架空戦記
HMR

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

関羽が打った囲碁って、どんなものだったの?

この記事の所要時間: 143




三国志 囲碁

小説『三国志演義』に、肘に毒矢を受けた関羽が名医華佗の治療を受ける場面があります。

腕を柱に縛り付けて治療するという華佗に対して、関羽はそれを無用と断って手術の間中、馬良を相手に囲碁を打ち続けたと言います。

 

非常に印象的な場面のひとつですが、個人的にはこの時、関羽が打っていた囲碁がどのようなものだったのか、とても興味を覚えます。

果たして、三国時代の囲碁とはどのような物だったのでしょうか?




春秋戦国時代には成立していた囲碁

関羽 囲碁

 

囲碁は古代中国を起源とするボードゲームのひとつで、世界三大棋類のひとつとされています。

明確な起源は不明ですが、「元は占星術に用いた道具が変化し、対戦型のゲームになったのではないかという説もあるようです。

 

白と黒の碁石を碁盤と呼ばれる盤面上の格子に交互に打っていき、より広い範囲を囲うことを競う、

という囲碁のルールそれ自体は春秋戦国時代には確立されていたようです。

 

現代の囲碁は19×19の格子(19道361路)の碁盤上で対戦しますが、中国前漢時代の囲碁は17×17(17道289路)であったことが判明しています。

三国時代の囲碁も、これに準ずるものであったと考えられます。更に古い時代には9×9の碁盤が用いられていました。

 

現代の囲碁との最大の違いは、碁石の形でしょう。三国時代、碁石は丸ではなく四角であったとされています。




ギャンブルから兵法を学ぶ遊具への変化

三国志 サイコロ

 

前漢から三国時代にかけて、囲碁は主に博打を行うためのゲームとして流行していました。

この時代、囲碁と並んで博打に使われていたゲームに、サイコロを使ってプレイする「六博」というものがありました。

 

前漢の時代には知力を使って遊ぶ囲碁よりも、運頼りの六博のほうが人気がありましたが、時代を経るにつれ、

囲碁は兵法に通じるものがあると考えられるようになり、重視されていくようになります。

 

 

 

中国と言ったら麻雀じゃないの?

三国志 麻雀

余談になりますが、中国発祥の賭け事に用いられるゲームとして多くの方がまず連想されるのはマージャンだと思いますが、

マージャンの発祥は清の時代、1860年代~1870年代のこととされ、囲碁よりもはるかに新しいゲームです。

 

 

曹操や孫策もたしなんだ囲碁

曹操018

 

兵法に通じるとされた囲碁は、三国時代においては武将のたしなみとして、広く普及していました。

曹操を始めとする三国志に登場する多くの武将が囲碁に興じていました。

 

正史三国志にも、囲碁にまつわるエピソードが度々登場します。

呉に仕えた呂範は主君である孫策と囲碁を打ちながら軍務を論じ、魏に使えていた王粲は、他人同士が対局していた囲碁の盤面が目茶苦茶になってしまった時、

一手も間違えることなく再現してみせたと言います。

 

三国時代と現代の私たちをつないでくれる囲碁。

碁盤に向かい、五目並べをしながら三国志に思いをはせるというのも、一興かもしれません。

 

関連記事:世界初の外科手術を行った? 華佗とはどういう人物だったか




この記事を書いた人:石川克世

石川

ライター:

石川克世

自己紹介:

三国志にハマったのは、高校時代に吉川英治の小説を読んだことがきっかけでした。
最初のうちは蜀(特に関羽雲長)のファンでしたが、次第に曹操孟徳に入れ込むように。
三国志ばかりではなく、春秋戦国時代に興味を持って海音寺潮五郎の小説『孫子』を読んだり、
兵法書(『孫子』や『六韜』)や諸子百家(老荘の思想)などにも無節操に手を出しました。

好きな歴史人物:

曹操孟徳
織田信長

何か一言:

温故知新。
過去を知ることは、個人や国家の別なく、
現在を知り、そして未来を知ることであると思います。

 

関連記事

  1. 漢の時代の人が考えるあの世は、どんなイメージ?
  2. 曹叡が孔明をDISる文章を発見!孔明はマゾでドけちだ!
  3. 三国時代のファッションはどんなのだったの?
  4. 80話:曹操の命乞いで関羽が曹操を逃がす
  5. 魏(曹丕)呉(孫策)蜀(劉禅)の2代目君主は誰が一番優秀だった?…
  6. 【ネオ三国志】第2話:蒼天航路の曹操と魏武の強
  7. 曹操、生涯最大の苦戦 白狼山の戦い|烏桓討伐編
  8. 【第3話】戦え!于禁文則ん「曹操救出 黄巾の残党との戦い」

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. はじめての三国志 4コマ劇場 「合肥の戦い」
  2. 【はじめての孫子】第9回:其の疾きことは風の如く、其の徐なることは林の如く
  3. 儒教が引き金?外戚と宦官の対立はなぜ起こったのか
  4. 【閲覧注意】寄生虫が原因の症状が怖すぎる!寄生虫で死んだ陳登(ちんとう)はじさん臨終図巻
  5. 華佗の使った麻酔薬「麻沸散」って何?
  6. 【諸葛亮の心に残る名言】強弩の末、勢い魯縞をも穿つあたわず

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

曹操 生涯最大の苦戦 烏桓討伐|完結編 中国史における農民反乱についての考察 徐晃(じょこう)ってどんな人?魏において、もっとも功績を挙げた無敗将軍 天才軍師 竹中半兵衛が編み出した鬼畜の作戦って何? 曹操の字はうそつき小僧?複雑な氏+名+字の成りたちを深く広く解説! 鮑勛(ほうくん)とはどんな人?自分の意見をまっすぐに答え曹丕に恨まれてしまった政治家 袁術が天下を獲るためにみんなで考えよう【第3回】 本拠地の兗州でクーデター発生!親友の裏切りにあった曹操

おすすめ記事

  1. 李広(りこう)とはどんな人?「飛将軍」と呼ばれた男は李信の子孫であった!?
  2. 68話:劉表死す、そして偽の遺言書で劉琮が後継者に
  3. びっくり!三国時代の文化は日本に近かった?
  4. 【第五回 放置少女】ケチ武将・曹洪倒すためガチャをぶん回してみた結果
  5. 魏の2代目皇帝・曹叡(そうえい)はいったいどんな仕事をしていたの?
  6. 【三国志で例えるよ】初心者でも『ジャンヌ・ダルク』『百年戦争』が分かる。基礎&豆知識!
  7. 李儒(りじゅ)とはどんな人?董卓の恐怖政治を参謀として支えた謎の軍師
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース25記事【6/12〜6/18】

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP