

石川克世

三国志にハマったのは、高校時代に吉川英治の小説を読んだことがきっかけでした。最初のうちは蜀(特に関羽雲長)のファンでしたが、次第に曹操孟徳に入れ込むように。 三国志ばかりではなく、春秋戦国時代に興味を持って海音寺潮五郎の小説『孫子』を読んだり、 兵法書(『孫子』や『六韜』)や諸子百家(老荘の思想)などにも無節操に手を出しました。 好きな歴史人物: 曹操孟徳 織田信長 何か一言: 温故知新。 過去を知ることは、個人や国家の別なく、 現在を知り、そして未来を知ることであると思います。

-三国志の雑学
-