曹操孟徳特集
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

三国時代のファッションはどんなのだったの?

この記事の所要時間: 144




大喬 小喬 三国志当時のファッションとは!

 

三国志』は戦乱の時代を駆け抜けた武将たちの物語です。

やはり勇猛な武将たちの魅力的な生き様や、機知にとんだ戦いの面白さに

目がいきますが、今回は視点を変え、

当時の服装事情について調べてみたいと思います。




皇帝の衣装

献帝 恩賜の御衣

 

漢には、春・夏・季夏・秋・冬という5つの季節がありました。

皇帝は季節により指定された色の服を着ていました。

 

・春 →青

・夏 →赤

・季夏→黄

・秋 →白

・冬 →黒

 

……年中赤い色にこだわって同じ色ばかりを着ていたのは曹操くらいです。

ちなみに、赤い靴は皇帝陛下と特権階級の人しか履くことが許されていませんでした。

 

皇帝が頭にのせている前後にすだれが付いた帽子のことを、

「冕」(べん)といいます。

ちなみにあのすだれは「旒」(たれ)といい、皇帝は12個と数が決まっています。



臣下たちの朝議の衣装

宦官 ゆるキャラ 後漢

 

皇帝や三公など身分の高い人たちの衣装は厳密に制定されており、

身分の低い者たちはそれほどきちんとしたきまりはなかったようです。

 

この辺は身分が低いものほどきっちり正装をしなければならなかった

日本の平安時代とは逆ですね。

 

上半身は上衣といって、上は黒く下は赤くしました。

下半身には下裳をつけます。前掛けエプロンのようなイメージです。

そこには「十二章」の刺繍を施していいとされていました。

 

ちなみに十二章とは以下の通りです。

 

・日

・月

・星辰 →星座のことです

・山

・龍

・華蟲 →雉のことです

・宗彝(そうい) →古代の酒器などの礼器のことです

・藻

・火

・粉米 →白米を並べて花の形にしたものです

・黼(ふ) →斧のことです

・黻(ふつ) →二つの弓が背を向けて並んでいる形のものです

 

衣装の素材は絹で出来ていました。

庶民が来ていた服は、麻が一般的でした。

 

 

頭には被り物

黄巾装着

 

宮廷では冠や冕をつけるのが主流でしたが、

一般的には巾(きん)といった布をかぶりました。

この巾、かなりおしゃれのバロメータだったようで、

みなこぞって斬新なスタイルを考えだしたり工夫をしていました。

 

有名なところでは、

まず巾といえば思い出すのは黄巾軍ですね。

彼らは仲間のしるしとしてみな一様に黄色に染めた巾を被っていました。

 

袁紹は絹の巾がとてもお気に入りでした。

高官になっても冠や冕などより絹の巾を被り続けたそうです。

 

曹操などは皮の冠を作り、「皮弁」(ひべん)といって

新しいファッションを提唱したりもしました。

 

剣は忘れずに!

曹丕 曹植

 

外出時には必ず左側に佩剣というのが一般的でした。

特に朝議のときなどはこれを忘れた場合、恥ずかしい思いをするので

借りてでも剣を帯びました。

名札を忘れた小学生のような感じでしょうか。

 

しかしながら、皇帝の前では剣を帯びることは厳禁です。

皇帝陛下のもとに上がるときには、靴も脱ぎました。

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—




この記事を書いた人:東方明珠

東方明珠 三国志

こんにちは。とうほう めいしゅです。

中国は上海の雰囲気が好きなので、テレビ塔の「トンファンミンジュ」を名乗っています。

もともと『水滸伝』の大ファンで、『三国志』に興味を持ったのは、アーケードゲーム「三国志大戦」がきっかけです。

当時はゲームセンターに通いつめました!

まだまだ中国史について勉強中ですが、精いっぱい面白いことを探してお伝えしたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 口は災いの元だと痛感できる廖立(りょうりつ)のエピソード
  2. 【政界の怪物】田中角栄が日本に残した功績って何?
  3. 【架空戦記】時空を超えた対決!韓信VS 諸葛亮孔明の一本勝負
  4. 武経七書(ぶけいしちしょ)って何? 兵家を代表する七つの書物
  5. 11話:パンドラの箱を開けた漢王朝
  6. 【孔明の戦術】戦いには旗が決め手!諸葛亮のフラッグフォーメーショ…
  7. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第11部
  8. 成り上がり?ネズミが李斯の運命を変えた!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【キングダム】趙の悼襄王(とうじょうおう)って本当にヤバイ人なの?
  2. 徐栄(じょえい)とはどんな人?曹操と孫堅を破った董卓軍の隠れた名将
  3. びっくりするような遅咲き!天下の賢者 太公望
  4. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十一話「さらば愛しき人よ」の見どころ紹介
  5. 三国志時代の兵士の給料と戦死した場合、遺族はどうなってたの?
  6. はじめての三国志 好きな武将アンケート 投票結果

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

13話:霊帝の後継者争い、劉協と劉弁、二人の皇子を巡り蹇碵と何進は争う 見た目で比較してもいいですか?曹操とナポレオン 【獄卒の偉さを思い知った宰相】漢の功臣・周勃の名言とは? 三国時代の料理と酒って何を食べてたの?英雄たちの宴が気になる 【出身州別】三国志キャラの性格診断 第三回:青州(せいしゅう)、涼州(りょうしゅう)、并州(へいしゅう)編 武神と恐れられていた関羽は結婚していたの? 曹操と孫権の合肥を巡る戦いが何度も行われていた Part2 まだまだあるよ!諸子百家シリーズ 陰陽家・農家・小説家

おすすめ記事

  1. 左慈(さじ)の秒速デリバリー!三国志も鮮度が命
  2. kawauso編集長のぼやきVol.1「情報受け身社会」
  3. 丁奉(ていほう)ってどんな人?呉の混乱期において、呉を支えた重臣
  4. 【三国志で例えるよ】初心者でも『エドワード黒太子』が分かる。西洋史の基礎&豆知識!
  5. 東京国立博物館の特別展「始皇帝と大兵馬俑」を楽しむ!秦の時代の武器(兵器)を徹底紹介!
  6. 【意外】古代中国では犬や山猫が鼠を捕っていた?
  7. 三国志の時代にも裁判はあったの?実はかなりリーガルハイな感じだった
  8. 甘寧の子孫はその後どうなったの?呂蒙の地位にも劣らぬ大出世した子孫たち

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP