袁術祭り

はじめての三国志

menu

はじめての変

始皇帝が中国統一後、なんで中国全土を巡幸したの?全巡幸をストーキングしてみた

この記事の所要時間: 320

始皇帝 はじめての三国志

紀元前221年・春秋戦国時代を終わらせ中華統一を成し遂げた秦の始皇帝は、

次の年には休むことなく広大な国土を回る巡幸をはじめました。

 

「皇帝」という存在を知らない中国の人々に対して、自身を認知させるために

始皇帝は生涯に渡り5度の巡幸を行っています。

 

そして5回目の巡幸中に、夢半ばに50年の生涯を終えました。

彼は何故、多額の費用を使ってまで巡幸をおこなったのでしょうか?

 

本当に、皇帝を知らない中国の人に、自分の威厳を見せつけるためだけに巡幸にこだわったのか?

彼の5度にも渡る巡幸を辿ってみると、神仙思想に基づく不老不死の憧れが表れています。

 

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき!

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

 

 

神仙思想ってなに?

殷の大様002

古代中国では仙人の存在が信じられていました。

仙人は不老不死の人間であり、仙人を信じた中国古代の民間思想です。

この信仰に基いて不老不死の薬が探索されたり、自ら仙術によって仙人になろうとした思想で始皇帝も不老不死を求めていました。

 

巡幸に使用した皇帝専用の道路

逃げる劉備追う曹操

 

始皇帝は当時、現代で言う高速道路(馳道)を造らせました。

この高速道(馳道)は一般人が立ち入ることができない皇帝専用の道路ですが、

何か緊急時が起こった場合は戦車も走れる軍用道路です。

 

この道は金槌で叩き固めてつくり、幅は70mもありました。

始皇帝が整備させた約12000kmの道の半分が高速道路(馳道)だったと言われています。

この高速道路(馳道)を使い5回の巡幸を行ったので、全巡幸をストーキングしてみるよ。

 

1回目の巡幸(紀元前220年)

始皇帝 キングダム

 

5度の巡幸で唯一の西行でした。

1回目の目的は、中華統一という功績を故郷に錦を飾るだけではなく、

北方に拡大していた匈奴に対する威嚇があったと考えられています。

第1回目以降の巡幸は全て東方に進むことになります。

 

2回目の巡幸(紀元前219年)

徐福

 

2回目の巡幸は、帝王が代々行ってきた、天地に王の即位を知らせる儀式を行いました。

しかし、この儀式を行なう方法を知っている人はいなく、なんと我流で儀式を行ったと考えられています。

 

ちなみに、天地に王の即位を知らせる儀式のことを封禅(ほうぜん)と呼びます。

 

そして2回目の巡幸で、呪術や天文学に優れた徐福(じょふく)に出逢うことになります。

徐福は始皇帝に「東方面に不老不死の仙薬があるよ!」と伝えました。

 

始皇帝はさっそく徐福に男女数千人を与え、海に送り仙人と仙薬を探させました。

徐福は亶州に到着し彼はそこで王となり、秦に戻ることはなかったと言われています。

これがきっかけで徐福伝説が生まれることになります。

 

400年後に三国時代で有名な呉の君主・孫権は皇帝に即位した直後、

徐福伝説を信じ、不老不死を求めて亶州(日本)に軍を派遣した説があります。

 

関連記事:日中交渉は卑弥呼と魏だけではない!?

関連記事:不老不死の妙薬を求めて? 孫権の倭国(日本)遠征計画

関連記事:始皇帝は不老不死を求めて何で水銀を飲んだの?

 

3回目の巡幸(紀元前218年)

photo credit: big iron via photopin (license)

photo credit: big iron via photopin (license)

 

3回目の巡幸中に、始皇帝一行に重さ約30kgの鉄槌が投げ込まれる暗殺未遂が起こりました。鉄槌は始皇帝が乗った車ではなく副車に当たり暗殺は失敗します。

 

始皇帝はブチ切れて暗殺しようとした者を全国に触れ回して捕まえようとしました。

この犯人はやがて秦を滅ぼす劉邦の軍師となる張良(ちょうりょう)という人物です。

張良は、怪力の男を雇い投げつけた暗殺未遂の事件でした。

 

関連記事:人材を使いこなす事で天下を取った劉邦

関連記事:項羽はあれだけ最強だったのに何故、天下を取れなかったのか?

 

 

4回目の巡幸(紀元前215年)

不老不死 始皇帝

 

自分を暗殺しようとする輩が存在しているにも関わらず3年後には4回目の巡幸を行います。

4回目の巡幸には息子の胡亥(こがい)と左丞相の李斯(りし)を連れて東南に向かいました。この時は、不老不死の薬を探させるなど指示を出しています。

 

関連記事:成り上がり?ネズミが李斯の運命を変えた!

関連記事:始皇帝の息子、胡亥(こがい)ってどんな大馬鹿野郎だったの?

 

 

5回目の巡幸(紀元前210年)

始皇帝 死ぬ

 

この年には、秦の歴史家によるものを除いてすべての史書は燃やし、儒家は生き埋めにした思想弾圧事件を行いました。

このことを焚書坑儒(ふんしょこうじゅ)と呼びます。

さらに巨大宮殿・阿房宮(あぼうきゅう)も着工されます。

数々の改革を行ったが、5回目の巡幸で始皇帝は熱病にかかってしまい、巡幸中に崩御しました。

ここで始皇帝は波乱の50年の生涯を終えたのです。

 

関連記事:始皇帝が中国統一後、わずか15年で秦が滅亡した理由|始皇帝がブサメンだったから?

 

はじめての三国志代表おとぼけの独り言

スタッフおとぼけ

全人民を投下させ阿房宮や万里の長城を建設させたり、思想弾圧を行い

人民の恨みを買った始皇帝は、暴虐な君主として歴史に名を残しました。

しかし、秦の王・政(せい)が500年以上にも渡る戦乱を勝ち取り6カ国を滅ぼし天下統一をしなければ、いまの中国は誕生しなかったはずです。

もし彼が統一をしなければ東アジアの広大な地域はヨーロッパのように複数の国にバラバラになっていたと言われています。

なぜなら、始皇帝は中華統一後、思想や、度量衡や通貨、また位取り記数法などを統一し、経済の一体化を図りました。

そして最も重要な政策に、漢字書体(文字)の統一したことから中華は1つの大きな文明圏になったのも事実です。

ちなみに秦時代以降の皇帝は、誰ひとり巡幸を行っていません。

莫大な費用をかけて巡幸を行なうメリットがないのも理由の1つと言われています。

三国時代の曹丕や劉備、孫権も巡幸を行っていない理由が分かってきますね。

三国時代だけではなく、もっと前の時代を学ぶことにより三国志をもっと深く知ることができるので引き続き春秋戦国時代も取り上げていきます♪

 

関連記事:【キングダム ネタバレ注意】史上最悪の宦官 趙高(ちょうこう)誕生秘話 

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

関連記事:キングダムのレジェンド、楽毅(がくき)は何をした人?

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー

 

 

こちらの記事もよく読まれています

項羽と劉邦

 

よく読まれてる記事:滅びゆく秦、そして中国に二人の巨星が現れる

 

劉邦おんぶ 優秀な人材

 

よく読まれてる記事:人材を使いこなす事で天下を取った劉邦

 

悲劇の英雄 項羽1

関連記事:項羽はあれだけ最強だったのに何故、天下を取れなかったのか?

 

 

この記事を書いた人:おとぼけ

おとぼけ

 

こんにちは、「はじめての三国志」代表のおとぼけです。

多くの方に三国志の魅力を知ってもらいたい為、ライターさん、ナレーターさん、映像クリエイターさん、

webデザイナーさんなど優秀な人材集めに力を入れています。人材マニアのなんちゃって曹操たいぷ。。

関連記事

  1. 後宮にも上下関係が存在した?三国志後宮キャリア物語
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース20記事【12/5〜12/…
  3. 【シミルボン】意外!あの曹丕は大の甘党、スイーツ男子だった
  4. これぞ戦争の極意!!兵家の思想ってどんな思想?
  5. すぐに使いたくなる!新三国志用語の意味と使い方まとめ13選
  6. 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 P…
  7. 呉の初代丞相・孫卲(そんしょう)は「正史三国志」に記されていない…
  8. まるで現在の政治批判、商鞅の改革論がヤバすぎる

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 42話:袁紹には悪夢、顔良、文醜が関羽に斬られる
  2. 【河北の覇者】袁紹は光武帝を真似た戦略を採用したから滅びた!
  3. 実在しません!でもめちゃ有名な貂蝉に隠された不滅の人気の秘密は?
  4. 三国志の時代の防犯はどんな方法があったの?三国志時代の犯罪防止法!
  5. 【キングダム&300ファン感涙】架空戦記第2弾ギリシャ最強スパルタVS中華最強秦のガチ対決!!
  6. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第4部

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

三国志では何故、最初に蜀が滅びたの? 決して褒められぬ悪の華!三国志に登場する暗殺者6選 冒頓単于(ぼくとつぜんう)とはどんな人?漢帝国の宿敵で匈奴の名君Part.1 【ネオ三国志】第7話:皇帝に就任した袁術と荀彧の秘策【蒼天航路】 天地を喰らうという漫画があまりにもカオス!裏三国志入門書 Part 2 【シミルボン】忘年会の余興にいかが?三国志時代に流行したスポーツ撃壌 95話:馬超と張飛の一騎打ち 不老不死の妙薬を求めて? 孫権の倭国(日本)遠征計画

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース37記事【1/30〜2/5】
  2. 公孫淵(こうそんえん)とはどんな人?遼東の王として君臨するも自らの力を知らずに過信した男【遼東三代記】
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【11/7〜11/13】
  4. エリート袁術が逃げ込んだド田舎の揚州に住む異民族とはどんな民族だったの?
  5. 【シミルボン】真面目そうな夏侯惇がやってしまったロックな行動の理由とは
  6. 【三国志マナー】あなたは大丈夫?間違うと首が飛びかねない!?三国時代のマナーを紹介!
  7. 【はじめての孫子】第12回:卒を視ること嬰児の如し、故にこれと深谿に赴むくべし。
  8. 【曹髦編】三国最強の魏はなぜ滅びることになったの?

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP