よかミカンの三国志入門
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

蜀と孔明を最大限称えよ!三国志演義

諸葛孔明019




諸葛孔明019

三国志演義は、実際の三国志がフィナ―レを迎えてから、1100年後

明の最初の頃に纏められた小説の類です。

 

従って、その内容は長い年月の間に三国志好きの人々によって、

集約されてきた願望が集結しており多くのフィクションが含まれています。




三国志演義の最大の特徴は?

魏武将 はじめての三国志 ゆるい

 

三国志演義の最大の特徴は、それが善悪二元論で描かれている事です。

つまり曹操=悪の親玉、劉備=正義の人物という扱い。

 

しかし、演義では孝行息子の劉備は、正史では先祖の劉邦同様に

ヤクザまがいの不良息子でしたが仁義には厚いという紹介です。

 

そこで、三国志演義では事実上は弱く、曹操に勝てない劉備一行を

なんとか目立たせる為に様々なフィクションを織り交ぜています。

 

例えば、関羽が菫卓配下の猛将、華雄を斬った話は有名です。

 

あまりに強い華雄に対して怖気づいた半菫卓連合軍の中で、

義勇兵に過ぎない劉備の部下の関羽が、青龍刀を手にするや、

一撃で華雄を真っ二つにして首を持って帰りますが、

それが余りに早かったので酒はまだ冷めていなかった。




関羽に手柄を横取りされた孫堅パパ

孫堅017

 

これを機に関羽の名は高まり、劉備も一目置かれたというのですが

残念ながら、この話は演義の創作で正史の華雄は、

孫堅軍に捕えられ斬首されています。

 

そう実際は堅パパの手柄が演義では関羽に横取りされているのです。

可哀想な孫堅パパ、ただでさえ影が薄いのに、、

 

趙雲で有名なあのエピソードも・・・・もしや

超雲023

 

それから、趙雲のエピソードに長坂橋で劉備の息子、

阿斗(後の蜀帝劉禅)を守り、数十万の曹操軍の中をくぐり抜けて

劉備の元へ無事に帰還しますが、ここで阿斗の生母である縻夫人は

足でまといを恐れて井戸に身を投げています。

 

劉備は、趙雲から手渡された阿斗を地面に放り投げ、

※この時に頭を打って、劉禅は残念な君主にという噂もあり(嘘)

「お前のせいで大事な家来を失う所であった」と言って

趙雲を感激させますが、、、、

 

正史では、縻夫人も死なずに生き残り、趙雲は二人を救出しています。

趙雲スゲーという話ですが、夫人を連れて軍を突破できるとすると

演義のような壮絶な追撃は受けなかったのかも知れません。

 

そこで、縻夫人は死んだ事にして、趙雲を雲霞の如き曹操軍を

決死の働きで抜ける勇猛な将にしたのでしょう。

 

でも、そんな理由で死んだ事にされた縻夫人って一体、、

 

そして、演義の最大のフィクションは、諸葛孔明のソレです。

三顧の礼は正史にもあるのですが、

赤壁で、居並ぶ呉の諸臣を論破して孫権を曹操と戦うように

決心させたり、東南の風を吹かして魏の船を焼き尽くしたり

周瑜(しゅうゆ)が孔明の才能に嫉妬して殺そうとしたり、、

 

これらの孔明の偉大さを称える逸話は正史にはありません。

つまりは後世の人が付け足したフィクションなのです。

 

また、諺にもなった七縦七禽(しちじゅうしちきん)での

南蛮王孟獲を懐柔した話もフィクションです。

 

実際には北伐の間も南方の異民族の叛乱は起きていて、

北伐の妨げになっているのです。

 

そして、北伐では、司馬懿と孔明の戦いが描かれますが、

北伐で実際に蜀軍を喰い止めたのは、魏の曹真と張コウという

武将の力が大きかったのです。

 

しかし、それでは孔明のライバルである司馬懿が活躍できないので、

この両武将の手柄を司馬懿の手柄にしています。

 

こうして、図式上、司馬懿は、孔明に敗れて、

やっぱり一番凄いのは孔明という演義の基本ストーリーが完成するのです。

 

巧妙と言えば巧妙で、史実を踏まえつつ、手柄を改変するという方法で

三国志演義は、蜀びいきの勧善張悪のストーリーを造りあげているのです。

 

三国志演義 特徴のまとめ

劉備 関羽 張飛

 

ただ、間違えないで欲しいのは、これは歴史を捏造してやろうという

悪意から起きたのではなく、滅び去った劉備や孔明の境遇に

中国人が同情し、せめて物語では、、と彼等を活躍させた為に

自然に成立した物語なのです。

 

だからこそ、虚構が多いと分かっていても三国志演義ファンは

増える事はあれど減る事はないのです。

 

関連記事:三国志は2つある!正史と演義二つの三国志の違いとは?

関連記事:リアルな正史三国志の特徴って?ってか正史三国志は需要あるの?

関連記事:三国志の生みの親であり歴史家の矜持を悩ます歴史書編纂の裏事情




この記事を書いた人:

kawauso

HN:

kawauso

自己紹介:

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

 

この記事のデザインを担当した人:

yoriburin

HN:

よりぶりん

自己紹介:

イラスト担当のよりぶりんです!大好きな三国志を壊さないように、ゆるく描けたかな?と思います。

『はじめての三国志』と言えば、このイラスト!と思って頂けるようにゆるく頑張ります!

好きな歴史人物:

呂布、前田 慶次
何か一言:

やっぱり劉備軍が描きやすいけど、馬騰一族も捨てがたいなぁ~

関連記事

  1. 三国時代には「撃壌」という遊びが流行していた!?
  2. え!?周瑜って憤死してるの知ってた!?
  3. 若かりし劉備 チャライ★ 若い頃の劉備はチャラすぎ!劉備略年譜
  4. 六鞱(りくとう)とはどんな本?太公望が武王にマジギレ?
  5. 城銅雀台 平安京・平城京の原点は三国志の魏の都とされた鄴都だった!?
  6. 三国志では何故、最初に蜀が滅びたの?
  7. 解煩督 呉 【解煩督】呉にだっているぜ!解煩、敢死、無難、様々な特殊部隊
  8. コーエー三國志の李儒は何であんなにパラメーターが高いの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 幕末 西郷糸子
  2. 真田丸 武田信玄
  3. 劉備と曹操
  4. 呂布のラストウォー 呂布

おすすめ記事

  1. 春秋戦国時代初期の名軍師・范蠡の名言:狡兎死して走狗煮らる
  2. 4話:滅びゆく秦、そして中国に二人の巨星が現れる 項羽と劉邦
  3. 三国志時代の通信手段は何だったの?気になる三国時代の郵便事情 孟達からの手紙を開封する劉封
  4. 夏侯 惇(かこうとん)ってどんな人?曹操に最も近い男
  5. 四川の孔明史跡(成都武侯祠・剣門蜀道・明月峡・都江堰)を調査してみた【三国夢幻紀行 諸葛孔明篇1】
  6. 【魏の歴史事件簿】曹魏の4代皇帝曹髦の時代起きた事件をざっくりご紹介!? 皇帝に就任した曹丕

三國志雑学

  1. 兵士
  2. 蜀の姜維
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 龐統

おすすめ記事

孔明 東南の風 79話:曹操最大の失敗赤壁の戦い 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第13部(完) 三国夢幻演義 龍の少年 第1話「命の山」見逃し配信開始! 袁術が天下を獲るためにみんなで考えよう【第4回】 大政奉還した徳川慶喜 徳川慶喜の功績って一体何があるの!? チェストと叫ぶ西郷隆盛 西郷どんの師、赤山靱負(あかやまゆきえ)が切腹になるのは見せしめ? キングダム 518話 ネタバレ予想:王翦の秘策がついに明らかに・・ 異議ありと叫ぶ司馬懿 司馬懿の人柄は?計算高い策士だった?

おすすめ記事

  1. 【異聞】徐庶は劉備の人徳なんかどうでも良かった? 徐庶
  2. 【はじ三グッズ】可愛い郭嘉の手帳型スマホケース(iPhone/Android対応)発売開始
  3. 【閲覧注意】寄生虫が原因の症状が怖すぎる!寄生虫で死んだ陳登(ちんとう)はじさん臨終図巻
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース37記事【3/20〜3/26】
  5. 【春秋戦国時代の名言】俺は卑怯な真似はしない by 宋襄の仁
  6. 戦国策【趙策】人の支持を得て力を万倍とせよの巻
  7. 【真田丸】三谷幸喜ならやりかねない?実は生きていた真田信繁!!頴娃にある伝・真田墓に訪れてみた
  8. 【怪しげな宗教団体】どうして多くの民衆が太平道に参加したの?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP