曹昂すぺしゃる「丁夫人と曹昂」

2016年3月15日


監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【無料告知希望の皆様へ】 はじめての三国志無料告知希望



 
曹昂

 

なんて卑屈な子供かしら。

ひとのご機嫌をうかがって

へりくだるばかりの、いやな子。

はじめはそう思っていた。

 

目の前で、裏が透けて見えるほど薄い羅紗が開かれた。

白木と香柏(ひのき)を組んで作られた中ぶり寝台が現れ、

片隅に伏せっていた女性が面を上げる。

 

「母上、丁(てい)夫人がお越しくださいました」

 

幼い男児がたどたどしい声で告げると、

弱った女性の声がする。

 

「丁さま、このようなところへ

足をお運びいただき、本当に申し訳ございません」

 

乱れた黒髪は、つやもなく、

一本のかんざしさえ挿せないほど、細っている。

それは、病によってかつての美貌を嘘のように失った

劉(りゅう)夫人だった。

 

 

ともすれば折れてしまいそうに痩せた腕を

彼女の生んだ子供、曹昂(そうこう)が支えて起こす。

 

「おまえも、丁さまにご挨拶なさい。

きちんと、教えたとおりに礼を尽くすのですよ」

 

曹昂は母の言葉を受けて

背筋を伸ばし、わたくしに向かった。

幼いながらも

かつての劉夫人が誇った艶やかな美貌と

孟徳さまの怜悧な眼差しを受け継いだ

見目麗しい姿をしている。

 

曹昂は膝を折り、床にひれ伏すと

凛とした声で言う。

 

曹昂

 

「母上さま。

曹昂子脩(ししゅう)、誠心誠意

父母の孝をつくします。

どうかよろしくお願い申し上げます」

 

「丁さま、私からも重ねてお願いします。

子供たちを、どうか、どうか

よろしくご指導くださいませ」

 

くだらない茶番だった。

世間一般的に、継母と継子がうまくいくはずがない。

 

ましてわたくしは

孟徳さまにのぞまれ、嫁いでから何年も過ごしているというのに

子供ができない身。

 

わたくしの目の前で、

立て続けに三人もの子を産み落としたこの控えめな女性と、

腹を割って話したことなど、これまでなかったのだから。

 

でも、彼女の臨終のときに

そんな言葉を投げつけるほど

わたくしも冷たい女ではないつもりだった。

 

頭を下げる劉夫人と曹昂の母子を見て、

わたくしは浮かべ慣れた作り笑いを顔に貼りつけた。

 

「劉さま、あとのことは

すべてこの丁にお任せください。

子脩殿、なさぬ仲ではありますが、

どうか遠慮なくわたくしを頼ってくださいね」

 

安心したように顔をゆがませ息をつく劉夫人と

緊張したままこわばった顔をしていた曹昂は

とても対照的に見えた。

 

その数日後、

劉夫人は静かに息を引き取った。

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

はじめての三国志

「ゆるく、たのしく、わかりやすく」をコンセプトにした 歴史エンタメメディアです。
(®登録商標:第5800679号)

-はじめての変, 執筆者:東方明珠
-, ,