呂布特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

はじめての変

横浜中華街の関帝廟はどうやって誕生したの?

横浜関帝廟

 

関羽の生誕日は西暦160年頃旧暦6月24日と言われています。

横浜関帝廟は主神・関羽の生誕日を祝う伝統行事「関帝誕」を毎年行っています。

 

関帝廟

今年は2015年8月8日に開催されたので、

「関帝誕」に三国志代表おとぼけが行ってきたよ!

 

写真で見ても分かるとおり、すごい参拝人の数ですね。

関帝廟は線香の香りが漂い参拝の人がなかなか絶えることがありません。

 

なぜ、こんなにも参拝人が絶えないのか?

横浜關帝廟は、約130年の歴史があり、

もしかしたら横浜関帝廟の誕生に隠されているかもしれません。

 

そこで、はじめての三国志は横浜関帝廟の歴史を辿ってみるよ!

 

関連記事:関帝廟ガイド~知っておきたい、正しい「基本」の参拝方法

 

 

そもそも横浜中華街はどうやってできたの?

横浜関帝廟

 

横浜港が開かれる以前の中華街周辺は、「横浜新田」と呼ばれていました。まだ、当時は幕末時代です。

 

そして1859年に横浜が開港すると欧米から商人がこぞって集まるようになりました。

日本人と筆談できる中国人を仲介役として来浜し、一帯を居留地として開発します。

 

また欧米商人だけではなく、活版印刷などの新しい秘術を身につけ来浜する中国人も増え、

明治初年(1868年)には横浜に暮らす華僑(中国人)は1000人を超える規模まで増えました。

 

華僑の人々は居留地の横浜新田を造成した地域に集まりました。

そこには中華会館などが設けられ中華街の原型が出来上がったのです。

 

横浜関帝廟誕生のきっかけ

横浜関帝廟

 

1862年頃に、一人の中国人が関羽の木造を抱きながら現在の地(山下町140番地)に簡易的に廟を立てたという説があります。

創建当初は小さな小屋のようなものだったらしいです。

 

明治32(1899)年に居留地が廃止され一気に発展

横浜関帝廟

1871年9月の英字新聞では1867頃に建てられた関帝廟の内部の写真が新聞に掲載されています(資料写真を用意できず申し訳ない)

 

1886年に関帝廟を遷座し1891年にはレンガ造りの外観を持つ立派な建物に変わっていきます。

中華街もレンガ造りの建物が密集するようになりました。

しかし32年後にレンガ造りの建物の密集が悲劇を生むことになります。

横浜関帝廟

1899年、居留地が廃止されると人口はさらに増加しました。

華僑は5000人に達し、華僑社会はさらに発展を遂げていきます。

横浜関帝廟は華僑の心の拠り所で生活の中心になるほど身近な存在になりました。

 

 

横浜関帝廟の危機・関東大震災(1923年)

1024px-Nebukawa_Station_earthquake_passenger_car_left

1923年に関東大震災の影響で中華街に壊滅的な被害を与えました。

古いレンガ造りの建物が密集していたため、多くの家屋は倒壊・焼失。

その中に、関帝廟も含まれていました。

 

それだけではありません。

関東大震災で多くの華僑が命を落とし、生き残った人々も中国に帰ったり、神戸や大阪に避難していきました。

5000人以上も達していた横浜華僑は200人ほどに激減してしまいました。

 

横浜関帝廟の危機・日中戦争勃発(1937年)

Shanghai1937IJA_ruins

 

昭和に入ると華僑人口も3000人あまりにも回復していきますが、1937年に日中戦争が勃発。

横浜に生まれ育った華僑たちは街に残りましたが、多くの華僑は中国に帰りました。

 

日中戦争により両国の関係が悪化し反中国感情の高まりで中華街を訪れる客足は途絶えてしまいました。

それでも横浜の華僑たちは、日本との関係を良好になるよう努力を続けて戦時下を乗り越えていきました。

 

横浜関帝廟の危機・第二次世界大戦(1945年)

Tokyo_kushu_1945-4

アメリカ軍による東京大空襲によって中華街も焼きつくされてしまいました。

一面焼け野原となるほど被害もひどく至る所で巨大な火災旋風が発生しました。

 

そのため避難をしながらも火災旋風に巻き込まれて焼死してしまった人や、炎に酸素を奪われて窒息によって命を奪われた人も多く悲惨な状況です。

 

民間団体や新聞社の調査では死亡・行方不明者は10万人以上と言われています。

単独の空襲による犠牲者数は世界史上最大です。

 

日中戦争時の反中国感情で困難を受けたが日本との関係を良好に築くよう努力した華僑の人もこの空襲によって亡くなってしまいます。

 

終戦とともに復興

photo credit: 140519 via photopin (license)

photo credit: 140519 via photopin (license)

 

終戦とともに復興が開始されました。

翌年には関帝廟や横浜中華学校も再建されるまで復興がすすみました。

華僑の人口も次第に3000~4000人台まで回復し、街には日本人が食材を提供し

中国人が飲食店を営むという形で分業も進みました。

 

高度成長期と日中国交正常化

5956284a1b8a0d2de743cedc9ad96a37_s

 

1960年台に入ると高度成長期に入り、中華街も更に発展しました。

1972年の日中国交正常化により中華街は観光地としての地位を確立していきました。

 

横浜関帝廟の危機・不審火(1986年)

e28c6576e9f022d7d5756bdd2b35de5e_m

 

1986年元旦に、なんと関帝廟は不審火によって焼失してしまいます。

それでも街人の協力を得て1990年に再建することに成功しました。

 

はじめての三国志代表おとぼけの独り言

関帝廟

数々の苦難の歴史を刻んだ横浜中華街と関帝廟、そして華僑の人たち。

街の人々は伝統の重みを胸に、思想や信条を超えて協力し、3度の困難を乗り切り今に至っています。

関帝廟 パレード

先日(2015年8月8日)、関帝廟祭に、初めて訪れたが、クライマックスとなるパレードは見ものでした。

通常よりも賑やかで笑顔で満ち溢れた中華街に、3メートル近くある将軍や、獅子舞・龍舞・演舞舞・楽隊のパフォーマンスが加わり、中華街全域を周ります。

関帝廟 パレード

関帝廟 パレード

関帝廟 パレード

関帝廟 パレード

 

今回の記事を機会に来年の関帝廟祭をぜひ、

肌でその歴史を感じてみてはいかがでしょうか?

 

 

こちらの記事もよく読まれています

関帝廟 関羽

 

よく読まれてる記事:関帝廟ガイド~知っておきたい、正しい「基本」の参拝方法

 

関羽 神様

 

よく読まれてる記事:なぜ関羽は神様になったのか?……忠義神武霊佑仁勇威顕関聖大帝

 

関羽神様

関連記事:関帝廟のご利益は……神様の名前は、「関聖帝君」

 

 

この記事を書いた人:おとぼけ

おとぼけ

 

こんにちは、「はじめての三国志」代表のおとぼけです。

多くの方に三国志の魅力を知ってもらいたい為、ライターさん、ナレーターさん、映像クリエイターさん、

webデザイナーさんなど優秀な人材集めに力を入れています。人材マニアのなんちゃって曹操たいぷ。。

関連記事

  1. 孫堅、孫賁 孫家二代目は孫策ではない?もう一人の後継者が存在した!
  2. 張角は歴史の表舞台に登場 黄巾の乱を起こした張本人・張角の素顔に迫る!
  3. 【超簡単解説】危急存亡の秋とはどういう意味?はじさん故事成語
  4. 法正 法正(ほうせい)ってどんな人?蜀を支えた天才軍師
  5. 周瑜の魅力 周瑜が長生きしていたら三国志はどうなったの?二国志になっていた可…
  6. 趙雲 五虎大将軍 趙雲の死因は何だったの?三国志一の美男子の最期
  7. 【難問】三国志好きは解きたくなる!なぞなぞ・クイズ集
  8. 馬謖に魏打倒を叩き込む諸葛亮孔明 【蜀漢建国の正統性を斬る】中華を戦慄させた革命家・孔明の後漢イデ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 立花宗茂
  2. キングダム
  3. 織田信長
  4. はじめての三国志 画像準備中
  5. 新選組の土方歳三
  6. 周瑜
  7. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  8. 于吉と張角
  9. 明智光秀が剣を持って戦っているシーン

おすすめ記事

  1. 洛陽に続き、長安でも好き放題をした董卓 呂布の英雄石像
  2. キングダム最新ネタバレ598話「紡ぐ者」レビュー キングダム53巻
  3. 【衝撃の事実】三国志でよく使われていた弩が日本で流行らなかったのは日本人がガラパゴス脳だったから 弩(ど)を発射させる蜀兵士達
  4. 規制緩和は正しいの?2100年前の中国で起きた経済論争 魏延からの提案を却下する孔明
  5. 【驚愕の事実】三国志ではなく五国志だった!士燮(ししょう)勢力の台頭 梁興と馬騰
  6. 【あるはずのない超技術】兵馬俑から発掘されたクロムメッキ剣はオーパーツなのか?現代科学でも説明困難な古代のロストテクノロジー(HMR)

三國志雑学

  1. 華雄と呂布
  2. 土安(南蛮族)
  3. 杜夫人
  4. 司馬懿と曹爽
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 鼎(かなえ)
  2. 司馬懿
  3. 張飛の男気人生
  4. 歴代皇帝の墓を暴こうとする韓遂の兵士
  5. 明智光秀が剣を持って戦っているシーン
  6. 「斉」の旗を持った兵士

おすすめ記事

笮融(さくゆう)とはどんな人?中国初仏教群雄として歴史に名を刻んだ後漢の武将 魯粛 【新事実】天下三分の計を実現させた立役者は魯粛であった ゴシップ満載!夏目漱石もペンネームを取った世説新語とは? 過労死する諸葛孔明 諸葛亮の死因は過労が原因で本当に亡くなったの? 曹操と夏侯惇 【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの? 【真田丸特集】有能なのに歴史の影に埋もれてしまった真田信之と程昱!ジミーズ二人の共通点 王朝交代の背景には中国の五行思想があった!? 西郷隆盛の政治思想はどんなもの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP