法正特集
if三国志




はじめての三国志

menu

はじめての変

陳平(ちんぺい)とはどんな人?詐欺師か、天才軍師か?謀略の達人




孔明 郭嘉 周瑜

 

三国志と言えば、孔明(こうめい)や郭嘉(かくか)程昱(ていいく)

周瑜(しゅうゆ)のような権謀術数を駆使する軍師で有名ですが、

それを遡る事、400年の昔の楚漢の戦いの時には味方にさえ

本心を疑われる程の病的とも言える謀略の天才がいました。

曹操(そうそう)が救賢令で名を出してまで絶賛した謀略の達人、

陳平(ちんぺい)を紹介します。

 

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき! 



勉強ばかりで仕事をしなかった陳平

陳平

 

陳平(?~BC178)は、陽武戸牖郷(ようぶこゆうきょう)に生まれます。

生家は、決して裕福ではありませんが、陳平は背が高く容姿が美しかったようです。

陳平は勉強ばかりで家業である百姓仕事をしませんでしたが、

兄の陳伯(ちんはく)は、そんな陳平を見込んで、めったに家業を

手伝わせなかったようです。

 

陳平

 

そんな特別扱いに腹を立てた陳伯の妻が陳伯に文句を言うと

「俺の弟をなじるような女は出て行け!」と妻と離婚しました。



成人した陳平、未亡人に目をつけ計略を用いる

太后

 

陳平は成人しますが、貧しい事に違いはありません。

そこで、陳平は手っとり早く金を得る為に、近くの未亡人をターゲットにします。

その未亡人は張氏という金持ちの娘でしたが何故か男運がなく、

彼女と結婚した男は、五回連続で早死にしていました。

 

陳平

 

陳平は、そんな張氏に近づき冠婚葬祭を積極的に手伝っていきます。

さらに、陳平は、家は貧しいのに名士と付き合いがあるように見せる為に

家の門の前をわざわざ馬車を走らせて轍をつけて、いかにも名士と

交流があるかのように見せ掛けました。

これにすっかり騙された張氏は、陳平に娘を娶らせたのです。

 

陳平、祭祀の肉を均等公平に分配して脚光を浴びる

陳平

 

こうして、資金を手に入れた陳平は、これを元手に地元の名士と、

積極的に付き合い、広く人脈を築きました。

また、ある祭事では、かならず揉めてしまう生贄の肉の分配を、

陳平が公平かつ均等、迅速に行い、街中の注目を浴びます。

しかし、陳平の野望は街の注目程度では満足しませんでした。

 

「俺に天下を任せてくれれば、この肉のように素早く裁いてみせるのに」

とため息を漏らしたそうです。

 

始皇帝死す、陳平、魏王になった魏咎(ぎきゅう)に仕えるが・・

photo credit: Clover Flower via photopin (license)

photo credit: Clover Flower via photopin (license)

 

紀元前210年、始皇帝(しこうてい)が死去、翌年には農民出身の

陳勝(ちんしょう)・呉広(ごこう)が反乱を起します。

これに呼応した魏咎が魏王を名乗ると、陳平は「野望を叶える好機」と

街の若者を連れて魏軍に合流します。

ところが魏咎は、大した人物ではなく、陳平の献策を全て無視します。

ばかりか、陳平は魏咎の家来達に讒言されたので、殺されるのを恐れて逃亡しました。

 

関連記事:始皇帝が眺めていた星空から星座が分かる。凄い!ギリシャ神話にも劣らない中国の星座

関連記事:秦の始皇帝ってどんな人だったの?幼少期編

関連記事:始皇帝が中国統一後、わずか15年で秦が滅亡した理由|始皇帝がブサメンだったから?

関連記事:滅びゆく秦、そして中国に二人の巨星が現れる

 

陳平、今度は項羽(こうう)に仕えるが・・

項羽 はじめての三国志002

 

陳平は、次には、反秦連合軍をまとめている項羽の陣営に入ります。

ここで陳平は項羽に謀反を起した殷(いん)王 司馬卭(しば・ごう)を降伏させ、

都尉に任命されますが、ほどなく司馬卭は今度は劉邦に降伏してしまいました。

 

項羽「殷王の風見鶏め!劉邦に降りおって、

大体、先にヤツを降伏させた連中は何を見ておったのだ!」

 

陳平

 

項羽は、こうして、司馬卭を降伏させた者達まで誅殺しようと考えます。

陳平は誅殺される前に都尉の印綬と項羽から貰った金銭を全て返還して、

素早く逃亡してしまいました。

 

【次のページに続きます】



ページ:

1

2

関連記事

  1. かぼちゃ 孫権 本職より美味いカボチャを作った農夫・孫権
  2. 政(始皇帝) 秦の始皇帝の時代ってどんな時代?分りやすく解説するよ
  3. 87話:劉備、蜀への侵攻を決意
  4. 古代エジプトのグライダー 「古代エジプトのグライダー」ニセモノ説は冤罪だった【HMR流◯転…
  5. 馬超の仲間入り 衛青(えいせい)とはどんな人?前漢時代最強を誇っていた匈奴を打ち…
  6. 関羽 神様 なぜ関羽は神様になったのか?忠義神武霊佑仁勇威顕関聖大帝
  7. 陳宮 陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家…
  8. 曹操くんポカーン。こやつ何を言ってるんじゃ?古代中国の方言から現…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 邪馬台国の卑弥呼はアイドル
  2. 桃を持った姜維(はじめての三国志)
  3. 于吉と張角
  4. 王昭儀
  5. 孫権に諫言する陸瑁
  6. キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)

おすすめ記事

  1. モンゴルの漢族支配から生まれた名物料理「刀削麺」 辮髪(べんぱつ)
  2. 身内以外の意見は聞かない暴れ者・項羽が少年の意見だけは聞いた?
  3. 鎌倉時代のポピュラーな産業や経済は?高利貸業も盛んになった鎌倉時代 鎌倉時代 服装 男女
  4. ええっ?こんなに大変だったの!献帝の東遷を地図で徹底解説
  5. 三国志時代では戦死した遺体はどうしてたの?亡骸を運んだ霊柩車 槥
  6. 【俺たちだって五虎将だ!】魏の五虎将たち~張郃篇~ 馬謖の陣形に笑う張コウ

三國志雑学

  1. 孔明
  2. 関羽
  3. 周瑜 死
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 荀攸と曹操

おすすめ記事

三国夢幻演義バナー 龍の少年 【PR】一味違った「三国志」をどうぞ 魯粛、周瑜、袁術 袁術が天下を統一するためにみんなで考えよう【第2回】 鍾会を説得する姜維 姜維はどうして鍾会を同志に選んだの? アンゴルモア元寇合戦記二巻ネタバレレビュー 月刊はじめての三国志2017年12月号 (桃園出版 三国舎)の販売を開始しました 【世界版】死者同士の結婚「冥婚」は韓国・台湾・アフリカ・フランスにもあった!? 項羽 「キングダム」に学ぶ成功哲学!先んずれば人を制すって何? 尼子晴久 尼子晴久(あまごはるひさ)とはどんな人?毛利家最大の敵として立ちはだかった中国地方の戦国大名

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP