英雄の死因
英雄の墓特集




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

軍師ってどんな職業なの? <三国志豆知識>

孔明 軍師




孔明 軍師

 

正史三国志三国志演義を読んでいると、『軍師』と呼ばれる人物がしばしば登場します。

劉備玄徳に仕えた諸葛孔明や、曹操に仕えた荀彧などが特に有名ですよね。

 

軍師』とは一体どのような仕事をする人のことだったのでしょうか?




実はアジア特有の職業であった軍師

㈱三国志

 

軍師とは、軍の中にあって君主や将軍の戦略・戦術の指揮を補佐する役割を担う存在です。

中国や日本など、東洋にあっては古来より軍師、あるいは軍師的役割を担う者が見られますが、

西洋においては近代以降、軍に参謀制度が置かれるようになるまで存在していませんでした。

 

三国志演義などを読むと、軍師の多くは君主からも『先生』と呼ばれ、時に君主よりも上位の存在として厚遇されることもあります。

ただ、西洋の軍制度における参謀と違って、軍師と呼ばれる者の多くは軍内部にとどまらず、政治や経済に関する権限を持っていました。

軍師とは、軍事に限らず国政全体の指導、アドバイを行う存在だったのです。

 

東洋において軍師が尊重されるべき存在とされたのには、師匠(教える側)が弟子(教わる側)よりも常に上位に立つという、儒教的な価値観の影響が強かったからと言えます。

軍師は時に君主の上に立つ師匠として、特別視されていたのです。

 

関連記事:三国時代の経済ってどうなってたの?

関連記事:後漢末の貨幣経済を破綻させた、董卓の五銖銭(ごしゅせん)

関連記事:三国志時代の兵士の給料と戦死した場合、遺族はどうなってたの?




中国初? の軍師、太公望呂尚

三国志 蜀

 

三国志の時代よりも1000年以上も前、春秋時代と呼ばれる時期に活躍したとされる軍師が呂尚です。

当時の大国であった周の文王に招かれて軍師となり、後に斉という国の始祖となります。

 

呂尚の名を有名にしているのが、周の文王に仕えることになった経緯に関するエピソードです。

 

呂尚を有名にしたストーリー

太公望 釣り

 

ある時、狩りに出かけようとしていた文王は、占い師に狩りの結果を占わせます。

すると占い師は『獲物ではなく、人材を得るでしょう』と告げました。

 

狩りに出た文王は渭水(黄河の支流)に釣り糸を垂れる、落ちぶれた様子の男と出会います。

文王が声をかけてみると、男はその身なりに似合わず弁舌に冴え、

彼と話し込んですっかりその才能に魅せられた文王は、『これこそ大公(文王の祖父)が望んでいた人物だ』と言い、

そのまま自らの馬車に乗せ、城に連れ帰りました。

 

この男こそが呂尚だったのです。

 

呂尚が文王と出会った時に釣りをしていたことから、日本では『太公望=釣り好き』のイメージが定着していますね。

 

関連記事:びっくりするような遅咲き!天下の賢者 太公望

関連記事:中国史上、最大の軍師は誰なのか?孔明か?司馬懿か?

 

軍師集団を構成した曹操

現実主義曹操

 

後漢末から三国時代に入ると、軍師は正規の役職として置かれるようになります。ことに軍師を重用したことで知られているのが魏の曹操孟徳です。

 

曹操は人材収集に熱心であったことでも知られていますが、彼は配下に集めた知恵者たちを軍師に任命、参謀集団として政治や軍事に携わらせました。

その参謀集団の中でも特に重用されたのが、かの荀彧の親類にあたる人物、荀攸でした。

 

彼は曹操によって軍師の筆頭に序せられ、軍事から法制に至る国政に関わるすべての事柄について、決定権を委ねられたともいわれています。

 

また、曹操は役職としての軍師に並び、新たに軍師祭酒と呼ばれる官職を創設しています。

 

関連記事:曹操孟徳と織田信長の共通点!あなたはいくつ当てはまる?

関連記事:三国一のヨイショ男、曹操の部下の褒め方が半端ない

関連記事:これはひどい。曹操の短歌行にパクリ疑惑が!?

 

軍師祭酒って何?

賈詡

 

軍師祭酒はより制度化された専業としての参謀官職であるとされ、郭嘉陳琳といった名だたる人物がこの職に序せられています。

人材を尊びながらも官僚組織としてより合理化された参謀集団を創り上げる……曹操の合理的な一面がここにも垣間見えていると言えるでしょう。

 

関連記事:【三国時代】英雄の地位はどの位?

関連記事:丞相、校尉、都督……? 三国時代の役職(官職)が分かりづらい!

 

長くは続かなかった参謀集団

孔明 司馬懿 陸遜

 

しかし、参謀集団としての軍師制度も、彼の死後に曹丕が皇帝の地位に即位して魏が成立すると、その役割は変化します。

彼らは都督(方面軍の最高司令官に当たる役職)の監視役としての役割を与えられ、各地へと赴任し、曹操によって創設された参謀集団は解散、その役割を終えたのでした。

 

 

関連記事:孔明とは頭脳以外全て正反対、龐統士元

関連記事:偽撃転殺の計VS虚誘掩殺の計

関連記事:『鳳雛』と呼ばれたブサメン軍師、龐統

関連記事:三国志マイナー?武将列伝・軍師『法正』

 

耳で聞いて覚える三國志




こちらの記事もよく読まれています

孔明過労死

 

よく読まれてる記事:諸葛亮の死因は過労死らしいけど、一体どんな仕事してたの?

 

管仲(衣食なして礼節を知る)

 

よく読まれてる記事:諸葛孔明が目指した軍師・管仲は、結構性格が悪い

 

孔明 出師

 

よく読まれてる記事:諸葛亮の出師の表って、一体何が書いてあるの?

 

 

この記事を書いた人:石川克世

石川

 

自己紹介:

三国志にハマったのは、高校時代に吉川英治の小説を読んだことがきっかけでした。
最初のうちは蜀(特に関羽雲長)のファンでしたが、次第に曹操孟徳に入れ込むように。
三国志ばかりではなく、春秋戦国時代に興味を持って海音寺潮五郎の小説『孫子』を読んだり、
兵法書(『孫子』や『六韜』)や諸子百家(老荘の思想)などにも無節操に手を出しました。

 

関連記事

  1. 孫権の本拠地である建業は始皇帝の嫉妬によって街の名前が変わった?…
  2. 徐庶の初陣 60話:徐庶、劉備軍の軍師として曹操と対峙する!
  3. 蜀のブサメン軍師、龐統は魯粛のスパイだった?劉備と龐統、仮面主従…
  4. 苛ついている曹操 楊修の死因とは?曹操に恨まれた優秀な男の最期を分かりやすく解説
  5. 西遊記 【誕生秘話】西遊記は実話だった!?一人の僧侶の苦難の旅を記した記…
  6. 夷陵の戦いで負ける劉備 【新事実】夷陵の敗戦は荊州出身者への忖度の結果だった!
  7. 三国志と日本史の『名城対決』真田丸と陳倉城が激アツすぎる!
  8. 三国志 Three kingdomsの諸葛亮がイケメンすぎる!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 明智光秀 麒麟がくる
  2. 曹丕
  3. 鎌倉時代の侍
  4. 始皇帝(キングダム)
  5. 桂小五郎(木戸孝允)

おすすめ記事

  1. 全中が泣いた!益州のボス・劉璋の最後は実に感動的だった! 劉備に降伏する劉璋
  2. 羅憲(らけん)とはどんな人?蜀のラストサムライ!奇跡の逆転勝利で蜀の意地を見せる 羅憲
  3. 【典韋vs許褚】曹操護衛隊隊長のナンバーワン決定戦!! 銅雀台の建造記念パーティーを行う曹操
  4. くまモンだけじゃない!三国志の時代にもあった着ぐるみ
  5. 月刊はじめての三国志2017年10月号 (桃園出版 三国舎)の販売を開始しました
  6. 【有料記事】古代中国で大火事その意外な消火方法とは?

三國志雑学

  1. 蜀の魏延
  2. 魏曹操と魏軍と呉軍
  3. 劉備 髀肉の嘆 ゆるキャラ
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 篤姫
  2. 袁術と呂布

おすすめ記事

【韓信独立戦記】韓信がもし独立したら歴史はこうなったかも!?【前半】 【キングダムの登場人物の子孫達】東晋時代の王賁の子孫の政治手腕と軍事手腕がヤバイ! まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札 三国時代、魏・蜀・呉はそれぞれどんな経済政策を打ち立てたのか? 曹操は最初から荀彧を遠ざけていた!?原因は強烈なニオイ 日本戦国時代の鎧 これはヒドイ!戦国時代のサバイバル雑兵物語 事前登録キャンペーン中の『三国志ダイス』が、登録数10万人を突破。報酬内容が確定し、リツイートキャンペーンも実施中! 袁術と孫策 孫策を自分の息子にしたいと思っていた袁術 【有料記事】董卓が長安に遷都したのは韓遂のせいだった?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP