キングダム
黄巾賊




はじめての三国志

menu

はじめての変

曹昂すぺしゃる「丁夫人と曹昂」

この記事の所要時間: 937





曹昴

 

なんて卑屈な子供かしら。

ひとのご機嫌をうかがって

へりくだるばかりの、いやな子。

はじめはそう思っていた。

 

目の前で、裏が透けて見えるほど薄い羅紗が開かれた。

白木と香柏(ひのき)を組んで作られた中ぶり寝台が現れ、

片隅に伏せっていた女性が面を上げる。

 

「母上、丁(てい)夫人がお越しくださいました」

 

幼い男児がたどたどしい声で告げると、

弱った女性の声がする。

 

「丁さま、このようなところへ

足をお運びいただき、本当に申し訳ございません」

 

乱れた黒髪は、つやもなく、

一本のかんざしさえ挿せないほど、細っている。

それは、病によってかつての美貌を嘘のように失った

劉(りゅう)夫人だった。




 

ともすれば折れてしまいそうに痩せた腕を

彼女の生んだ子供、曹昂(そうこう)が支えて起こす。

 

「おまえも、丁さまにご挨拶なさい。

きちんと、教えたとおりに礼を尽くすのですよ」

 

曹昂は母の言葉を受けて

背筋を伸ばし、わたくしに向かった。

幼いながらも

かつての劉夫人が誇った艶やかな美貌と

孟徳さまの怜悧な眼差しを受け継いだ

見目麗しい姿をしている。

 

曹昂は膝を折り、床にひれ伏すと

凛とした声で言う。

 

曹昴

 

「母上さま。

曹昂子脩(ししゅう)、誠心誠意

父母の孝をつくします。

どうかよろしくお願い申し上げます」

 

「丁さま、私からも重ねてお願いします。

子供たちを、どうか、どうか

よろしくご指導くださいませ」

 

くだらない茶番だった。

世間一般的に、継母と継子がうまくいくはずがない。

 

ましてわたくしは

孟徳さまにのぞまれ、嫁いでから何年も過ごしているというのに

子供ができない身。

 

わたくしの目の前で、

立て続けに三人もの子を産み落としたこの控えめな女性と、

腹を割って話したことなど、これまでなかったのだから。

 

でも、彼女の臨終のときに

そんな言葉を投げつけるほど

わたくしも冷たい女ではないつもりだった。

 

頭を下げる劉夫人と曹昂の母子を見て、

わたくしは浮かべ慣れた作り笑いを顔に貼りつけた。

 

「劉さま、あとのことは

すべてこの丁にお任せください。

子脩殿、なさぬ仲ではありますが、

どうか遠慮なくわたくしを頼ってくださいね」

 

安心したように顔をゆがませ息をつく劉夫人と

緊張したままこわばった顔をしていた曹昂は

とても対照的に見えた。

 

その数日後、

劉夫人は静かに息を引き取った。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2 3 4 5

関連記事

  1. 【はじめての孫子】第6回:勝つために最も大切なことは智謀でも勇気…
  2. 【占いで見る三国志】曹魏が倒れることが曹叡の時代に予言されていた…
  3. さよなら戦国BASARA!イケメン真田幸村の不細工伝説
  4. 理屈は確かにそうだけど・・中2病的な袁術の皇帝即位の理由とは?
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース43記事【3/13〜3/1…
  6. 許褚はどんな顔をしていたの?三国志のそもそも論
  7. 秦の始皇帝ってどんな人だったの?晩年期編
  8. 【名将対決】雷神と恐れられた名将立花道雪VS呉の名将陸遜 Par…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 中華十弓は実在したの?仁淡兄弟は中華十弓に入れるの?
  2. 34話:女好きの英雄曹操、危機一髪の大失敗
  3. 三国時代の料理と酒って何を食べてたの?英雄たちの宴が気になる
  4. 曹昂すぺしゃる「丁夫人と曹昂」
  5. 【キングダム】趙の慶舎(けいしゃ)は実在したの?史実を元に真実の姿を解説
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース30記事【6/12〜6/19】

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

129話:死せる孔明生ける仲達を走らす 羅憲(らけん)とはどんな人?蜀のラストサムライ!奇跡の逆転勝利で蜀の意地を見せる 曹操を好きになってはいけない6つの理由 【保存版】これだけ見れば万事OK!アニメ版「三国志」7選 隠れた劉備盛り満載!巧妙な正史三国志 韓遂(かんすい)とはどんな人?生涯の大半を反乱にささげた不屈の反骨心【後半】 曹操「なんでも上手に使えばいい!屯田制と兵戸制じゃ!」 【はじめての君主論】第3話:君主に必要とされる力量とは?光武帝と劉禅の違い

おすすめ記事

  1. 親族からは嫌われていた?劉備に親族の配下がいない理由とは?
  2. 要離(ようり)とはどんな人?呉王・闔廬の為に身命をとした刺客
  3. 孔明と一緒に蜀の政権を支えた熟考型の人材ってどんな人?
  4. 馬超が曹操に仕えていたらどうなったの?馬超vs関羽の軍事衝突の可能性も!
  5. 【お知らせ】はじめての三国志が電子書籍レベール「桃園出版 三国舎」を設立
  6. 呂布は知将?呂布の知略によって袁術軍はフルボッコにされていた
  7. 【李傕・郭汜祭り 5日目】董卓の仇も討てず、気弱な李傕郭汜の上司 牛輔(ぎゅうほ)
  8. 【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特別企画!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP