三国志や曹操を分かりやすく紹介|はじめての三国志

menu

春秋戦国時代

介子推(かいしすい)とはどんな人?晋の重耳に自らの身を犠牲にして忠誠を尽くす

photo credit: High grain performance via photopin (license)
この記事の所要時間: 423




 

春秋の五覇の一人に数え上げられる晋の重耳(ちょうじ)は、

歳をとってから君主の座に就きます。

その原因は若い時に晋の国が乱れたせいで、国外に逃亡しなくてはなりませんでした。

そのため彼は、晋の国の君主として立つまで、

10年以上も諸国を放浪することになります。

この時彼に付き従って旅をつづけた家臣は多くいますが、

その中で自分の身を犠牲にして晋の文公を支えた

忠義の化身である介子推(かいしすい)を取り上げたいと思います。

 

関連記事:これであなたも知ったかぶり!春秋時代をザックリ紹介!




自らを犠牲にする

 

史記は介子推がいつ頃から彼に従ったか明記しておりません。

しかし晋の文公に付き従って彼を支えたのは間違えありません。

その証拠として、晋の文公が晋の国を出た際に、彼も付き従って晋の国を出ます。

そして重耳と共に各地を放浪する事になりますが、ある時食料が無くなってしまいます。

そこで彼は自分の太ももを切り取って重耳に与えます。

重耳は自らの肉を切り取った介子推に感謝を伝えて、彼の肉を食べたそうです。




自分の功績を誇らない

 

このように介子推は自らを犠牲にして、重耳に仕えます。

その後も長くて辛い放浪生活を続けますが、秦の君主の助けを得てようやく晋の国に帰還することがかないます。

こうして重耳は晋の国の君主として擁立され、晋の文公となります。

その後晋の文公は、自分が放浪の旅を続けていた時に付き従ってくれた家臣たちに

褒美を与えます。

ある家臣は自らの功績を誇らず、自分に多くの過失があったと文公に言います。

しかしこのやり取りを聞いていた介子推は「あいつは自分を謙遜してあんなことを言っているが、

褒美がほしいと意思表示しているのと同じだ」と怒ります。

そして介子推は「こんな卑しい人と一緒にいるのは御免だ」と言って

文公の元を去っていきます。

 

文公から何の報いもない

 

こうして晋の文公は自分と共につらい旅を味わった配下達にねぎらいの意味を込めて、

領地や爵位を与えていきますが、

介子推には一切褒美を与えることはありませんでした。

介子推も自分の事をアピールせず、文公の元を去っていきます。

 

介子推の従者が張り紙を貼る

 

介子推の従者は、介子推が一生懸命文公の為に尽くしてきたのに、

何の褒美も与えない事に激怒し、ある張り紙を貼ります。

その張り紙に書いた内容は「龍は天に上るために五匹の蛇が助けます。

四匹の蛇は龍から報いてもらうことができたが、一匹の蛇は何にももらえず

龍の元を去った。」との内容です。

この張り紙の内容は晋の文公が放浪の旅をしていた時、

五人の家臣が必死に彼を助け、晋の国主になった時、

四人は文公から褒美をもらい満足しますが、

一人(介子推)だけが何ももらえないという意味です。

この内容を知った文公は介子推が籠っている山を彼に与えることにします。

そしてこの山を「介山(かいざん)」と名付け、彼の領地とします。

 

介子推を偲ぶまつりがあった

 

十八史略(じゅうはちしりゃく)と言われる歴史書には、

介子推は文公の元を去って山にこもりますが、

その後文公は介子推が籠った山に火を放ちますが、

文公は介子推が逃げられるように、

山の中にある一本の道には火が燃え広がらないようにします。

この時介子推は山から下山せず、

そのまま一本の木の下で母親と共に焼け死んでおりました。

その後介子推を偲ぶことが風習化され、

清明節(せいめいせつ:旧暦の2月頃~3月後半)の前日には、

中国の人々は家の戸口に柳の枝を指して、介子推の魂を呼び寄せていたそうです。

この風習を寒食節と言います。

この寒食節は今日の中国では行っている人はほとんどいません。

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

春秋五覇の一人に数え上げられる偉大な君主であった晋の文公ですが、

自分に身をもって忠義を尽くしていた人材に何も報いることをしなかったのは、

最大の汚点であると思います。

自分に何も報いなかった文公の悪口を言わず、

晋の文公の元から去った介子推はかなりの人物であったと思われます・

それにしても誰かに言われるまで、

晋の文公は介子推の事を思い出さなかったのでしょうか。

これは一つの事を物語っている証拠であると思います。

名君と言われた文公ですら功績のあった臣下に報いることをしなかったのであれば、

現在の会社などでは自分の手柄をアピールして、

上司に功績を認めさせたほうが昇進につながるのではないでしょうか。

過度なアピールは禁物ですが、

少しくらいはアピールして印象をづけたほうがいいのかもしれませんね

「今回の春秋戦国時代のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじさんでお会いしましょう。

それじゃあまたにゃ~」

 

関連記事:狐偃(こえん)とはどんな人?晋の文公を覇者の地位までのし上げた宿臣

関連記事:劉邦や劉備も手本にした人物 「重耳」 とは?

関連記事:これであなたも知ったかぶり!春秋時代をザックリ紹介!

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー



よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

兵馬俑 kawauso

 

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

キングダム 政

 

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

 

兵馬俑

 

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

 

始皇帝

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

 

この記事を書いた人:黒田廉(くろだれん)

 

黒田廉

■自己紹介:

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

■歴史人物:

張遼孟嘗君、張作霖など

■何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. photo credit: a devilish cornflower via photopin (license) 【戦国四君物語】史記から見てみた魏の信陵君ってどんな人?
  2. 飛信隊 飛信隊はどのような構成だったの?史実をもとに強さも考察
  3. 羌瘣 キングダムの羌瘣(きょうかい)は実在したの?飛信隊の美女にはモデ…
  4. 氐族 冒頓単于(ぼくとつぜんう)とはどんな人?漢帝国の宿敵で匈奴の名君…
  5. キングダム 【キングダム】趙の慶舎(けいしゃ)は実在したの?史実を元に真実の…
  6. 張良 これであなたも知ったかぶり!春秋時代をザックリ紹介!
  7. 始皇帝 マジですか?始皇帝が半両銭に込めたメッセージに震える・・
  8. photo credit: A dreamy pair via photopin (license) 范雎(はんしょ)とはどんな人?平民から秦の宰相まで上り詰め、恩と…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 宦官VS外威 三国志
  2. photo credit: Pink love via photopin (license)
  3. 蒼天航路
  4. 曹彰
  5. 司馬懿
  6. 小早川隆景 wiki
  7. 孔明 郭嘉 周瑜
  8. 司馬懿 仲達
  9. 孔明
  10. 項羽と劉邦

おすすめ記事

  1. 90話:張任によって龐統討たれる 張任と劉璋
  2. 孔融(こうゆう)とはどんな人?孔子の子孫だが、曹操を批判して身を亡ぼした学者 孔融
  3. 仰天!三国志の時代にはナビゲーション技術があった!? 三国志 関羽
  4. 52話:袁紹を破った曹操は、中原最強の勢力に成長 官渡の戦い 曹操 勝利
  5. 誘引の計にかかった関羽、ブチ切れる。 関羽 大暴れ
  6. 王莽(おうもう)史上初、帝位を簒奪した男  王莽

三國志雑学

  1. 孔明
  2. 貂蝉イラスト0011
  3. 江戸
  4. 三国時代の兵器(魏軍合体ロボ) 曹操
  5. 五禽戯と華佗

ピックアップ記事

  1. 劉備
  2. 曹操
  3. 三国志 関羽
  4. 劉邦と簫何
  5. スキッパーキ
  6. 司馬懿
  7. 岳飛
  8. 朝まで三国志

おすすめ記事

photo credit: Blue Rose Macro - HDR via photopin (license) 徐宣(じょせん)とはどんな人?魏の三代に仕えて歴代の君主に褒められた忠義心の塊 曹操 健康 【シミルボン】不老不死の為なら死んでもいい!寿命を縮めた曹操のデタラメ健康 劉備 もし張飛が殺されなかったら「夷陵の戦い」はどうなった? ロバ 諸葛瑾 三国志好きならニヤリとできる!諱、字、一番多い姓、珍しい姓を紹介しちゃいます♪ photo credit: Sunset, Rock Valley via photopin (license) キングダムのレジェンド、楽毅(がくき)は何をした人? 劉禅0 実子劉禅(りゅうぜん)と養子劉封(りゅうほう)の明暗 司馬懿 【五胡十六国】ねぇ?三国志の後ってどうなるの?アフター三国志を紹介 公孫淵 公孫淵(こうそんえん)とはどんな人?遼東の王として君臨するも自らの力を知らずに過信した男【遼東三代記】

おすすめ記事

  1. なぜ関羽は神様になったのか?忠義神武霊佑仁勇威顕関聖大帝 関羽 神様
  2. 英雄たちの武器~青龍偃月刀と蛇矛を徹底分析 セイリュウ刀と蛇矛 張飛
  3. 121話:孔明、後継者姜維(きょうい)を得る 孔明と姜維
  4. 88話:劉備を大歓迎する劉璋だが張松の失策で崩壊する 劉璋と劉備
  5. 権力者の重圧?酒癖の悪かった呉の孫権 孫権と三国アヒル
  6. 【三国志界の絶対王者】袁術の『陽人の戦い』は頑張らなくても成果がついてくる。その理由とは? 袁術
  7. 墨家(ぼっか)が滅んだ理由と創設者 墨子はどんな思想だったの? photo credit: Fishing Net Float via photopin (license)
  8. そうだったのか!武器の特徴を知ると三国志の時代の戦い方が分かる! 朝まで三国志 公孫瓚

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP