ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
ながら三国志音声コンテンツ


はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

丞相、校尉、都督……? 三国時代の役職(官職)が分かりづらい!

曹操丞相えらいねんで!




曹操丞相えらいねんで!

 

三国志は今から1800年ほど前の、中国を舞台とする物語です。

当然のことですが、現代の日本とは行政の制度がまったく違いますし、官職の名称もほとんど聞きなれないものばかりです。

 

今回は三国志に登場する代表的な官職のいくつかについて紹介します。




三公と丞相

抜き出た曹操

 

後漢末から三国時代にかけて、中国王朝の官位の最高位にあったのが、太尉・司空・司徒の『三公』と呼ばれる役職です。

 

太尉は軍務を司り、朝廷に戦績を報告して賞罰を行う役職です。現代で言えば国防大臣にあたります。もともとは大司馬と呼ばれていましたが、改称されて太尉とされました。

司空は村落から首都の整備、城砦の建設に至る国家事業としての土木工事を司る役職でした。

現代日本で例えるなら国土交通大臣でしょうか。

 

司徒は民事全般を司り、通常、三公の首座とされていた役職です。

 

三公の上に非常設の役職として『丞相』が置かれることがありました。

丞相は君主になりかわり、国政の全てを司る最高執政官です。

 

日本史においては摂政に該当する役職です。

三国志では曹操諸葛孔明がこの役職についていましたね。

 

なお、曹操の息子である曹丕が興した魏では、丞相は『相国』と改称されています。




校尉

三国志 武具 軍備

 

『校尉』は、武官の役職で、軍団を率いる上級の指揮官を意味します。

また、城門校尉や歩兵校尉、司隷校尉といった高級武官の役職の多くに校尉という名称が用いられました。

現代の日本では軍隊の上級士官のことを「将校」と呼びますが、この名称に「校」の字が用いられているのはこの『校尉』という役職名の名残です。

 

 

都督

a76b0e8fecc83ff69cd37bf121a18df7_m

 

『都督』は三国時代に入ってから設けられた武官の役職で、地方軍の司令官のことです。

都督の多くは『刺史(州牧)』(州の長官)を兼任しており、いわば地方の最高権力者でみありました。

 

唐の時代、遣唐使として中国に渡り客死した阿倍仲麻呂が、その死後に大都督の官名を贈られています。

 

 

執金吾

漢王室 名門 袁

『執金吾』は宮廷の警護を司る武官の役職で、いわば衛兵隊長にあたります。

衛兵の隊長ですから非常に見た目の格好いい役職であったらしく、後漢王朝を開いた光武帝が若かりし頃『官職に就くなら執金吾になりたい。妻を娶るなら陰麗華(当時美人で有名だった女性)を娶りたい』と言う言葉を残したことでも知られています。

 

三国志では、董卓に反抗し呂布に殺された丁原が執金吾の職に就いていました。

 

関連記事:軍師ってどんな職業なの? <三国志豆知識>

関連記事:『三国志』人気を数字から考えてみる

関連記事:何から読めばいいの? 三国志入門向けの小説と漫画を紹介!!

関連記事:蜀滅亡・劉禅は本当に暗君だったのか?

関連記事:まるで蒟蒻問答?(こんにゃくもんどう) 孔明と張飛の知恵くらべ

 

耳で聞いて覚える三國志




よく読まれている記事

相国 董卓 ゆるキャラ

 

関連記事:【三国時代】英雄の地位はどの位?

 

後宮 美女 階級

 

よく読まれてる記事:後宮の美女達にも階級ってあるの?気になる~♪

 

 

孔明過労死

 

よく読まれてる記事:諸葛亮の死因は過労死らしいけど、一体どんな仕事してたの?

 

 

この記事を書いた人:石川克世

石川

 

自己紹介:

三国志にハマったのは、高校時代に吉川英治の小説を読んだことがきっかけでした。
最初のうちは蜀(特に関羽雲長)のファンでしたが、次第に曹操孟徳に入れ込むように。
三国志ばかりではなく、春秋戦国時代に興味を持って海音寺潮五郎の小説『孫子』を読んだり、
兵法書(『孫子』や『六韜』)や諸子百家(老荘の思想)などにも無節操に手を出しました。

 

関連記事

  1. 知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せない…
  2. 孫夫人と趙雲 趙雲の妻、孫夫人がお茶目すぎる!ほんのいたずらが夫を殺す羽目に!…
  3. 蜀の姜維 姜維が北伐をしなかったら、あるいは北伐を成功させていたら蜀漢は長…
  4. 黄巾の乱に巻き込まれる若し頃の程昱(ていいく) 儒者に騙されるな!黄巾の乱は義挙だった?
  5. 五斗米道(はじめての三国志) もうひとつの宗教団体、五斗米道(ごとべいどう)ってどんな宗教だっ…
  6. 曹植を暗殺しようとした曹丕を止める卞皇后 【曹操死す】卞皇后の一番辛くて長い日々
  7. 曹操は女性の敵なの?もじのみ 曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その4
  8. 兵戸制 曹操「なんでも上手に使えばいい!屯田制と兵戸制じゃ!」

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  2. 張飛の男気人生
  3. 呂布を心配する張楊(ちょうよう)
  4. 宦官VS外威 三国志
  5. 張松
  6. 袁家をイジメる董卓
  7. 賈逵(かき)
  8. 藏覇(臧覇)と曹丕

おすすめ記事

  1. 三国志とキングダムのそっくり武将は誰?|信と呂蒙
  2. 【シミルボン】意外に現代っ子?飽きっぽく思いつき行動が多い曹操 一人で逃げる曹操
  3. 西郷どんが奄美大島に行った理由は?西郷隆盛の妻・愛加那との出会い
  4. 劉禅は有能だった?それとも暗愚であったの?劉禅を今一度考察してみる 司馬昭の質問に回答する劉禅
  5. 【キングダム】羌瘣は戦死するの?それとも結婚?どんな最期を遂げるの? 羌瘣
  6. 司馬懿は仮病!もしも郭嘉が赤壁の戦いまで生きていたら? 郭嘉

三國志雑学

  1. まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札
  2. 曹操 孔明をチェック
  3. 司馬懿と曹叡
  4. 楊彪を司空に任命させる董卓
  5. 五斗米道(はじめての三国志)


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 弩(ど)を発射させる蜀兵士達
  2. 孔明VS曹操
  3. 城 銅雀台
  4. ヨイショをする曹操
  5. 反対する賈充

おすすめ記事

落書きをする宋江(水滸伝の主人公) 宋江ってどんな人?水滸伝の主人公であり中途半端ヤ〇ザの微妙な最期 孟達からの手紙を開封する劉封 三国志時代の通信手段は何だったの?気になる三国時代の郵便事情 呉にもラストサムライが存在した!孫呉の最後を飾った張悌に迫る! 敗北する馬岱 馬岱の二の舞はごめん!やばい上司から身を守る方法 名推理!三国志時代にも名裁判官が存在した!? 挑発する諸葛亮孔明 愛されすぎてことわざになった人・諸葛亮(しょかつりょう)編 明智光秀と煕子(麒麟がくる) 明智光秀の生まれは美濃の国?出身地など生まれた場所など解説 日本戦国時代の鎧 これはヒドイ!戦国時代のサバイバル雑兵物語

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"
PAGE TOP