病気の呂蒙を穴から見守る孫権

呂蒙

呂蒙(りょもう)、字は子明(しめい)

汝南(じょなん)郡出身の呉の武将について、語りたいと思います。

 

「呉下の阿蒙(あもう)にあらず」

(昔のまま進歩していない人間ではない、という意味)

 

「士(し)別れて三日、即ち更に刮目(かつもく)して相待すべし」

(日々鍛錬していれば、三日もすれば人がかわったように進歩するから

先入観で人を見るな、という意味)

 

といった言いまわしでよく知られている人物です。

 

関連記事: 三国志とキングダムのそっくり武将は誰?|信と呂蒙

 

[adsense]
 

武闘派で知略派で病弱

甘寧 呂蒙 凌統

 

惜しい……!

 

ここにあと、「イケメン」というステータスが加わったら、

呂蒙は確実にあらゆる創作物においてヒーロー役をあてがわれたことでしょう!

 

すみません。話を戻します。

 

呂蒙は少年の頃、姉の旦那さんが戦いに行くのにこっそりついていき、

帰って来てからお母さんにしかられたというエピソードがあります。

 

そのとき呂蒙はこう答えました。

「虎穴に入らずんば虎子を得ずと言うではありませんか。

 僕はいつまでも、こんな貧乏暮らしをしたくない」

 

そんな非凡な才能を、孫策(そんさく)に評価され、

呉の武将として名を連ねることになります。

 

孫策の死後、呂蒙は頭角を現す

孫策の人生に一辺の悔い無し

 

その後、孫策の死により、当主が孫権(そんけん)に変わってから、

呂蒙は徐々に頭角を現していきます。

 

210年、孫権の片腕ともいえる周瑜(しゅうゆ)が死亡し、

魯粛(ろしゅく)が後任となりました。

 

関連記事:孫策、後事を孫権に託して病没する

関連記事:たった26年の生涯を駆け抜けた小覇王・孫策

関連記事:孫策、旧勢力に恨まれ無念の死を遂げる

 

頭がよくないので孫権に「勉強しろ」と言われる

遅れて来た孫権 英雄

 

その頃の呂蒙は、武将としての名は知られていましたが、

頭の方はあんまりよろしくない、と思われていたようで、

魯粛は呂蒙を軽んじていました。

 

ところがある日、

孫権から「おまえも勉強しろ」と言われたことをきっかけに、

呂蒙は学問にはげみ、どんどん知識を吸収していきます。

魯粛も「これほどだったとは」と驚くほどの智将に成長していたのです。

 

217年、魯粛が死ぬと、

孫権は、呂蒙を頼りにします。

 

蜀と接する重要な拠点を任せられた呂蒙は

魯粛と違って、劉備に対して強硬路線を選びます。

 

219年、蜀と荊州を巡って争い、

呂蒙はついに、あの関羽を討ち取ります。

 

しかし、なんということでしょう。

その直後、自らも病に倒れてしまうのです。

 

『三国志演義』では関羽の霊に呪い殺されたとされていますが

実は、呂蒙はもともと病気がちだったというのです。

 

関連記事:稀代の豪傑 魯粛(ろしゅく)|演義と正史では大違い?

関連記事:周瑜はどうやって時代を超越した軍師・魯粛を手に入れたの?

関連記事:関羽の死|桃園三兄弟の悲しい別れ

 

呂蒙のことが心配で心配で

呂蒙 孫権

 

もともとの病が悪化し、呂蒙は床につきました。

 

これまで、周瑜、魯粛と頼りになる智将を立て続けに

若くして亡くしてきたので、

孫権は、呂蒙のことが心配でたまりません。

 

莫大な賞金をかけてふれを出して医者を募ります。

 

そして、自分が見舞いに行っては、

呂蒙が気をつかって起きようとするのではないかと思い、

呂蒙の病室にのぞき穴をつくり、

そこから呂蒙の様子をじっと見守ります。

 

また、星に祈りをささげて、呂蒙の延命を乞います。

 

孫権の必死の想いが伝わったのか、

呂蒙は一時的に小康状態になります。

孫権は大喜びをして、大赦を行いました。

 

しかしながら、呂蒙の病は結局治ることなく、

享年42歳にして、孫権を残して亡くなってしまいます。

 

関連記事:超短気の甘寧、凌統・呂蒙との珍エピソード

関連記事:「男子三日会わざれば刮目して見よ」……呂蒙について

 

[adsense]
 

こちらの記事もよく読まれています

呉夫人

 

よく読まれてる記事:小覇王・孫策のお母さん「呉夫人」は偉大すぎた

 

袁術と孫策

 

よく読まれてる記事:孫策を自分の息子にしたいと思っていた袁術

 

張昭 VS 孫権

 

よく読まれてる記事:孫権VS張昭、その激しい君臣喧嘩の勝敗は?

 

[adsense]
 

この記事を書いた人:東方明珠

東方明珠 三国志

■自己紹介:

はじめての三国志、

通称「はじさん」のはじっこライター東方明珠です。

普段は恋愛系のノベルやシナリオを書いています。

関連記事

  1. はじめての変

    朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第2部

    ・ナレーション三国志演義で不当にお…

  2. 張コウ 張郃
  3. 劉備とイチャイチャする孫尚香
  4. 若い曹操に「天下を掴むのは君だ!」と言う王儁
  5. 王莽
  6. 夏侯惇

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP