曹昂すぺしゃる「丁夫人と曹昂」





曹昂

 

なんて卑屈な子供かしら。

ひとのご機嫌をうかがって

へりくだるばかりの、いやな子。

はじめはそう思っていた。

 

目の前で、裏が透けて見えるほど薄い羅紗が開かれた。

白木と香柏(ひのき)を組んで作られた中ぶり寝台が現れ、

片隅に伏せっていた女性が面を上げる。

 

「母上、丁(てい)夫人がお越しくださいました」

 

幼い男児がたどたどしい声で告げると、

弱った女性の声がする。

 

「丁さま、このようなところへ

足をお運びいただき、本当に申し訳ございません」

 

乱れた黒髪は、つやもなく、

一本のかんざしさえ挿せないほど、細っている。

それは、病によってかつての美貌を嘘のように失った

劉(りゅう)夫人だった。




 

ともすれば折れてしまいそうに痩せた腕を

彼女の生んだ子供、曹昂(そうこう)が支えて起こす。

 

「おまえも、丁さまにご挨拶なさい。

きちんと、教えたとおりに礼を尽くすのですよ」

 

曹昂は母の言葉を受けて

背筋を伸ばし、わたくしに向かった。

幼いながらも

かつての劉夫人が誇った艶やかな美貌と

孟徳さまの怜悧な眼差しを受け継いだ

見目麗しい姿をしている。

 

曹昂は膝を折り、床にひれ伏すと

凛とした声で言う。

 

曹昂

 

「母上さま。

曹昂子脩(ししゅう)、誠心誠意

父母の孝をつくします。

どうかよろしくお願い申し上げます」

 

「丁さま、私からも重ねてお願いします。

子供たちを、どうか、どうか

よろしくご指導くださいませ」

 

くだらない茶番だった。

世間一般的に、継母と継子がうまくいくはずがない。

 

ましてわたくしは

孟徳さまにのぞまれ、嫁いでから何年も過ごしているというのに

子供ができない身。

 

わたくしの目の前で、

立て続けに三人もの子を産み落としたこの控えめな女性と、

腹を割って話したことなど、これまでなかったのだから。

 

でも、彼女の臨終のときに

そんな言葉を投げつけるほど

わたくしも冷たい女ではないつもりだった。

 

頭を下げる劉夫人と曹昂の母子を見て、

わたくしは浮かべ慣れた作り笑いを顔に貼りつけた。

 

「劉さま、あとのことは

すべてこの丁にお任せください。

子脩殿、なさぬ仲ではありますが、

どうか遠慮なくわたくしを頼ってくださいね」

 

安心したように顔をゆがませ息をつく劉夫人と

緊張したままこわばった顔をしていた曹昂は

とても対照的に見えた。

 

その数日後、

劉夫人は静かに息を引き取った。

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2 3 4 5>

関連記事

  1. 孔明 郭嘉 周瑜
  2. 孟達に猛烈なラブコールを送る曹丕
  3. 鮮卑賊

    はじめての変

    三国志に出てくる鮮卑族ってどんな民族?

    三国志演義には、様々な異民族が登場します、…

  4. 曹丕にバカにされて嫌な気分な王忠
  5. 黄月英

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP