キングダム
if三国志




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

連環の計って、どんな作戦?




孔明 軍師

 

三国志演義』に登場する軍師たちは、その頭脳を駆使してさまざまな計略(作戦)を立案、実行しています。

中でも有名なものに“連環の計”があります。




三国志演義での連環の計について

呂布と董卓の最強タッグ

 

三国志演義』の作中、“連環の計”と呼ばれる計略は2度登場します。

一度目は漢王朝の司徒であった王允が自分の義理の娘である貂蝉を利用し、董卓呂布を仲違いさせ、呂布董卓を殺害させた計略。

二度目は赤壁の戦いに置いて、龐統曹操軍の船を船酔い対策と称して鎖でつなぎ合わせ、その後に呉軍が火攻めでその艦隊を焼き払ったという計略。

 

一見して全く違う作戦に見えるこの二つの計略が、どうして同じ『連環の計』と呼ばれるのか、不思議に思ったことはありませんか?




『兵法三十六計』によれば……。

三国正史 劉禅

 

中国の兵法書『兵法三十六計』の第三十五計として上げられているのが“連環計”、つまり“連環の計”です。

 

『兵法三十六計』によれば、“連環の計”とは「強大な敵軍には正面からまともに戦うのではなく、計略をいくつも駆使してその疲弊、弱体化を図って、タイミングを見計らって攻撃をかけること」とされています。

 

つまり、複数の計略をあたかも鎖のごとく組み合わせ、文字通り、その連鎖反応で弱体化した敵を攻撃して勝利を得る、というのが“連環の計”、ということになります。

 

 

王允董卓に用いた連環の計はどんなの?

連幹の計(リョフ&チョウセン)

 

その1:美人計

まず、王允は董卓を亡き者にするため、美人として知られる義理の娘の貂蝉を利用することを思いつきます。

色仕掛けで敵の戦意をくじいたり裏切らせる計略を“美人計”と呼び、『兵法三十六計』の第三十一計にも取り上げられています。

 

その2:離間計

王允は先に呂布貂蝉と引き合わせて一目惚れさせておいてから、今度は董卓に彼女を献上してしまいます。

貂蝉はその後も度々呂布と密会し、呂布と一緒にいたいと懇願、その一方で董卓には呂布の乱暴を訴え彼の元には行きたくないと言います。貂蝉を巡る感情の対立が二人の間に起こり、ついに呂布は董卓の殺害に及びます。

 

まず『美人計』を用いて董卓と呂布を手球に取り、次に『離間計』で二人を対立させる。

この二つの計略を組み合わせたのが、王允の“連環の計”、というわけです。

 

赤壁の戦いにおける“連環の計”はどんなの?

龐統 ゆるキャラ 三国志

 

その1:連環計

赤壁で曹操軍と対峙した劉備孫権の連合軍。曹操の艦隊を火攻めにする作戦を立てますが、河の上に散開している艦隊に対して火攻めをしても、そのままでは効果的ではありません。

そこで劉備軍師である龐統が曹操軍に潜り込みます。

その頃、曹操軍の兵士たちは不慣れな船上で船酔いに苦しんでいました。

龐統は曹操に船酔い対策と称して、船同士を鉄の鎖でつなぎ合わせる“連環計”を献策し、曹操に実行させます。

艦隊は鎖で結ばれ密集し、容易に動きが取れなくなりました。

 

その2:反間計

呉の周瑜は自軍に投降してきた蔡中が、実は曹操軍のスパイであることに気づいていました。

そこで周瑜は蔡中を利用して曹操に偽りの情報をつかませることを思いつきます。

 

その3:苦肉計

周瑜は自分を批判した配下の将軍である黄蓋を、兵士たちの面前で鞭打ち刑に処し、重症を負わせます。

恥をかかされた黄蓋は曹操軍に投降、事前に蔡中からその情報を得ていた曹操は黄蓋を自軍の陣中に引き入れてしまいます。

黄蓋は敵陣内から艦隊に放火することに成功します。

 

まず、龐統に『連環計』を曹操に進言させて、火攻めに適した状況を作ります。

次に自軍に潜入したスパイである蔡中にウソの情報をつかませる『反間計』と、黄蓋が偽の投降をする『苦肉計』を組み合わせることで、劉備孫権の連合軍は曹操の艦隊を撃破することに成功しました。

 

三つの計略を巧みに組み合わせた“連環の計”というわけです。

 

なお、『三国志演義』の作中では、曹操軍の艦隊を鎖で結ばさせることを『連環計』と称していますが、これは『兵法三十六計』による“連環の計”の規定には合っていません。

むしろ、その後の呉軍が展開した一連の計略(反間計→苦肉計のコンボ)を含めた作戦全体を“連環の計”と呼ぶべきでしょう。




耳で聞いて覚える三国志

 

こちらの記事もよく読まれています

孫子の兵法 曹操

 

よく読まれてる記事:現代ビジネスマンの必携の書?兵法書『孫子』とその作者について

 

借屍還魂 名前をかたる

 

よく読まれてる記事:兵法三十六計(借屍還魂)の古今東西

 

荀彧 立ちノーマル

 

よく読まれてる記事:曹操軍の参謀、荀彧(じゅんいく)ってどんな人?

 

空城も計 孔明

 

よく読まれてる記事:門を開けて敵軍をお出迎え? 『空城の計』とは?

 

孔明 劉備の剣とハンコ

 

よく読まれてる記事:軍師ってどんな職業なの? <三国志豆知識>

 

この記事を書いた人:石川克世

石川

ライター:

石川克世

自己紹介:

三国志にハマったのは、高校時代に吉川英治の小説を読んだことがきっかけでした。
最初のうちは蜀(特に関羽雲長)のファンでしたが、次第に曹操孟徳に入れ込むように。
三国志ばかりではなく、春秋戦国時代に興味を持って海音寺潮五郎の小説『孫子』を読んだり、
兵法書(『孫子』や『六韜』)や諸子百家(老荘の思想)などにも無節操に手を出しました。

好きな歴史人物:

曹操孟徳
織田信長

何か一言:

温故知新。
過去を知ることは、個人や国家の別なく、
現在を知り、そして未来を知ることであると思います。

関連記事

  1. キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問) 今どき三国志が流行らない理由
  2. 義理の親子の契りを結ぶ曹豹と呂布 【三国志平話】高鳴る鼓動!呂布と曹豹、運命の出逢い
  3. 孔子の弟子であり文学が得意な子夏 諸子百家(しょしひゃっか)ってなに?知るともっと三国志が理解でき…
  4. 暴れまわる異民族に困る梁習 揚州の問題児?山越族とはどんな民族だったのか
  5. そうなの?諸葛亮はいい加減に歴史を覚えていた
  6. 【歴史を変えた名言】この名言によって歴史は変わった「断じて行えば…
  7. 張飛、劉備、関羽の桃園三兄弟 桃園の誓いがなかったら劉備はどうなっていたの?
  8. 袁術は異常気象のせいで天下を握り損ねたってホント?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 織田信長
  2. 王基に感謝する司馬昭
  3. 豆から兵士を作り出す栽培マンな仙人孔明
  4. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  5. キングダム45
  6. 海賊時代の孫堅
  7. 徳川家を守った篤姫
  8. キングダム52巻

おすすめ記事

  1. 第1話:三国夢幻演義 龍の少年「命の山」配信中 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  2. 3連休に三国志の美少女たちを放置プレイしない?三国志系ゲーム『放置少女』
  3. みんな~!数学の時間だよ~!算木を使って問題を解いてみよう そろばんを叩く関羽
  4. 【三国志の誤植集】何平や喬国老や橋玄って誰?うっかりミスが大惨事!
  5. 49話:許攸の寝返りが曹操を勝利に導く 許攸 兵糧のありか教えますひひひ
  6. キングダム600話ネタバレ予想「龐煖は誰狙い?蒙恬やっぱり信」 キングダム54巻amazon

三國志雑学

  1. 赤兎馬にまたがる呂布
  2. 韓綜
  3. 曹植は軟弱ではなかった
  4. ドケチな孔明
  5. 曹操に憧れる荀彧
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 孔明 vs 司馬懿
  2. 荀彧
  3. 鼎(かなえ)
  4. キングダム

おすすめ記事

岳雲 岳飛の子孫にはどんな人がいるの?子供や孫、子孫たち一覧 趙奢(ちょうしゃ)とはどんな人?趙の三大天最後の一人で政治・軍事両方に秀でた名将【後半】 なんで重耳は生まれた国から逃げなければならなくなったの? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【12/4〜12/10】 孔明 【蜀の建国~滅亡まで】蜀の国を背負って戦い続けた丞相【孔明編】 孔明 【諸葛亮のノアの方舟計画】長坂での別行動は劉備軍温存? 劉備の黒歴史 【血統を知ろう】劉備は前漢の初代皇帝・劉邦の末裔なの? 李逵(水滸伝) 【水滸伝】なっとくできるか!本を捨てたくなるヒドイ結末

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP