広告募集
HMR

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

気が抜けない!三国志時代の旅行は命がけだった!

この記事の所要時間: 234




呂布と劉備

 

秋は美味しい物や季節の風物を求めて、旅行する人が増えますよね?

今の人程、気軽ではないにしても、三国志の時代も旅行をする機会はあった筈、

では、三国志の時代の旅行とはどんなものだったのでしょうか?

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら




三国志の時代、宿屋には二つのタイプがあった。

張良 劉邦

 

三国志の時代には宿屋のシステムは大きく分けて二つありました。

一つは役人等公務員だけが利用できる施設で都亭、郷亭、伝舎と言い

こちらは、亭長のような専任の役人が応接してくれ食事も出ました。

亭長は最下級の役人で治安維持と役人の接待を務めている仕事で、

後に天下を獲る漢の高祖、劉邦(りゅうほう)も沛の亭長でした。

 

一方で、民間人が利用する宿は逆旅(げきりょ)と言います。

逆は迎えるという意味で、旅人を迎える場所という意味です。

こちらは、民間人が営んでいる宿屋でした。




何と食事は自炊、楽しみが半減する三国志の旅

12-5_%e9%a3%9f%e6%96%99%e3%82%92%e6%8c%81%e6%ad%a9%e3%81%8f%e6%97%85%e8%a1%8c%e8%80%85

しかし、当時の逆旅は部屋を貸すだけで食事は出ませんでした。

逆旅で食事が出るようになるのは、唐から宋の時代の事です。

三国志の時代の旅人は、自炊をするしか方法がありませんでした。

鍋や釜は一応、逆旅に備品がありましたが、宿が混んだら

レンタルできる保証もないので、自分で持ち歩かないといけません。

 

つまり当時の旅行者は、歩き疲れて宿屋に入り、

さらに食事も自分で造らないといけなかったのです。

もちろん、荷物は膨大になり馬車に生活道具一式を詰めて

今でいう引っ越しのような状態で旅をしたのです。

 

食糧や水を持ち歩かないといけない

空腹の兵士

 

自炊するという事は、もちろん食材も煮炊きする薪も自前という事になります。

荘子には、

 

百里を行く者は宿に糧を舂(うすつ)き

千里を行く者は、三月の糧を聚(あつ)む

 

とあり、百里を旅行すれば宿屋で自炊し千里を旅行するなら

三か月分の食料を集めないといけないと書いています。

 

もし、途中で食糧が尽きたり、旅費がつきたら、それこそ悲惨で

韓娥(かんが)という人は旅の途中でお金が尽きたので

自慢の喉で歌いながら旅をして客からお金を貰って食いつなぎ、

孔子(こうし)は陳の国で食糧が尽き従者が立てなくなる程に衰弱しました。

 

幸い水だけは、街道の途中、途中で休憩の為の井戸が

掘られていましたが、食糧は買うか持参して持ってくる

しかなく、やはり荷物の量を多くしたでしょう。

 

手ぶらの楽ちん旅行など、この当時はあり得なかったのです。

 

通行手形を持っていないと逮捕された

12-6_%e9%80%9a%e8%a1%8c%e6%89%8b%e5%bd%a2%e3%82%92%e8%bb%a2%e5%a3%b2

食糧の問題以上に、旅行者を悩ませたのが節伝(旅行券)でした。

どのようなものかというと、二枚の絹の中央に文字を書いて、

それを旅人と役所が片方ずつ持って照会するという仕組みです。

 

すでに周の時代から節伝は存在していて、これを保有していないと、

逆旅に泊る事は出来ず、それどころか保有していない事がバレると

不法旅行者と見做され逮捕されて牢獄に送り込まれました。

 

これは、役人でも同じであったようで、旅の途中で節伝を紛失すると

アジャパーな状態になる可能性があったのです。

しかし、後漢の時代になると、節伝を持たない人間を当て込んで、

これを売る人が出たようです。

 

どうやら、節伝は旅行が終わっても返す性質のものでもなく

個人個人で番号が違うわけでもないので、転売が出来たようです。

恐らく、困っている人の弱みに付け込んで法外な値で

売ったでしょうから大いに儲かる商売だった事でしょう。

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

旅行というと、物見遊山でなんだか楽しそうですが、

少なくとも、三国志の時代には、そうではなかったようです。

 

何しろ自炊用の荷物と食糧と薪のような燃料を車に積み上げて、

三度の食事は自分で用意しなければいけないわけですから、

食事が済んだら、バタンキューで観光どころでは無かったでしょう。

 

一方で、役人専用の宿舎に泊れる人は、食事の面倒も

炊事道具も要らずかなり楽ちんな旅が出来たでしょうね。

 

本日も三国志の話題をご馳走様です。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?

関連記事:【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

 

よく読まれている記事

 

曹操01

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

朝まで三国志

 

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

kawauso 投壺

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

袁紹 曹操

 

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 曹操の北伐~袁氏の滅亡~
  2. 公孫度(こうそんたく)とはどんな人?幸運に恵まれ、遼東の王になっ…
  3. 【江陵攻防戦】名将・曹仁が見せた粘り腰が周瑜に致命的な一撃を加え…
  4. 三国志時代の兵士の給料と戦死した場合、遺族はどうなってたの?
  5. 主人公になるべく登場した男、劉備玄徳
  6. 【悲報】孔明の発明品で戦死した人物が実在した。鎧を過信した南朝宋…
  7. どうして陳宮は呂布に従えたの?呂布を見捨てなかった天才軍師の生涯…
  8. 【はじめての君主論】第2話:愛されるより恐れられよ!董卓の恐怖政…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 田横(でんおう)ってどんな人?不撓不屈の精神で正義を模索した王の生涯
  2. 【衝撃の事実】日本の戦国時代にも三顧の礼があった!
  3. 陸遜の死後、一族はどうなったの?呉の滅亡後、晋の散騎常侍に仕えた一族達
  4. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.7
  5. 原泰久スゲー!虚構の秦・斉秘密同盟に隠された意図とは?
  6. 趙雲(ちょううん)ってどんな人?蜀の五虎将軍の中で寿命を全うした猛将

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

張良(ちょうりょう)とはどんな人?高祖劉邦の右腕として活躍した天才軍師(2/3) 趙雲と姜維の一騎打ち!姜維の武勇は本当に凄かったの? 表向き武力を用いない王朝交代劇「禅譲」、曹操と荀彧の思惑は? 【戦国四君にまつわる逸話】趙の貴公子・平原君って人を見る目がなかった? 幻の皇帝?曹操が最も愛した息子……曹沖について 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十七話「消された種子島」の見どころ紹介 豊臣秀頼(とよとみひでより)は本当に豊臣秀吉の息子なの? 【名将対決】雷神と恐れられた名将立花道雪VS呉の名将陸遜 Part.2【完】

おすすめ記事

  1. 大阪冬の陣では後藤又兵衛はどんな活躍をしたの?
  2. 【すこやか三国志】やばい!乗馬をやめてデブった董卓と劉備
  3. 華歆(かきん)とはどんな人?孫呉の英雄達に仕えた文官
  4. 実は笑い上戸のちっこいオッサン? 『曹瞞伝』に見る曹操像
  5. 【戦国四君物語】史記から見てみた魏の信陵君ってどんな人?
  6. 劉備は何で蜀を建国しようと思ったの?三国志演義で人気を占める蜀の秘密に迫る
  7. 【孫呉決定版】周瑜・陸遜それとも呂蒙!?正史三国志・呉書で一番軍略に優れていた人物とは?
  8. 【袁術のちょっとイイ話】袁術(えんじゅつ)と蜜柑のお話

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP