広告募集
李傕祭り

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【シミルボン】人間の発想怖過ぎる!血も凍る三国志時代の処刑方法

この記事の所要時間: 27




シミルボン

 

※こちらの記事は「シミルボン」専用オリジナルコンテンツです。

 

kawauso

 

王という文字は、元々鉞(まさかり)を意味していたそうです。
どうして、王が鉞かというと、この鉞で法に背いた人間の首を刎ねる権利が
与えられていたからだと言われています。
三国志のような戦乱の世界には、法を侵して、或いは無実の罪で処刑される
人間がいましたが、それにも細かい作法がありました。
今回は血も凍る、リアル三国志の処刑法をご紹介します。




受刑者を乗せる台、鍖

まず、三国志の時代における処刑は剣ではなく斧を使用しています。
斧は重量があり力が入るので太い首を落すには都合がよい道具でした。
しかし、その重さゆえに水平体勢では扱いづらく失敗するリスクがあるので
必然的に受刑者を寝かせて、斧を振り下ろす形になります。

この受刑者を寝かせる台を鍖(ちん)といい、細長い枕木を意味しています。
受刑者は、この鍖にうつ伏せに寝る姿勢になります。
何が恐ろしいって、うつぶせなので首が落ちる瞬間まで受刑者は、
首切り役人の様子が見られない事ですね。

※参考文献 中国社会風俗史




受刑者の心得

三国志 牢獄

 

冷静に考えると処刑される立場で、マナーも何もないのですが、受刑者の方も
首切り役人が仕事をやり損なわないように相応のマナーが求められました。
リアルな話、取り乱して処刑が長引くと一番痛い思いをするのは受刑者ですから、
速やかに苦痛を終わらせるべく、なすべき事があったのです。

実際に出土した罪人の遺骨には、斬首の恐怖に耐えられなかったり
執行人が失敗した結果、首以外のあちこちに欠損がある骨もあるのです。
逆に、処刑人が勢い余り、首の骨と一緒にアゴの骨の一部まで
ざっくりカットした、見るからに痛い遺骨もあります。

そのマナーですが、当時の人は寝る時以外は冠を被っているので
首を斬る時に邪魔になる冠の纓(えい:アゴ紐)を上にまくりあげ、
さらに衣服の衽(じん:おくみ)も腰を斬る時の邪魔にならないように、
衣服に挟んで腰の上まで掲げていました。

これは春秋戦国時代の人物、斉の管仲(かんちゅう)という人の業績を書いた
管子にある記述ですが、首だけでなく腰も斬りやすくするという事は、
斬首した上に、腰までも真っ二つにするという刑があったのかも知れません。

大根じゃないんですから、勘弁して欲しいです・・

※参考文献 管子

 

処刑した後は3日間、晒される決まり

そこまで言って委員会04b 禰衡

 

首が斬り落されたら、それで終わりかというとそうではありません。
論語の憲問によると「諸(これ)を市朝に肆(さら)す」と言い、
死刑が執行された場所で3日間、放置される決まりでした。

ただ、晒すだけではなく、時には、罪状を記した木簡も死体に
添えられたと言いますから、見せしめの意味合いもあったようです。
晒される場所も、朝廷であったり、市場であったり、
人も通らない荒野である場合もありました。

荒野の場合には、死体が野良犬や野鳥に損壊される事を
狙っての方法であり、強い恨みが入っています。
斬首刑でも罪状が人倫に関する場合、棄死(きし)といい
埋葬を許さず遺体を朽ち果てるままにする刑罰もありました。

 

三国志の董卓も、斬首の決まりにより晒された

董卓 呂布

 

斬首された死体を晒すという行為は古代に多く、漢代になると
少なくなりますが、三国志髄一の暴君、董卓(とうたく)は
横暴の限りを尽くして、都、長安の人々に恨まれた挙げ句、
司徒王允(おういん)の計略で腹心の呂布(りょふ)に暗殺され、
首を斬り落として長安の大通りで晒されました。

董卓は相当に肥満していて、死後は体から脂が流れだしたので、
試しに、ある人が董卓の臍に燈芯を置いて火をつけると脂で
何日間も燃え続けたので、これを卓蝋(たくろう)と呼んだという話です。

こうまでされても、誰も董卓を哀れと思う人もなく、董卓の死後、
皆、なけなしのお金で肉を買い、ご馳走を造って隣近所の人と
しばらくお祝いを続けたと言いますから、董卓がどれだけ嫌われていたか
そのレベルが分ります。

 

シミルボン

 

【シミルボン】人間の発想怖過ぎる!血も凍る三国志時代の処刑方法

の続きは、「シミルボン」内のページで読めます。

続きが気になる方は、「シミルボン」にアクセスしよう!

 

※本稿はシミルボンに掲載された記事をはじめての三国志用に再編集したものです

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 【実録】三国志の時代のショッピングは命がけだった?
  2. 現代ビジネスマンの必携の書?兵法書『孫子』とその作者について
  3. 呉の初代丞相・孫卲(そんしょう)は「正史三国志」に記されていない…
  4. たかぎ七彦困惑?アンゴルモア元寇合戦記をガチネタバレ予想!
  5. 45話:象対蟻か?袁紹vs曹操
  6. 52話:袁紹を破った曹操は、中原最強の勢力に成長
  7. 【諸葛亮の心に残る名言】強弩の末、勢い魯縞をも穿つあたわず
  8. え、そうだったの?蜀の五虎将軍、実は存在しなかった?五虎大将軍の…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【真の将軍はあいつだ!!】漢の名将・周亜夫が命じた命令とは
  2. 「キングダム」に学ぶ成功哲学!先んずれば人を制すって何?
  3. 曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part4
  4. 三國志戦記とはどんなアプリゲーム?
  5. 曹操敗れる|幾重にも張り巡らされる孔明の罠
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース24記事【6/19〜6/25】

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

新制度導入はこんなに大変!胡服騎射を導入するために苦労を重ねた武霊王 楊修(ようしゅう)とはどんな人?頭が良すぎて曹操から死を賜った悲劇の秀才 赤壁の戦い後の江陵攻防戦(曹仁VS周瑜) 【はじめてのスキッパーキ】船乗り犬?それとも牧羊犬?意外に謎の多い犬種だった?【第2話】 とっても皇帝になりたかった袁術 3連休に三国志の美少女たちを放置プレイしない?三国志系ゲーム『放置少女』 【シミルボン】首絞め、兜取り、不意打ち何でもありの三国志時代の一騎打ち 曹丕(そうひ)ってどんな人?魏書には正当性を表す記述ばかり!?

おすすめ記事

  1. 蒋済(しょうさい)とはどんな人?曹魏四代に仕えた宿老の生涯
  2. 【三国志の新事実】マジで!?蜀の天才丞相・諸葛孔明が沢山いた!
  3. これが久秀の碁!熊野山に立て籠もる湯浅氏を退却させた、曲者部隊のデコボコアタック!
  4. 【そもそも論】どうして袁紹や袁術には力があったの?
  5. 秦の為に戦い秦人に恨まれた名将 章邯(しょうかん)
  6. 昌豨(しょうき)が凄い!あの曹操が5回攻めて勝てなかった乱世の黒狼
  7. 藺相如(りんしょうじょ)とはどんな人?三大天の一人!趙の名宰相であり廉頗のかけがえのない親友(1/3)
  8. 袁術の側室・馮氏(ふうし)の憐れな偽装死にも気づかなかった鈍感・袁術エピソード

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP