架空戦記
北伐

はじめての三国志

menu

春秋戦国時代

蘇秦(そしん)とはどんな人?秦の圧力を跳ね返す為、六国を結び付けた合従論者 Part.3

この記事の所要時間: 633




 

蘇秦(そしん)は秦に圧力をかけるために結成した六か国同盟成立に多大な功績を残します。

その後秦は六か国同盟の圧力により、十五年の間、各国に攻め入る事が出来ず、

無為な時間を過ごします。

秦が攻めてこない間、各国は平和を謳歌します。

その後秦の策略により、六か国同盟が瓦解。

趙の粛侯は斉・魏の軍勢に趙の領土が奪われた事により、蘇秦を責めます。

彼は粛侯を恐れ、趙国から逃げ出し、燕王の元へ向かう事になります。

 

前回記事:蘇秦(そしん)とはどんな人?秦の圧力を跳ね返す為、六国を結び付けた合従論者 Part.2




斉に十城を取られる

 

蘇秦は燕に逃げ込むことに成功し、燕の文侯に匿われます。

彼が燕に逃げ込んだ年に、燕の文侯が亡くなります。

そして文侯の太子である易(い)が跡を継ぎ、易王として立ちます。

燕の易王(えきおう)は父の喪に服します。

斉の宣王(せんおう)は燕の易王が喪に服している隙をついて、

燕の城を十城も陥落させます。




蘇秦に恩を返すように要求する

photo credit: Tangible via photopin (license)

photo credit: Tangible via photopin (license)

 

易王は斉の宣王の盗賊みたいなやり方に激怒。

すぐに蘇秦を呼び「先年、あなたが我が国に来た時、

先王はあなたを援助し、趙へ向かわせた事がきっかけで

あなたは六か国同盟を締結させる偉業を成し遂げました。

しかし今、斉が趙に攻撃をかけ、我が国にも侵略してきております。

あなたは我が国の恩に報いる為、奪われた城を返すことができますか。」と

易王は恩を返せと言わんばかりに言い立てます。

蘇秦は「分かりました。先王から受けた恩を返す為、

奪われた城を斉から取り戻してきます」と述べます。

そして彼は従者を連れて斉の首都臨淄に乗り込みます。

 

燕王ミッション:奪われた城を取り戻せ

photo credit: Daisy via photopin (license)

photo credit: Daisy via photopin (license)

 

蘇秦は斉の首都臨淄に乗り込み斉の宣王に会うとまず祝いの言葉を述べます。

そして間髪入れずに弔の言葉を述べます。

宣王は驚き「あなたはなぜ祝いの言葉の後に、お悔みの言葉を述べたのだ」と

不思議そうに尋ねます。

すると彼は「燕は戦国七雄の中でも、最弱国でありながら、

現在の燕王は秦王の娘を娶っております。

そんな燕の城を十城も手に入れた斉王様は、

強国である秦に目を付けられてしまいました。

その為いつ秦が斉に攻め込んできてもおかしくない状態になりましたので

お悔やみの言葉を述べたのです。」と答えます。

斉王は蘇秦の言葉を聞いて大いに驚き、

「私は大変な事をしてしまった。先生よ。

私はこれからどう対処すればよいかご教授願えないだろうか」と教えを請います。

蘇秦は「分かりました」と答え、斉王に意見を述べます・

彼は「まず燕から奪い取った城を返還する事です。

奪い取った燕の城を返還すれば、燕は大いに喜ぶ事は間違いなしです。

また秦も自らの国の国威によって城を返したと満足しますので、

かの国が斉に攻めてくることはありますまい。

世間では斉が秦にビビッて燕に城を返したと思うでしょうが、

実は斉王の度量の大きさを天下に知らしめた事になり、

燕・秦は斉に友誼(ゆうぎ)を求めてくるに違いなく、

この二国が斉に友誼を求めて来たと知った他の国は、

争って斉に交友関係を求めてきましょう。

この策を俗にいう「覇王の策」と申します。

斉王様どうか私の策を聞き入れ、危機を回避してください」とアドバイスを与えます。

宣王は蘇秦の策を聞いて満足し、「分かったあなたのアドバイスを聞き入れよう」と

頷き、燕から奪った城を返還します。

蘇秦はこうして一滴の地も流さず、城を奪い返すことに成功。

見事燕王のミッションを完遂し、燕に帰国します。

 

易王の信任を得る

photo credit: Petal Droplet via photopin (license)

photo credit: Petal Droplet via photopin (license)

 

蘇秦は燕に帰ると、一時易王に疑われ、元の官職に戻されずにおりました。

蘇秦は易王のミッションをクリアしたのに、官職を与えない仕打ちに激怒。

彼は得意の弁舌で易王に説教を行います。

蘇秦の説教を聞いた易王は彼を元の官職に戻し、彼を大いに信任し、

彼を厚遇します。

こうして燕王の信任を得た蘇秦は一つの間違いを犯します。

 

はじさんクイズ

三国志クイズ

 

蘇秦は調子に乗って絶対にやってはいけない事をしてしまいます。

久しぶりにやってきました。はじさんクイズです。

さて今回は蘇秦がやってはいけない事をしてしまいます。

それは一体何でしょう。

難しいので、ヒントです。

男女間の問題です。

次の三つからお答えください

1人の女を寝取る

 

2人の物を盗む

 

3王の重臣を殺害

 

さて~正解は……。

一番です。

蘇秦は易王の母親と恋仲になり、彼女と密通します。

この事に感づいていた易王ですが、知らぬふりをして、蘇秦を厚遇します。

蘇秦は易王が感づいていると気づき、燕を離れる事を決意。

易王に「私は燕の国益を図るため、斉に向かいたいと思います。」と述べます。

すると易王は「あなたの好きなように行いなさい」と承諾し、

彼を斉に向かわせます。

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

蘇秦は六か国同盟を行った外交家として名声を得た事で、

どの国の王も彼の言葉を信じ、すぐに採用します。

このような名声を得た蘇秦の唯一の失敗が易王の母親との密通です。

彼女は先代の文侯夫人であるらしいので相当な年であると思われますが、

史記には彼女の年齢が書いていないので分かりません…。

しかし歴史に名を残した人物が今はやりの女性スキャンダルで失敗するとは

少し残念でなりません。

 

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 【三国志の華佗を越える名医の名言】扁鵲が死人を生き返らせた時に用…
  2. 【戦国四君・孟嘗君の逸話】五月五日の子に生まれた子は捨てよ!!父…
  3. これぞゲスの極み!ぶっちゃけ王騎(おうき)将軍の年収はいくら?
  4. 【キングダム予想】公孫龍将軍が最大の壁になる?実は防戦のスペシャ…
  5. 荀況(じゅんきょう)とはどんな人?始皇帝の法治国家の形成や李斯・…
  6. 【教科書に載らない歴史ミステリー】徐福は神武天皇になったってホン…
  7. 【キングダム】王賁の子孫はついに○○になっちゃったってホント!?…
  8. 天下統一後の始皇帝が行った偉大な政策をご紹介

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 迷信を利用して統治を行った魏の西門豹(せいもんひょう)に迫る!
  2. アンゴルモア 元寇合戦記ネタバレ 第29話 Part.2 高麗の栄光の為、父を裏切れ
  3. 曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その4
  4. なぜ袁紹は小勢力の曹操に敗北してしまったの?原因は名士だった!?
  5. 王郎(おうろう)とはどんな人?光武帝を苦しめた自称漢のプリンス
  6. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第八話「赤ちゃんはまだか」の見どころ紹介

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

徳川三傑の一人・井伊直政(いいなおまさ)ってどんな人? おんな城主 直虎の予備知識を得よう!女城主・井伊直虎は今川家に呪われているらしい 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【10/24〜10/30】 【ビジネス三国志】孔明の大逆転!既成概念を破壊してチャンスを掴め 【解煩督】呉にだっているぜ!解煩、敢死、無難、様々な特殊部隊 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第5部 【後漢のラストエンペラー】献帝の妻・伏皇后が危険な橋を渡った理由! 112話:怒れる劉備は70万の大軍で呉を攻める

おすすめ記事

  1. 【第3回 幻霊物語~爆裂三国バトル~】三国志好きならニヤリとする数々のイベントを紹介!
  2. 131話:新宰相・蔣琬(しょうえん)により変貌する蜀
  3. 顧雍(こよう)とはどんな人?孫権から絶大な信頼を得ていた呉の二代目丞相へ抜擢された政治家
  4. 92話:劉備を徹底的に追い詰める張任
  5. 【衝撃の事実】国士無双と言われた韓信に子孫がいた?
  6. 信濃守護職就任と武田晴信の出家
  7. 今更勉強しにくい鎌倉時代ってどんな時代なの?アンゴルモア 元寇合戦記を100倍楽しむ!
  8. 【シミルボン】幸村だけじゃない曹操、孔明も使った赤備え!

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP