漢の時代の人が考えるあの世は、どんなイメージ?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

劉備

 

古来、多くの人々が「死後の世界」を考えずにはいられませんでした。

どんなにこの世で栄耀栄華を極めても最後には死んでしまう人生の理不尽。

それは生物故に百歩譲って仕方がないとしても死後、人間はどこに行くのか?

霊魂は?天国はあるのか?今も昔も、それは究極の疑問のままなのです。

はじめての三国志では、三国志の時代の人々の考えた「あの世イメージ」を

紹介していこうと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら


三国志の世界の人々が考えたあの世

天国 あの世

 

現代人がイメージする天国とは、蓮の花が咲き乱れる仏教極楽イメージか

巨大な天国の門の向うにあるパルテノン神殿的な建物がそびえる、

キリスト教風の天国のイメージでしょう。

 

しかし、三国志の時代に生きていた人々には仏教も普及しておらず

キリスト教は伝来さえしていない状態で存在しませんでした。

なので、そこには漢の人々が考えたオリジナリティ溢れる

独自の「あの世イメージ」があったのです。


馬王堆(まおうたい)の湿屍(しっし)の棺を覆う非衣に描かれたあの世!

1号墓の帛画 wiki (写真引用元:1号墓の帛画 wikipedia

 

三国志の時代の人々の「あの世イメージ」を知るのに最適な史料が、

1972年、長沙馬王堆一号前漢墓から出土した棺に被せられた帛画です。

帛画はT字型をしていて、非衣(ひい)と呼ばれ長さ2メートル、

幅は一番大きな所で90センチとタオルケット並みの大きさで、

葬列の前面で旗のように掲げ死後は棺の上に掛けられていました。

 

この非衣は湿屍(特殊な状況下で遺体が保存された状態、人間が加工する

いわゆるミイラとは異なる)としても有名な軑侯(たいこう)夫人、

辛追(しんつい)の棺に被せられた物で、ここには長い間謎だった

漢の時代の人々の死生観が生き生きと描かれていたのです。


漢の時代の人々は死ぬと昇仙し崑崙山に行くと考えた

北斗七星 f

 

非衣には、今まさに昇天しようとする軑侯夫人と従者が描かれていました。

当時の人々の間では、人間は死後、崑崙(こんろん)山という聖山に昇っていき、

そこで、天帝である半人半蛇の女媧(じょか)の下で永遠の命を生きると考えていました。

 

崑崙山には、三つの峰があり、その周囲は弱水という湖が取り巻き、

死者が、ここを渡るには龍(龍舟)に乗らなければいけませんでした。

この弱水の底には、巨大な二匹の魚が泳いでいたり奇怪な人面の怪物がいたり

巨大な蛇や大亀が描かれています。

龍舟に乗らないと、それらに襲われるという意味なのかも知れません。

 

実際に、非衣でも軑侯夫人は杖をつき、三人の腰元と天界から迎えにきたと

見られる二人の天の官吏に付き添われ二匹の龍が持ちあげる舟に

エレベーターのように乗りながら、天に向かい進んでいくのです。

 

その龍舟には天蓋があり、天蓋の下には死を司る人面の不気味な鳥

鵩鳥(ふくちょう)が羽ばたいていますが、死を暗示しているのか?

永遠の生命を得る軑侯夫人から離れようとしているのか分かりません。


前漢の人々のイメージ、天国の門をくぐると祝福の鐘?

 

龍舟が昇天する先には、凸で表現された閶闔(しょうこう)があります。

これはいわゆる天国の門で、左右に天の役人がいて拱手(こうしゅ)で

軑侯夫人を迎えています。

ここで、面白いのは、その上では彪に跨った神獣が左右で紐を引っ張って

鐘をガンガン打ち鳴らしている様子が描かれている事です。

 

「パンパカパーン、崑崙山へようこそヒューッ!」

 

そういう意味だとしたら面白いですが、西洋の教会の鐘じゃあるまいし

恐らく、天帝に死者が到着したのを知らせる厳かな鐘だと思います。

 

三国志時代に盛んに造られた崖墓

 

崑崙山の信仰は、やがて、より地上より高い場所に人を葬ると、

昇仙できるという考えに変化していったようです。

そこで、豪族の墳墓は山をイメージして高くなり、

或いは、山腹を掘って崖墓(がいぼ)という墓を造るようになります。

 

この崖墓が一番盛んに造られるのが実は三国志の時代なのです。

それ以後、崖墓が造られなくなるのは、仏教が庶民にまで浸透して、

あの世のイメージが崑崙山では無くなるからかも知れません。

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

この話で、まだ分からないのはお金持ちではない庶民の考える

あの世は、どんなものだったのだろうか?という事です。

庶民の間でも、儒教に基づいて先祖を祀る行事が行われていたのは

文献にはありますが、先祖がどのような世界に住んでいるか?

というような記述は出てこないからです。

 

軑侯夫人の非衣にあるような崑崙山に先祖も昇天したと考えたのか?

しかし、そうだとすると、貴族だろうと平民だろうと死んで行ける場所が

同じという事になり盛大に葬儀を執り行う意味が薄れます。

その辺りはどうなのか?今後も調べてみます。

 

本日も三国志の話題をご馳走様・・

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?

関連記事:【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの?

 

【国を動かせ!古代中国メンタリスト列伝】
戦国策

 

関連記事

  1. 孔明君のジャングル探検
  2. 建業を捨てて武昌に首都移転する孫皓
  3. 曹操

    はじめての変

    曹操 生涯最大の苦戦 烏桓討伐|完結編

    官渡の戦いの後、後継者争いを演じた、袁尚(…

  4. 蜀の劉備
  5. 徐庶
  6. 株式会社三国志で働く劉備と孔明

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP