キングダム
南蛮征伐




はじめての三国志

menu

春秋戦国時代

「燕」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介

「燕」の旗を持った兵士




楽毅

 

キングダムでは、レジェンド武将、楽毅(がっき)の活躍した土地である燕、

私達のイメージでは、燕=北なんですが、実は燕の首都の薊(けい)は

現在の北京だったりします。

 

では、戦国七雄の一国、燕(えん)とはどのような国だったのでしょう?

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき!

関連記事:キングダムのレジェンド、楽毅(がくき)は何をした人?

燕の建国は召公奭(しょうこうせき)

燕の建国は召公奭(しょうこうせき)

 

燕を建国したのは、周の武王の殷(いん)討伐に功績があった

召公奭であると言われます。

 

彼は武王の同族でしたので歴とした王族という事になります。

元々、彼は、山東省の魯国の周公旦(しゅうこう・たん)

の隣に土地をもらい伯爵になりますが、

周の成王(せいおう)の頃に、現在の燕の土地に移ったようです。

 

ただ、燕の事は当時の記録に乏しく、確実に燕が周王室と同じ

姫姓であるかどうかは分からず、結姓であるという遺跡もあります。

 

関連記事:中国最古の王朝 殷とはどんな国だったの?

関連記事:殷末の武将たちの戦いをもとに書かれた『封神演義』

 

春秋時代、荘公うっかりミスから斉の桓公より領地をもらう

 

春秋時代の燕についての記録は乏しいようです、燕は北方で中央から遠いので、

中原にある周王室からも縁が薄い土地だったかも知れません。

ただ、燕の18代目の君主、荘公(そうこう)が北方の遊牧民、

犬戎(けんじゅう)に攻め込まれた際に斉の桓公(かんこう)に

援軍を要請して、これを撃退した事があります。

 

この時に、荘公はあまりの嬉しさに帰還する斉軍を斉の国境付近まで

見送りするという大サービスをします。

当時、国境を越えて軍を見送るのは周王にしか出来なかった

 

ところが、うっかりしていた荘公は、国境を越えて斉の領地に入ります。

当時の常識では、国境を越えて軍を見送りできるのは周王のみであり、

荘公の行動は越権行為でした。

 

しかし、斉の桓公は、宰相管仲(かんちゅう)にこれを指摘されると、

荘公に罪を与えまいと荘公が踏み込んだ部分を燕の領土として割譲しました。

 

これを知った周辺国は「流石は覇者の桓公、心が広いものだ」と心服して

桓公の名前は、さらに轟いたという事です。

でも、うっかりミスで領地を得たのなら荘公も悪い気はしなかったでしょうね。

 

関連記事:諸葛孔明が目指した軍師・管仲は、結構性格が悪い

 

戦国時代に入り、燕は領地を拡大するも、残念な君主が登場

 

「史記」蘇秦(そしん)列伝によると紀元前334年の段階の燕は

「東に朝鮮・遼東、北に林胡(りんこ)・楼煩(ろうはん)、西に雲中(うんちゅう)・

九原(きゅうげん)、南に呼沱(こだ)・易水(えきすい)がある」

 

といわれており、すでに広大な領域を支配していたことが分かります。

 

記録にはありませんが、歴代の君主がコツコツと支配地を広げていたのでしょう。

ところが、その苦労を台無しにする残念な君主が登場します。

 

【キングダムを100倍楽しむ歴史雑学】
キングダムを100倍楽しむ

 

38代国王 燕王噲(かい)宰相、子之(しし)に政治を丸投げ

 

燕が王を名乗るようになり二代目の燕王噲は、全く政治に関心がない人物でした。

在世中から、宰相の子之を盲信して隠居状態になります。

 

さらに、何を思ったか「燕王は子之にこそ相応しい」と自分から禅譲を行い

紀元前317年、王位を子之に譲ってしまったのです。

 

これには、息子の太子、平(へい)も家臣も激怒し、

新しく王になった子之に反抗し燕は意味も無く内乱状態に陥ります。

 

隣国の斉が、太子平を助けると援軍を派遣するが・・

 

それを見ていた斉は、太子平を助ける事を名目に大軍を派遣しますが、

途中で豹変し、子之も、太子平の軍も攻撃して撃破します。

ここで、燕の前王噲は戦死、 燕は全領土を斉に征服されて

亡国状態になりました。

 

復讐に燃える、太子平は燕最大の名君、昭王になる

 

太子平は、再び軍を立てなおし、子之を滅ぼして王位に就きました。

それを見た斉軍は、太子平が今後斉に逆らわないという条件で

軍を引き上げる事に同意しました。

 

しかし、斉に荒らされた燕の傷痕は深いモノでした。

即位して昭王になった平は、斉への恨みを晴らさんとして、

復讐の鬼になり黙々と国内の整備と人材集めに全力を注ぎます。

 

名将、楽毅(がくき)、燕にやってくる

 

燕の昭王は、人材を集めるのにお金と労力を惜しみませんでした。

まず郭隗(かくかい)という人物のアドバイスを受けて彼を重用して

師と仰ぎ、大きな宮殿まで建てて与えました。

それを見た各国の名士は、

「郭隗如きでも大事にされるなら、俺達も重んじられるに違いない」と

燕にどんどん集まっていきます。

率先垂範を意味する慣用句「まず隗より始めよ」は、これが語源です。

それにより小国の燕には、場違いな優秀な人材があつまり、

国力は劇的に回復し強くなっていきました。

 

その中で魏から飛び出した楽毅も燕にやってきます。

そして、斉に復讐せんとする昭王の為に斉を包囲する、

五カ国連合軍のプランを提案して自ら奔走し、

ついに、紀元前284年魏、趙、秦、韓、燕の五カ国50万の大軍を集めて、

斉軍を撃破して斉の領土を奪い30年に及ぶ昭王の恨みを晴らしました。

 

昭王が死去し、燕は弱体化する

 

この時、燕の領土は斉も併合して、秦をも凌ぐものになりましたが、

間もなく昭王が死んで、息子の恵王が立つと、斉の田単の策にハマり、

楽毅を更迭してしまいます。

 

斉軍はこれで息を吹き返し、折角奪った斉の領地は全て奪い返され

燕の領地は一気に縮小してしまいました。

 

燕、趙が秦に滅ぼされて慌てはじめる

 

そこからの燕は、名君も出ず、没落一直線でしたが前面に趙が存在し

秦の盾になっていたので、その脅威を感じないで済みました。

ところが、紀元前228年に、秦が趙を滅ぼすと秦の脅威が燕に

襲いかかる事になります。

 

燕の太子丹(たん)、荊軻を使って秦王暗殺を企む

 

燕の太子丹は、秦王政に個人的な恨みもあり、これを殺したいと

考え、暗殺者の荊軻(けいか)を呼び出します。

荊軻は、秦王を殺すには、燕の本拠地の地図と秦から亡命した将軍、

樊於期(はんおき)こと桓騎(かんき)の首が必要だと言います。

 

丹は「地図は兎も角、自分を頼って逃げてきた桓騎の首は取れない」と拒否。

荊軻は、それならばと桓騎と直接交渉し桓騎

「俺の代わりに仇を討ってくれるならば喜んで・・」

と、みずからの首を刎ねて差し出します。

 

関連記事:【キングダム】桓騎(かんき)秦を亡命し樊於期と名前を変え秦王に復讐

 

荊軻、秦王暗殺に失敗、燕は滅ぼされる

 

ところが、荊軻の秦王暗殺は、あと一歩という所で失敗します。

暗殺の背景に燕がいる事を知った秦王政は激怒し紀元前226年

将軍王翦(おうせん)とキングダムの主人公、李信(りしん)に

軍を与えてこれを追討させます。

 

燕王の喜(き)は半年粘りますが、首都、薊を包囲されて遼東に亡命します。

しかし、それでも秦の攻撃は止まないので事件の元凶である息子の太子丹を

殺して、その首を秦の将軍の李信に届けて謝罪しました。

 

それから4年間、燕は遼東で亡命政権として存続しますが、

紀元前222年、秦王は気が変わり、再び燕王、喜を攻めて滅ぼしました。

ここで燕は滅亡して、その命脈を閉じています。

 

関連記事:王騎将軍は二人いた!キングダムのカリスマの真実 

関連記事:【キングダム ネタバレ注意】秦・中華統一後、王賁(おうはん)は今後どうなる?

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

燕は、春秋戦国時代の歴史の中では、ほんの一時の存在感ですが、

名将、楽毅を見出したり、一か八かの始皇帝暗殺を企んだりと、

時代の見せ場を作るのが上手い国であるように思います。

 

ただ、秦と隣接していなかったので、危機意識が鈍く、

最後の最期で秦と隣接して大慌てなどは、

中原から遠い国にありがちの情報力の弱さも感じますね。

でも、荊軻の始皇帝暗殺が成功していたら、秦はああいう

勢力争いが激しい国柄なので中国統一は、さらに数十年遅れたかも知れません。

 

関連記事:【キングダム ネタバレ注意】史上最悪の宦官 趙高(ちょうこう)誕生秘話 

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

関連記事:キングダムのレジェンド、楽毅(がくき)は何をした人?

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代  

 




関連記事

  1. 【秦の最強武将・白起】無敵の白起将軍の残念な最後
  2. 趙の旗 戦国策【趙策】人の支持を得て力を万倍とせよの巻
  3. 鼎(かなえ) 『鼎の軽重を問う』とは誰の言葉?五分でわかる春秋戦国時代のことわ…
  4. キングダム最新刊43巻発売決定!43巻の見どころとネタバレ予想!…
  5. キングダム 戦国七雄地図 戦国策【宋衛中山策】小国は色々大変なのよの巻
  6. キングダム45 これは凄い!司馬尚・龐煖のシバケンコンビがオルド将軍を撃ち砕く?…
  7. 李儒と三国志 キングダムファンなら絶対読むべき!三国志も面白い!
  8. キングダムに乗り遅れた人必見!!戦国時代をざっくりと紹介しちゃい…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. コーノヒロさん(はじめての三国志ライター)
  2. 徐璆
  3. 撃剣を使う曹丕
  4. 桂小五郎(木戸孝允)
  5. キングダム54巻amazon
  6. 荀攸
  7. 朝まで三国志2017 ka、周瑜、陸遜、郭嘉、荀、法正、孔明、司馬懿、袁術
  8. 張角は歴史の表舞台に登場

おすすめ記事

  1. 淳于瓊(じゅんうけい)はどんな人?実は無能ではなかった袁紹軍の都督 順調に将軍まで出世する陳武
  2. 賈詡に学ぶベストな転職の方法
  3. 三国志の時代は農民に至るまで腰に剣を佩いていた
  4. 【太史慈vs夏侯淵】射術の腕前はどっちが上なの!? 太史慈
  5. 【西郷どん】日米修好通商条約って何が問題だったの?
  6. 三国志時代のセキュリティはどうなっていたの?何でもかんでも機密保持じゃい!

三國志雑学

  1. すっぱーーーーー 許褚 ゆるキャラ
  2. 太史慈
  3. 法正と劉備
  4. 北伐する孔明
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志 画像準備中
  2. はじめての三国志 画像準備中
  3. 劉禅
  4. 董卓
  5. 孟嘗君

おすすめ記事

法正 呉の太子四友とはどんな人?権力闘争に敗れ失脚していくエリート 【蒼天航路】よかミカンが選ぶ面白ポイント6選 佐久間象山は狂人吉田松陰をどう評価した ロバ顔の諸葛瑾 三国志好きならニヤリとできる!諱、字、一番多い姓、珍しい姓を紹介しちゃいます♪ 明智光秀 麒麟がくる 明智光秀は琵琶湖の城の城主だった!明智光秀が琵琶湖の城主になった経緯 武田騎馬軍団 馬場信春 武田信玄の騎馬隊は弱かった?真実を検証 孔明 127話:迫る第四次北伐と蜀の抱える二つの問題点 黒田官兵衛は牢屋に閉じ込められた時に何で自殺しなかったの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP