三国志平話
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

後漢を滅ぼす原因にもなった宦官(かんがん)って誰?

宦官




宦官 ゆるキャラ 後漢

 

壮大なスケールで語られる中国史の中で常に暗躍し、

三国志の中にも登場する宦官(かんがん)。

 

後漢が衰退する原因ともなった彼らとは、いったい何者で、

なぜこれほど大きな存在感をもっていたのでしょうか。

 

今回はそんなミステリアスな宦官(かんがん)について考察していきましょう。




そもそも宦官(かんがん)とはどんな人たちなの?

宦官VS外威 三国志

 

中国史がお好きな方ならすでにご存知かもしれませんが、宦官(かんがん)というのは去勢をされた官吏(かんり)のことで、

ざっくばらんな言い方をすれば男性の大切な部分を外科手術によって除去した役人のことです。




日本の歴史では馴染みないがヨーロッパ・中国史ではよく歴史に登場

趙高 キングダム

 

日本の歴史の中ではこのタイプの人たちはほとんど登場しないのですが

中国はもちろん、ヨーロッパや朝鮮半島の歴史上にはよく登場します。

 

もとをたどれば異民族や献上奴隷などが王へ使えていたのが始まりで、

去勢され宮中で妃の身の回りの世話などをしていくうちに信頼され、後々には権力を手にするものも出てきたのですね。

 

 

宦官(かんがん)になるのは命がけ!でも出世したいからなりたい人続出!!

三国志 医学

 

十分な医療体制も整っていない時代です。

去勢のための外科手術なんて大きなナイフのようなものを使って

施術されるだけですので感染症で亡くなる人もとても多かったのですが、

隋の時代に役人の検定試験(科挙)の制度ができるまでは、

王家の血筋でもない限り立身出世は望めない社会でしたので

リスクを冒してでも宦官(かんがん)になりたがる人は後をたたなかったようですね。

 

歴史用語での宦官になることを●●

趙高

 

ちなみに歴史用語で宦官になることを浄身、自宮などと言います。

かつて刑罰の一つで宮刑というのがあって、一生宮廷で働かせる罰だったのですが男性の場合は不祥事を起こさぬよう

去勢するのが前提だったため宮刑は去勢を連想させる言葉でもあります。

なので自ずから宮にはいるので自宮なんでしょうね。(ちなみに去勢をさせる刑罰自体は腐刑と呼ばれます。)

 

 

去勢されたからって油断ならない!王たちに寵愛される宦官もいた

宦官集合 

 

宦官(かんがん)が重用される理由のひとつは

「去勢しているから王妃と万が一でも間違いを起こせないから」という部分だと思うのですが、

それが裏目に出たというか実際に王妃と良い仲になってしまったケースもありましたし、

王自身と良い仲になってしまうこともありました。

 

日本でいうとお殿様にお仕えするお小姓との関係のようなものでしょうか。

 

権力争いや後継者争いでドロドロした王族にとって、

肉親には心は許せなくてもいつも側に仕えて身の回りの世話をしてくれる他人である宦官(かんがん)たちは

唯一心を開ける存在になり得たのかもしれません。

 

関連記事:宦官を容赦なく皆殺したカリスマ袁紹の過激なデビュー

関連記事:何皇后はなぜ宦官の味方をしたのか?

関連記事:宦官VS外戚の争い 第二ラウンド

関連記事:袁紹に殺された2000人以外にも歴代の皆殺しに注目してみた。ちょっぴり不謹慎




この記事を書いた人:amaneco

twitterpro

HN:

ameneco

自己紹介:
イラスト、記事制作をしておりますAmenecoです^^
普段は様々なwebサイトの記事執筆やチラシ、ECサイトなどの
イラストやマンガを描いたり、スマホアプリのキャラクターの
デザインなどをしています。

大学は歴史学を専攻していて日本をとりまく国々の歴史の本を
読み漁ったものでした。
三国志はやはり横山光輝氏の漫画の影響が大きいのですが
あれだけ壮大なスペクタクルで語ることができるのは
中国史ならではでしょう。
漢字の列挙で苦手意識がある方でも、面白く三国志
理解できるようにお手伝いが出来れば幸いです^^

好きな歴史人物:

崇徳天皇、諸葛亮張遼、新渡戸稲造

 

関連記事

  1. 張郃がいなければ馬謖は街亭の戦いに勝っていたかも!?
  2. 過労死する諸葛孔明 どうして蜀は人材難に陥ったのか?
  3. 華陀 世界初の外科手術を行った?華佗とはどういう人物だったか
  4. これはビックリ!三国志の時代にも曲芸があった!当時の娯楽がじわじ…
  5. 日本に目指さした孫権 文化の違いを理解すれば三国志がより分かる!日本と中国では、こうい…
  6. 孔明 司馬懿 陸遜 中国史上、最大の軍師は誰なの?孔明?司馬懿か?
  7. 驚愕!実は名築城家でもあった魏延の意外な才能!
  8. 張遼・楽進・李典 楽進を見出した曹操の人物観察力がスゴイ!!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 苦肉の策(笑)
  2. 皇帝に就任した曹丕

おすすめ記事

  1. 大久保利通の妻はどんな人だったの?大久保満寿子に迫る
  2. 馬鈞(ばきん)とはどんな人?諸葛亮を凌駕する魏の天才発明家
  3. 【三国志作家】伴野朗のとんだ災難、事実は小説より奇なり?
  4. 龐徳(ほうとく)ってどんな人?忠烈な最期を称えられた魏(義)の猛将
  5. 【怪しげな宗教団体】どうして多くの民衆が太平道に参加したの? 太平道の祖・張角(黄巾賊)
  6. 西郷どんが坂本龍馬を殺したって本当?

三國志雑学

  1. 張遼・楽進・李典
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 張遼・楽進・李典
  2. 劉備とイチャイチャする孫尚香
  3. 孫権の跡継ぎ9歳の孫亮
  4. 郭嘉の本
  5. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  6. 周瑜はナルシスト
  7. 合肥の戦いの地図
  8. 魏の韓宣(かんせん)は口喧嘩が強い

おすすめ記事

三国志の計略と孔明 謎の中華料理「日本豆腐」と「孔明点灯豆腐」とは? 老荘思想(ろうそうしそう) 【老荘思想の創設者】老子と荘子の二人を分かりやすく解説してみた ホウ徳 魏の夏侯惇・許褚・龐徳の息子達は優秀だった?気になる将軍たちの息子事情 父・信玄を超えるために武田勝頼が行った政策って何? 三国志の時代も「人は見た目が100パーセント」だった!? クーデターが遅すぎた?司馬懿の晩年が満身創痍な件 張郃は司馬懿のせいで殺されてしまった? キングダムに登場する司馬尚はどんな性格なの?【キングダムネタバレ予想】

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP