架空戦記
北伐

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

32話:ブチ切れる献帝、曹操暗殺を指示

この記事の所要時間: 244




抜き出た曹操

 

曹操(そうそう)によって、地獄絵図のような長安から逃げおおせた

献帝(けんてい)ですが、彼の気持ちは全く晴れませんでした。

 

それはそうでしょう、菫卓(とうたく)に保護された頃には少年だった

献帝(けんてい)も今では立派な青年に成長していたのです。

 

もう自分の権威というものを充分に意識し、自らの手で政治を行いたい

そういう気持ちが芽生えても不思議はありません。

 

が、、、混乱の世の中は彼の望みを叶えられるようには動きません。

 

前回記事:31話:献帝を手にいれて、群雄から抜きん出た曹操




献帝の苦悩

怒る 献帝

 

菫卓(とうたく)に好き放題され、それが終われば李傕(りかく)・

郭汜(かくし)が更に酷い政治をし

それから逃れたと思えば、今度は曹操(そうそう)が、

権威を利用して自分の思うがままの政治をしている、、

 

ここで献帝(けんてい)はブチ切れてしまいます、、

献帝(けんてい)の最初で最後の反抗期が爆発してしまうのです。

 

「朕(ちん)を蔑ろにする曹操を暗殺してしまえ!!」

 

献帝(けんてい)は、側近の菫承(とうしょう)に

曹操(そうそう)を暗殺するように命じるのです。

 

菫承(とうしょう)は、この計画を馬騰(ばとう)や、

この頃に曹操(そうそう)の客だった劉備(りゅうび)に持ち掛けて

賛同を得て行きます。




曹操暗殺計画の作戦内容

華陀

 

さて肝心の暗殺計画ですが、これが意外なほどにシンプル、、

曹操(そうそう)の主治医を説き伏せて、曹操(そうそう)

が飲んでいる薬湯に毒を放り込んで殺すというものです。

 

曹操(そうそう)の主治医も、菫承(とうしょう)の計画に賛同して、

これで、計画は上手く行くかと思いきや、

とんでもない落とし穴が待っていました。

 

菫承(とうしょう)の使用人が曹操(そうそう)に暗殺計画をゲロしちゃったのです。

それも、この使用人、菫承(とうしょう)の愛人と密かに肉体関係を持っていて、

それが菫承(とうしょう)にバレて、酷く鞭で打たれたのを恨んでの密告という

 

なんともまぁ、昼の連ドラのようなドロドロしたお間抜けぶり、、

 

密告を知った曹操

裏切りは許さぬ 曹操

 

もちろん、密告を知った曹操(そうそう)は激怒します。

 

「おのれ、クソガキ、俺が保護してやらなければ

飢え死にしていたものを拾ってやった恩も忘れおってェ!!」

 

曹操(そうそう)は、即座に菫承(とうしょう)を逮捕して殺害し、

事件に関与した人間も容赦なく殺害しました。

 

幸いに劉備(りゅうび)は、計画が漏れた頃には袁術(えんじゅつ)を

討伐に向かっていて、その場に居なかったので難を逃れましたが、

以後は、曹操(そうそう)に執拗に生命を狙われる身の上になります。

 

もちろん、曹操(そうそう)が暗殺計画の加担者達を厳しく処断したのは

自分の生命が狙われたからでもあります。

 

曹操の狙い

現実主義曹操

 

しかし、それ以上に「自分に逆らえばどうなるか?」

という事を献帝(けんてい)に思い知らせようという意図が強いものでした。

 

事実、これ以降、献帝(けんてい)はすっかり曹操(そうそう)に怯えてしまい、

都合の良い操り人形の人生を生きる事になってしまうからです。

 

それにしても、自分の使用人に愛人を寝とられ、

それを処罰して恨まれて暗殺計画が露見するとは、、

菫承(とうしょう)の人間性というか、その粗雑さが現れています。

 

献帝(けんてい)にもう少し人を見る目があったら、

計画は上手く行ったかも知れないのにねぇ、、

 

耳で聞いて覚える三国志

 

次回記事:33話:度重なる幸運にハングリーさを失う曹操




よく読まれている記事

曹操頭痛

 

よく読まれている記事:頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹操の見た幻覚の原因は何だったの?

 

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 元祖そこまで言って委員会!孔融と禰衡の議論がカオス
  2. 曹操の求賢令が年々過激になっていて爆笑
  3. 【キングダム533話】キングダム休載の理由を考える
  4. 飛信隊はどのような構成だったの?史実をもとに強さも考察
  5. 三国志偏差値を一気に上昇させる!マニアックなコアファン向け参考文…
  6. 関帝廟のご利益ってなに?神様の名前は「関聖帝君」
  7. 人材を使いこなす事で天下を取った劉邦
  8. どうして魏は最強なのに、天下を統一できなかったの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 戦う思想家集団 墨家(ぼくか)とは何者?
  2. 徐宣(じょせん)とはどんな人?魏の三代に仕えて歴代の君主に褒められた忠義心の塊
  3. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第8部
  4. 賈逵(かき)ってどんな人?地味で目立たないが、居ないと困る魏の将軍
  5. ブサメン軍師、龐統(ほう統)|鳳雛と呼ばれたホウ統
  6. 諸葛亮孔明の軍事能力は実際に優れていたの?前編

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

狼中年劉備、もっともらしい事を言って孫権を欺く 80話:曹操の命乞いで関羽が曹操を逃がす 【週刊文春も驚き】後漢時代のメディア事情はどうなっていた?後漢時代の立て札・扁(へん) 衝撃!高平陵の変の黒幕は司馬師だった! 【官渡決戦間近】曹操軍の陣中で慎重論と積極論を進言をしていた代表者達 夏候惇の父親としての評価はどうだったの? 【王平の戦いが凄い】文字は10個しか知らないけれど軍事において抜群の才能を示した戦い 天才軍師・黒田官兵衛の最後の戦いまで神ってる

おすすめ記事

  1. はじめての三国志 好きな武将アンケート
  2. 劉備は何で蜀を建国しようと思ったの?三国志演義で人気を占める蜀の秘密に迫る
  3. 孫権は何であれほど合肥城を狙い続けたの?理由をわかりやすく解説(後半)
  4. 【燕の名将・楽毅の名言】古の君子は交わりを断つとも悪声を出さず
  5. 【大三国志 攻略1】ついに始まった中国韓国で大ヒットしている戦略RPGの三国志
  6. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第20話 「罪と罰」の見どころ紹介
  7. これはみみっちい・・実は手紙をガン見していた曹操の逸話
  8. 邪馬台国ってどんな国だったの?まさに神っていた邪馬台国

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP