黄巾賊




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

関羽が打った囲碁って、どんなものだったの?

この記事の所要時間: 143




三国志 囲碁

小説『三国志演義』に、肘に毒矢を受けた関羽が名医華佗の治療を受ける場面があります。

腕を柱に縛り付けて治療するという華佗に対して、関羽はそれを無用と断って手術の間中、馬良を相手に囲碁を打ち続けたと言います。

 

非常に印象的な場面のひとつですが、個人的にはこの時、関羽が打っていた囲碁がどのようなものだったのか、とても興味を覚えます。

果たして、三国時代の囲碁とはどのような物だったのでしょうか?




春秋戦国時代には成立していた囲碁

関羽 囲碁

 

囲碁は古代中国を起源とするボードゲームのひとつで、世界三大棋類のひとつとされています。

明確な起源は不明ですが、「元は占星術に用いた道具が変化し、対戦型のゲームになったのではないかという説もあるようです。

 

白と黒の碁石を碁盤と呼ばれる盤面上の格子に交互に打っていき、より広い範囲を囲うことを競う、

という囲碁のルールそれ自体は春秋戦国時代には確立されていたようです。

 

現代の囲碁は19×19の格子(19道361路)の碁盤上で対戦しますが、中国前漢時代の囲碁は17×17(17道289路)であったことが判明しています。

三国時代の囲碁も、これに準ずるものであったと考えられます。更に古い時代には9×9の碁盤が用いられていました。

 

現代の囲碁との最大の違いは、碁石の形でしょう。三国時代、碁石は丸ではなく四角であったとされています。




ギャンブルから兵法を学ぶ遊具への変化

三国志 サイコロ

 

前漢から三国時代にかけて、囲碁は主に博打を行うためのゲームとして流行していました。

この時代、囲碁と並んで博打に使われていたゲームに、サイコロを使ってプレイする「六博」というものがありました。

 

前漢の時代には知力を使って遊ぶ囲碁よりも、運頼りの六博のほうが人気がありましたが、時代を経るにつれ、

囲碁は兵法に通じるものがあると考えられるようになり、重視されていくようになります。

 

 

 

中国と言ったら麻雀じゃないの?

三国志 麻雀

余談になりますが、中国発祥の賭け事に用いられるゲームとして多くの方がまず連想されるのはマージャンだと思いますが、

マージャンの発祥は清の時代、1860年代~1870年代のこととされ、囲碁よりもはるかに新しいゲームです。

 

 

曹操孫策もたしなんだ囲碁

曹操018

 

兵法に通じるとされた囲碁は、三国時代においては武将のたしなみとして、広く普及していました。

曹操を始めとする三国志に登場する多くの武将が囲碁に興じていました。

 

正史三国志にも、囲碁にまつわるエピソードが度々登場します。

呉に仕えた呂範は主君である孫策と囲碁を打ちながら軍務を論じ、魏に使えていた王粲は、他人同士が対局していた囲碁の盤面が目茶苦茶になってしまった時、

一手も間違えることなく再現してみせたと言います。

 

三国時代と現代の私たちをつないでくれる囲碁。

碁盤に向かい、五目並べをしながら三国志に思いをはせるというのも、一興かもしれません。

 

関連記事:世界初の外科手術を行った? 華佗とはどういう人物だったか




この記事を書いた人:石川克世

石川

ライター:

石川克世

自己紹介:

三国志にハマったのは、高校時代に吉川英治の小説を読んだことがきっかけでした。
最初のうちは蜀(特に関羽雲長)のファンでしたが、次第に曹操孟徳に入れ込むように。
三国志ばかりではなく、春秋戦国時代に興味を持って海音寺潮五郎の小説『孫子』を読んだり、
兵法書(『孫子』や『六韜』)や諸子百家(老荘の思想)などにも無節操に手を出しました。

好きな歴史人物:

曹操孟徳
織田信長

何か一言:

温故知新。
過去を知ることは、個人や国家の別なく、
現在を知り、そして未来を知ることであると思います。

 

関連記事

  1. 孫権の妃達は地味な上にあまり幸福ではなかったって本当?
  2. 【ビジネス三国志】陳琳や周瑜、諸葛亮孔明に学ぶ失敗学
  3. 劉焉(りゅうえん)は何でド田舎の益州を選んだの?ちゃっかり独立を…
  4. 曹丕のいじめ・パワハラに悩まされた被害者たちを紹介
  5. 関羽のエア息子?関索が大活躍した理由とは
  6. 三国志補完計画・どちらが本当の三国志?正史と演義
  7. 公孫度(こうそんたく)とはどんな人?幸運に恵まれ、遼東の王になっ…
  8. 【三国志由来!】一歳の誕生日占い抓周とはどんなモノ

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【涼州の錦vs魏の文官】果たして勝ったのはどっち?
  2. 孔明とは陰と陽!漆黒の軍師、法正が蜀獲りに大活躍
  3. はじめての三国志編集長の推薦状『8月の見どころ記事』Part.2
  4. 【蜀軍キラー】劉備・孔明を恐れさせた張郃の対蜀戦での戦歴
  5. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第36話「井伊家最後の日」の見どころ紹介
  6. 魯粛から「食わせ者」の本当の意味を知ろう!!

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

76話:孔明による材料も手間もなく矢を造る方法 三国志と日本史の『名城対決』真田丸と陳倉城が激アツすぎる! 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第28話「死の帳面」の見どころ紹介 【危篤の孔明そっちのけ!】始まっていた五丈原の権力争い 楊脩(ようしゅう)は何故、曹操に殺されたの?曹植と禰衡にも愛された才能の持ち主 そんな!諸葛亮は曹操を目指していた?似てる二人を解説 西郷隆盛は大家族!幕末ビッグダディを解説 三国志の結末(最後)ってどうなるの?

おすすめ記事

  1. 魏延を倒した楊儀は孔明が亡くなった後どうなったの?
  2. 【シミルボン】幸村だけじゃない曹操、孔明も使った赤備え!
  3. 錦馬超の武勇はどこまで本物なの?正史と演義を比較してみよう
  4. キングダムの時代に開花した法家の思想
  5. 中国三大悪女に名を連ねた劉邦の妻・呂雉(りょち)とはどんな人?とても怖い実話
  6. 【橋本左内の名言】人生に迷ったあなたに贈る魂の言葉6選
  7. 丁原(ていげん)とはどんな人?天下無双の豪傑でもあり呂布パパ
  8. 献帝(けんてい)とはどんな人?後漢のラストエンペラーの成人期

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP