はじめての三国志 4コマ劇場 「関羽単騎駆け」

2015年5月4日

関羽一騎駆 4コマ

 

 

 

東方明珠による補足:

東方明珠 三国志

 

 

忠義の人、関羽の有名なエピソードといえば、やはり「関羽千里行」です。

200年、下邳(かひ)城を守っていた関羽は曹操に生け捕りにされ

上にも下にも置かない丁重な扱いを受け、しきりに魏軍営に寝返らないかと勧誘をされます。

 

 

曹操の厚遇に対しても忠義心は揺るがない

関羽 曹操 ゆるキャラ

 

関羽の、義兄弟劉備への忠義心は決して揺るぐものではありませんでした。

しかし、曹操の厚遇に対して関羽は非常に感謝をしていて、

恩義を返してから劉備のもとへ戻ろうと決意します。

 

ちょうどこのとき曹操は袁紹(えんしょう)との官渡の戦いの最中で、

関羽は曹操軍の客将として華々しい活躍をします。

そしていよいよ義理を果たした、と思ったところへ劉備の消息がつかめたので

関羽ははやる心を抑えられず、劉備のもとに駆け戻ります。

 

関連記事:関羽千里行って有名だけど何なの?

関連記事:曹操のハニートラップ作戦が義に生きた武人・関羽に通用するのか?

関連記事:袁紹には悪夢、顔良、文醜が関羽に斬られる

 

赤兎馬で駆け巡る

関羽千里行 ゆるキャラ

 

このとき、曹操から贈られていた赤兎馬(せきとば)に乗っていきます。

赤兎馬は一日に千里を走るという稀代の名馬です。

これなら兄者のもとまで、一日でひとっ跳び! ですね。

 

しかしながら、通行手形を持たない関羽は

関所を通るたびに「ここは通さぬ!」と関守に阻まれます。

 

関羽は兄者に会いたい一心で、五つの関所で大暴れ。

関守たちをバッタバッタとなぎ倒して関所を破っていきます。

 

最後の関所を越えたあと、ついに関羽は黄河を渡りました。

きっと心はもう兄者のもとへ飛び去っていたことでしょう。

 

……と、ここまできて我に返りました。

関羽は、下邳城で劉備の夫人と共にとらわれていたのです。

この夫人は名前の記述がないために誰なのかはわかりません。

 

(4コマでは甘夫人・糜夫人にご登場をお願いしています)

曹操のもとから逃げる際、関羽は赤兎馬にまたがり、夫人は馬車に乗せたそうですが

赤兎馬の勢いに、馬車はついてこられたのでしょうか!?

 

そんな疑問から生まれた4コマでした。

 

以下、途中で取り残されてしまった夫人たちのボヤキです。

 

「仕方ないわね……、趙雲の単騎駆けを待ちましょう」

 

 

 

趙雲の単騎駆けって何?

趙雲 長坂の戦い

 

趙雲の単騎駆けとは、時代が下ること8年

長坂の戦いにおいて、敵陣に取り残された夫人らを助けるために

趙雲が単騎で助けに来てくれるというエピソードです。

 

関連記事:迫りくる曹操軍50万、絶望的な退却戦 長坂の戦い

 

この4コマ漫画を書いた人:よりぶりん

よりぶりん 三国志

■HN:
よりぶりん

■自己紹介:
イラスト担当のよりぶりんです、ご存じの方もそうでない方も名前だけでも覚えて帰って下さいね。

三国志初心者の新米イラストレーターでございます。

なにとぞ温かい目で見てやってください。宜しくお願い致します

■口癖:
「すいません」 とにかく謝ったら勝ちと思っている腰ぬけです

■集めている物:
漫画本「ワンピース・龍狼伝・浦安鉄筋家族」etc

■幸せを感じる瞬間:
麻雀の牌を触っている時!お風呂に入った時!

■尊敬する人:
麻雀を日本に伝えた人(誰かわからないですが・・・)

■どうしてもこれだけは譲れないもの:
コーヒーが飲めない環境!コーヒーが無いと凶暴になります。

■何か一言:

イラストのリクエスト御座いましたらお気軽どうぞ!
メッセージサイトに頂ければ全力で落書きさせて頂きます(笑)
よりぶりんでした。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

はじめての三国志

「ゆるく、たのしく、わかりやすく」をコンセプトにした 歴史エンタメメディアです。
(®登録商標:第5800679号)

-はじめての三国志 4コマ劇場, はじめての変
-, ,