呂布特集
コメント機能リリース




はじめての三国志

menu

楚漢戦争

劉邦(りゅうほう)ってどんな人?百姓から頂点を極めた漢の建国者

劉邦はヤンキー




劉邦

 

漢字、漢民族、漢(おとこ)など、漢の名前を冠した言葉は幾つかあります。

これらは、紀元前202年に西楚の覇王、項羽(こうう)を倒して劉邦(りゅうほう)が建国した王朝、

前漢(ぜんかん)に由来しています。

 

三国志の英雄、劉備(りゅうび)の遠い祖先でもある劉邦この人物は、

一体、どのような人生を送ったのでしょうか?

 

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき!

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

 

中国史上でただ二人、百姓から頂点を極めた男

劉邦 農民

 

劉邦(BC257・247~BC195年)は字を季(き)といい

沛県郡、豊県、中陽里という小さな村に産まれました。

劉邦の字の季とは、末っ子という意味で、上に劉伯(りゅうはく)、次男に劉喜(りゅうき)、

異母兄弟に劉交(りゅうこう)がいます。

 

父は劉太公、母は劉媼(りゅうおん)と言いますが父母に関しては名前が伝わっておらず、

太公はお爺さん、媼はお婆さんという意味です。

 

そこから分かるのは、劉邦の家は系図など存在しない百姓家だったという事で

中国の長い歴史でも百姓から出発して、皇帝に即位したのは劉邦と

明を建国した朱元璋(しゅげんしょう)のたった二人だけです。

 

怠け者のヤクザなのに何故か周囲に愛された劉邦

劉邦 ヤンキー

 

さて、劉邦ですが、百姓の家に生まれながら野良仕事が大嫌いでした。

生家は、百姓でも、異母兄弟がいる位ですから、父は豪農だったかも知れません。

 

それを幸いに、劉邦は成人してもぶらぶらと遊び歩き、当時、大人物として

名前が知られていた魏の信陵君(しんりょうくん)に憧れ、

任侠の世界に飛び込んで、あちこちを渡り歩き、身を固めようともしません。

 

しかし、仕事を頼んでも身を入れず、失敗したり投げ出したりの劉邦は

何故か人に好かれる不思議な愛嬌の持ち主でした。

彼の失敗は何故か周囲がフォローしてくれて、劉邦は逮捕されたり

罰を受けさせられたりするような事もなかったのです。

 

また劉邦は、体が大きく威風堂々としていて、顔も面長で立派な黒々したヒゲを

蓄えていました。

つまり、定職にもつかない癖に見た目は立派だったのです。

そんな彼は、お金も持たずに居酒屋で飲み食いしましたが、劉邦の立派な顔相を見る為に

大勢人が集まり居酒屋は繁盛したので店主は劉邦に無料酒を飲ましたと言います。

 

【劉邦 vs 項羽】
楚漢戦争

 

劉邦、亭長に抜擢、しかし時代の波が劉邦を飲みこむ

ゴールを決める劉邦

 

さて、40歳を過ぎた劉邦は相変わらず、子分達を集めて、

無為徒食を繰り返していましたが、とある縁で亭長という最下級の役職を与えられます。

 

亭長は、村の治安を乱すような人間がいたら捕まえる自警団に毛が生えたような仕事ですが、

腕っ節の強い子分を抱えた劉邦に悪さをさせるより亭長にして、

無駄に多いエネルギーを村の為に役立てようという思惑があったようです。

 

ところが、亭長をしていた劉邦に秦の役人から人夫を引率して始皇帝の墓である

驪山陵(りざんりょう)の建設に従事するように命令が下ります。

 

劉邦が集めた人夫が続々逃亡、その時、劉邦は?

劉邦

 

しかし、驪山陵での労働は激しく、死人が出るような大工事であるという噂は、

田舎の中陽里にまで伝わっていました。

劉邦は、村人をなだめすかして、何とか規定の人数を集めますが、

村を出発してから、10日も経たない間に、半分もの人夫が逃亡しました。

 

秦の法律では、人夫を管理するのは引率責任者の仕事です。

もし、定められた人数を連れてこれなければ、引率者は罪人として逮捕され

今度は強制労働で死ぬまで働かされます。

 

劉邦は数日、やけ酒を浴びる程飲んだ挙句、残った人夫を集めました。

 

「お前達も知っている通り、最初いた人夫はもう半分もいねえ

秦の法律では、このまま咸陽まで行っても、俺は罪人として強制労働だ

だからよ、俺も逃げる事に決めた!お前達も、それぞれ逃げていいぞ」

 

劉邦の逃げる発言に人夫達に動揺が走りました。

 

「そんなぁ、、そうしたらオラ達はどうなるんですか?

このまま田舎に帰ったら秦の役人に捕まります」

 

「しゃあねえだろ、、皆逃げちまうんだから、、でも、

どうしてもって言うなら、俺と一緒に沼沢に隠れて山賊させてもいいぞ」

 

どこにも行き場がない人夫達は、劉邦の子分になり、こうして劉邦は、

山賊の親玉になってしまうのです。

 

関連記事:秦の始皇帝が造り出した伝国の玉璽

関連記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

 

陳勝(ちんしょう)、呉広(ごこう)の乱勃発、劉邦沛公になる!

陳勝、呉広の乱

 

このままでは死んでも故郷には戻れない劉邦一行ですが、ここで歴史は大きく動きます。

始皇帝が紀元前210年に死に、翌年には、陳勝と呉広という人物が反乱を起し、

これが100万人規模の大反乱になったのです。

 

各地で、秦が派遣した役人の長官や県令が殺され、反乱軍が実力で王を名乗るという

下剋上の時代がやってきました。

 

劉邦の故郷である沛県でも、県令がいつ反乱軍に討たれるかと怯えていました。

県令というのは、中央から派遣されてくるので地元に人脈がなく、

このような反乱が起きても、民衆を組織するという事が出来ませんでした。

 

そこで、曹参(そうしん)や䔥何(しょうか)というような劉邦と仲が良い人々は

県令に吹き込みます。

 

「劉邦は今は山賊として沼沢に隠れているが数百の手勢がいるし人望もある。

なので劉邦を将軍としてあなたは、それを従える形にすればいい」

 

沛の県令は、この提案に飛び付き、すぐに劉邦を沛に呼び戻すように言います。

ところが、実際に劉邦が手下を連れてくると考えを変えて沛の城門を閉じます。

 

「䔥何!曹参! 貴様達は、ワシを騙し、劉邦を城に入れてワシを亡きモノに

するつもりであろう!そうはさせんぞ」

 

䔥何と曹参は投獄されてしまいますが、劉邦は事情を知ると弓矢に絹の布を巻いて

城内に放ちました。

絹には「県令を担いでも、いずれは反乱軍に敗れ、沛は蹂躙されるだろう、

それよりは、有徳の人物(劉邦の意)を担いで防備を固めた方が得だ」

と書いてありました。

 

沛の人々は、普段から県令に良い印象がないので手紙の内容を

もっともだと思い徒党を組んで県令の役所に押し入り、

命乞いをする県令の首を刎ねて、門を開きました。

 

こうして劉邦は、山賊から一転し、沛県の長になり沛公と呼ばれます。

劉邦は山賊になって以来疎遠だった、夏候嬰(かこうえい)や周勃(しゅうぼつ)

樊繪(はんかい)、曹参、䔥何、王陵(おうりょう)というような人材と再会し

自らの臣下とします。

 

【次のページに続きます】

ページ:

1

2

関連記事

  1. 樊噲 樊カイ(はんかい) 樊噲(はんかい)とはどんな人?肉屋の主人から劉邦の親衛隊隊長とし…
  2. 韓信 【衝撃の事実】国士無双と言われた韓信に子孫がいた?
  3. 陳平 陳平(ちんぺい)とはどんな人?詐欺師か、天才軍師か?謀略の達人
  4. 項羽 項羽(こうう)ってどんな人?史上最強の孤独な戦術家 Part.1…
  5. 劉邦と張良と陳平 【獄卒の偉さを思い知った宰相】漢の功臣・周勃の名言とは?
  6. 馬超の仲間入り 衛青(えいせい)とはどんな人?前漢時代最強を誇っていた匈奴を打ち…
  7. 黥布(げいふ)とはどんな人?中国初!?顔に入れ墨を入れ歴史に名を…
  8. 彭越(ほうえつ)とはどんな人?漁師から王の位にまで上り詰めた梟雄…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 朝まで三国志2017-03 kawauso
  2. 肉を食べる曹操
  3. 坂本龍馬チビ説
  4. 孫皓と張俊
  5. キングダム 戦国七雄地図
  6. 関羽
  7. キングダム54巻amazon
  8. 羅憲

おすすめ記事

  1. 暴君・董卓は実は名将軍としての資質があった!? 董卓
  2. マリア・ルス号事件とはどんな事件?明治政府最初の国際裁判 幕末 帝国議会
  3. 諸葛亮は料理や食用植物を発明・開発した古代中国のエジソンだった? 饅頭を作る孔明
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース34記事【2/27〜3/5】
  5. 謎の人物・婁子伯とは何者?その策「氷城の計」は可能なの!?
  6. 【大三国志 攻略8】今回は激戦中のあの巨大同盟が登場!天下乱舞にも波乱の予感

三國志雑学

  1. 馬謖に魏打倒を叩き込む諸葛亮孔明
  2. 関羽と周倉
  3. 陸遜と孫権


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 悪い顔をしている諸葛亮孔明
  2. 陳寿(晋)
  3. キングダム
  4. 三国志ライター黒田レン
  5. 朝まで三国志 公孫瓚
  6. おんな城主 直虎

おすすめ記事

秦の丞相・李斯が秦を救った!逐客令を認めさせるな 島津斉興はどんな人?祖父への憎しみを子にぶつけた頑固で有能な藩主 大戦乱!!三国志バトルとはどんなゲーム? 対立する西郷隆盛と大久保利通 岩倉使節団とは何?大久保利通がイギリスに行った理由 【9月の見どころ】9月に公開予定:孔子と10人の弟子 【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生 李元昊 西夏初代皇帝・李元昊はどんな最期を迎えたの?死亡した理由や墓を紹介 真田丸 武田信玄 何で武田晴信は長尾景虎との対決を避け続けたの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP