朝まで三国志悪
広告




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

三国志の時代のお祭りは、どんな様子だったの?

この記事の所要時間: 329




曹操 ヨイショ

 

夏と言えば、地元の盆踊りや夏祭りではないでしょうか?

遥か昔からの風習で、特別目新しいアトラクションがあるわけではないですが、

鎮守の森に町内の人達が集まり、花火が上ったり、金魚すくいや綿あめ、

射的、祭囃子に浴衣姿など、非日常な風景が、いつも印象に残ります。

では、三国志の時代には、お祭りなどあったのでしょうか?

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら




漢の時代には、年間八日の祭りが存在した

曹操 劉備 呂布 酒

 

さて、三国志の時代に近い、漢の時代には、どんな祭りがあったのでしょうか?

まず、漢の時代の祭りは祝日なので仕事も休みでした。

祝日は、お正月を除いて、上元(じょうげん)、上巳(じょうし)

伏日(ふくじつ)蝋日(ろうじつ)、春秋の社(やしろ)、

夏至(げし)、冬至(とうじ)の合計8日間です。

 

この8日間は、国が定めた祭日で、商人も農民も漁民も過酷な労働を忘れ、

牛を殺して肉を分けて食べ、酒を造って、たらふく食べて飲んで、

ストレスを発散させたそうです。




それぞれの祭日を紹介

劉備 桃園

 

では、漢の時代の8日の祭りについて紹介します。

 

上元・・・正月十五日に行う祭りで、当時は夜中に出歩く事が

執金吾(都の警備長官)により禁止されていましたが、この日だけは

皇帝の特別の赦しで、夜を徹して遊ぶという事が許されていました。

 

上巳・・・三月に行い、近くの河に行って川の水に足を入れて禊をします。

禊は形だけで、近くに敷物を広げてご馳走を並べて飲み食いしました。

 

伏日・・・夏にある祭りで、牛を潰して肉を切り分け、酒を造って

飲み食いしました。役所も早く閉めてしまう習わしだったようです。

 

蝋日・・・冬に行いますが、伏日と同じような内容です。

 

夏至・・・官公庁もすべてお休みで、家に帰りご馳走を造って

飲み食いし近所の人と団欒したという事です。

 

冬至・・・夏至と大体同じような事をしたようです。

 

春秋の杜祭・・農作業の始めと終わりの収穫の時に行った祭り、

 

日本の夏祭りに酷似した春秋の杜

夏祭り 花火 f

 

この8日間の祭りの中で、周の時代から続き、

また、日本の夏祭りにとても近いのが春秋の社の祭りです。

 

この時代の人々は、大体、25戸位の里(り)が一つになり、

集落に社を造るのが習わしになっていました。

 

社は土を盛りあげて基礎を築き、正面には門を構えて、

敷地内には、沢山の樹木を植えたと言われます。

本来、土地の神様を祭るもので、日本の鎮守の森と同じ発想です。

 

旧暦の二月と十月に祭りを行い、十月には収穫祭で、

太った牡牛を生贄にして、来年の豊作を祈ったそうです。

日本では鎮守の森ばかりでなく、夏祭り会場は、

神社やお寺になったりしますが、いずれも緑が多く、

樹が生い茂るのは共通した特徴ですね。

 

陳平が肉を公平に切り裁いたのは、この春秋の杜だった。

陳平

 

史記には、兄夫婦の居候だった陳平(ちんぺい)が、里中の社祭で

生贄の肉を公平に分けて村の長老達の評判を得たとありますが、

陳平が肉を切り分けたのもこの春秋の杜祭でした。

 

ここで切り分けた肉は村の人々に分配され、酒も振る舞われて、

社の周辺は里中の人々でにぎわいました。

そればかりではなく、神が宿る杜は揉め事が発生した時に、

嘘偽りを言わないという誓いの場所にもなっていました。

 

関連記事:陳平(ちんぺい)とはどんな人?詐欺師か、天才軍師か?謀略の達人

関連記事:炙り焼肉にソーセージ?とりあえずビールと言いたくなる三国時代の食事

 

孔子の弟子が鳥を取ろうとして叱られた神聖な社

孔子

 

社は神聖な場所で、普段から人が故なく入らないように管理されました。

孔子の弟子の子路(しろ)と子貢(しこう)が社の前を通り、

樹上の鳥を子路が獲ったので管理をしていた番人が怒り、

子貢が、慌てて取り成したという逸話もあります。

 

また、後漢の学者の蔡邕(さいゆう)は、新しい社が出来た時に、

頼まれて、碑を書いたりしている事から、後漢の頃でも、

社は大事にされていた事が分ります。

 

関連記事:知らないと損をする!孔子に学ぶ健康法が参考になりすぎる!

関連記事:甘寧や袁術もびっくり!実は大事にされた料理人(厨師)

関連記事:三国志時代は拓本だらけでまるでスタンプラリー状態だった?石碑乱立の秘密

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

このような春秋の社の祭りは、南宋時代までは続きましたが、

モンゴルの元が中国を支配すると、禁止されるようになり、

その後、途絶えてしまったそうです。

 

その理由は、社には大勢人が集まり、笛や太鼓をドンドン鳴らすので

モンゴル人官僚には、それがモンゴルに反逆する為の戦の準備に

見えたからだとも言われています。

 

このような様子を聞くと、ますます日本の夏祭りに近いですが、

習慣が滅んでしまった今となっては確認も出来ませんね。

 

本日も三国志の話題をご馳走様・・

 

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?

関連記事:【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

 

よく読まれている記事

 

曹操01

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

朝まで三国志

 

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

kawauso 投壺

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

袁紹 曹操

 

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 【キングダム】趙の慶舎(けいしゃ)は実在したの?史実を元に真実の…
  2. さよなら2015年!年忘れだよ♪三国武将の名言・珍言語録
  3. 何で賈詡は董卓残党を奮起させて王允の政府を破壊したの?
  4. 三国志の時代に実際にあった計略について徹底紹介
  5. 蜀討伐戦の驚きの真実!鄧艾は孫子の兵法書を応用していた!
  6. 「キングダム」に学ぶ成功哲学!先んずれば人を制すって何?
  7. とっても皇帝になりたかった袁術
  8. 【三国志女性列伝】実は貂蝉は呂布の正妻だった!?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. あの曹操が箱入り娘ってどういうこと!?華容道って、なに?
  2. 孫礼(そんれい)とはどんな人?境界事件を解決したにも関わらず理不尽な罰を受ける
  3. 三国時代の税金の種類と分類をわかりやすく解説!税制がわかると三国志もよく分かる!
  4. 呉と倭は外交交渉をしていたの?日本を目指した衛温と諸葛直
  5. 呂不韋の出世のきっかけはここから始まる!
  6. はじめての三国志 アンケートのお願い

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

楊貴妃(ようきひ)とはどんな人?玄宗皇帝を夢中にさせた世界三大美女 三国志の時代の数学を体験してみよう!なんと円周率はおよそ3ではなかった!? さよなら戦国BASARA!イケメン真田幸村の不細工伝説 日本の外交官も参考にすべき?三国志の外交交渉能力ベスト10 曹家の文才「三曹七子」って何? 蒙恬(もうてん)はどんな性格なの?真面目さの照れ隠しの軽い性格 豊臣秀吉の天下統一の第一弾「四国征伐」に向けて何をしたの? 【三国志×位置ゲー】スマートフォンゲームアプリ『見つけて!三国志』iOS版 配信開始!

おすすめ記事

  1. 109話:曹丕が献帝を廃し魏を建国
  2. 平原君(へいげんくん)ってどんな人?欠点多いけど結果オーライ!人間臭い趙の英傑
  3. はじめての三国志 4コマ劇場 「長坂橋を死守する張飛くん」
  4. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.2
  5. 三国志の時代の庶民の家はどんな建物をしていたの?
  6. 魏の三代目皇帝・曹芳(そうほう)就任により魏は滅びの道を歩んだ?
  7. 5話:頓挫する王莽の新と、後漢王朝の復活
  8. 驚愕!実は名築城家でもあった魏延の意外な才能!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP