よかミカンの三国志入門
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

三国志の時代の防犯はどんな方法があったの?三国志時代の犯罪防止法!

この記事の所要時間: 38




阿会喃(あかいなん)と猛獲

 

凶悪犯罪が近代だけのモノと思ったら、大間違いです。

すでに1800年前の三国志の時代にだって凶悪犯罪はありました。

当時の人々は、いつ起きるか分らない犯罪を警戒し、

それに備えて様々な防犯方法を考え出していたのです。

今回は、三国志時代の犯罪防止法を紹介していきます。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら




奏讞書に記された身勝手な凶悪犯罪

三国志 ろうそく 写真

 

三国志の時代からは、400年程、遡りますが、

奏讞書(そうげんしょ)という秦の裁判記録から、

一つの凶悪犯罪の事例を見てみましょう。

 

紀元前241年の秦、秦王政の六年の事、一人の女の召使いが、

雨の中、傘を差しながら歩いていると、突如背後から

何者かに突き倒され地面に転んでしまいました。

 

女がハッとして気がつくと、

背負ってきた1200銭の銭の束がありません。

大声で「泥棒!」と叫ぶと、近くに住む齔(しん)という少女が

飛び出してきて開口一番、

 

「大変、背中にナイフが刺さっているわ!」

 

女の背中に突き刺さったナイフは全長20センチもある大きなモノ

幸い急所は外れていて、召使いの女の命に別条はありませんでしたが、

もう少し、ナイフの刺さる場所がズレれば死んでいたかも知れません。

 

この事件の犯人は、孔(こう)という不良少年で

「遊び金欲しさにやった」と犯行を自供しています。

動機も短絡的な思考も今の犯罪と大差ありませんね。

 

関連記事:【実録】三国志の時代のショッピングは命がけだった?

関連記事:気が抜けない!三国志時代の旅行は命がけだった!




数十万の人間が住む大都市では太鼓がサイレンの代わりだった。

太鼓 村人 防犯

 

三国志の時代でも、洛陽や長安のような大都市では人口は数十万を数え

富める人間もいれば、その日の寝床さえない貧しい人もいました。

必然的に犯罪は激増し、特に砂塵が舞い飛ぶ、黄昏時に強盗殺人事件が、

頻繁に起きていたと言われています。

 

漢書の張敞(ちょうしょう)伝によると、前漢の末期は社会が混乱して

凶悪事件が多く、あまりにひっきりなしだったので張敞は一計を案じて

賊の親玉を懐柔して更生させ犯罪を減らす事に成功したという記述があります。

 

※参考文献 漢書

 

犯罪が発生すると、当時の役人は、櫓に登り太鼓を叩いて、

周囲に犯罪が発生した事を知らせていました。

呑気に見える古代ですが、すでに大都市では現代のサイレンのように、

犯罪の発生を知らせる太鼓が鳴り響いていたとは驚きです。

 

力の限り叫べ!大声を挙げて、太鼓を叩いて犯罪予防

禰衡3

 

また、これは「隋唐嘉話」という本にある話で唐の時代の事ですが、

夜明け前と夕方には役人が太鼓を打ち鳴らし、大声を張り上げて、

犯罪に注意するように呼びかけていたようです。

 

「知らないヤツには近づくな! 出歩く時は周囲を見よう!」

 

などと、交通標語のような事を叫んだかも知れません。

 

これにより、これから犯罪に走ろうという人へ向けた

抑止効果もあったのでしょう。

 

しかし、朝と晩に大声を張り上げる苦肉の策を見ていると、

当時の役人も犯罪には手を焼いていた様子が見えるようです。

 

武器を持って頬っかむりする事禁止!

楊奉 ゆるキャラ

 

漢の時代の法律には、武器を携帯し、

頬っかむりで顔を隠す事を禁止するという法律がありました。

それを破れば逮捕という事でしょうが、武器は分るとして

頬っかむりもダメという事は、当時の犯罪者は、

顔を頭巾で隠していたという事かも知れません。

 

なんだか、サザエさんに出てくる古典的な泥棒みたいで

妙に親近感が湧くスタイルですね。

 

洒落にならない、夜中に街を出歩くと死刑!!

暗殺計画自慢の董承08 曹操

 

三国志の時代には、外灯などありませんから、夜は真っ暗です。

おまけに市街地もそれぞれの区画ごとに設置された門も閉じます。

ですから、夜中に歩く人間は、人殺しか盗人と見なされ、

問答無用で犯罪者扱いで殺されました。

 

曹操(そうそう)がまだ若く、洛陽北部の門で都尉をしていた頃、

皇帝お気に入りの宦官、蹇碵(けんせき)の叔父が

自分も偉くなったものと錯覚し我が物顔で夜中に城門を潜ろうとし

曹操に逮捕されて罰として棒で叩かれ死んだ事があります。

 

禰衡

 

この話だけ見ると、曹操厳しすぎと思いますが、実際には

曹操は法律を順守しただけなのです。

 

関連記事:禰衡大喜び?刑罰はフンドシ一丁で受ける決まりだった魏

関連記事:これはキツイ!健康が回復するかで刑罰が決まる保辜(ほこ)

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

いかがだったでしょうか?三国志の時代の防犯方法。

太鼓を鳴らして犯罪を知らせる、夜間の外出を禁止するなどは、

今でも通用しそうですが、頬かむり禁止などは時代がうかがえて

現在からはコントのようです。

 

ただ夜中に門を出入りすると死刑になるのは

洒落にならない位に厳しい決まりです。

これなら、帰るのが遅くなったら、城門をくぐらず

野宿した方がマシに思えますね。

 

でも、そうなると盗賊に狙われそうですけど・・

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?

関連記事:【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 曹操「なんでも上手に使えばいい!屯田制と兵戸制じゃ!」
  2. 蜀の五虎大将軍ってなに?実は全員揃ったことがなかった蜀の猛将たち…
  3. 周倉(しゅうそう)と関羽はどんな関係だったの?三国志の上司と部下…
  4. 【出身州別】三国志キャラの性格診断 第一回:司隷(しれい)、豫州…
  5. 三国志時代も男同士はチューしてたの?当時の恋愛事情を紹介
  6. 【キングダム526話】馬南慈の体験した地獄の雁門とは?
  7. 【官渡の戦いの裏話】趙儼と李通がいなければかなりやばい状況だった…
  8. 袁術は反董卓連合軍の解散後どこで何をしていたの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 兀突骨(ごつとつこつ)は実在したの?悲しみの巨人に迫る
  2. 【江陵攻防戦】名将・曹仁が見せた粘り腰が周瑜に致命的な一撃を加える
  3. 馬融vs鄭玄的中率100%占いから逃れた鄭玄の知略とは?
  4. お酌上手になって株を上げよう!古代中国のお酒のマナーを紹介!
  5. 【シミルボン】進化する名将?張飛は決して脳筋ではなかった!
  6. こんなに厳しい!三国志の時代の宴会のマナーが超複雑

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第2部 【衝撃の事実】孫策の○○で孫呉が滅びる原因となった! キングダム540話 ネタバレ予想「王翦がいよいよ閼与を攻める」 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース19記事【11/14〜11/20】 楽進と李典はどっちがスゴイ?kawausoと黒田レンが熱い思いを語る Vol.1 【衝撃の事実】国士無双と言われた韓信に子孫がいた? 魯粛に学ぶビジネス三国志!三国志の仕掛け人、魯粛の投資術 正史三国志と三国志演義の張遼はどこまで違う?張遼の最強称号を斬る!

おすすめ記事

  1. 三国志時代の通信手段は何だったの?気になる三国時代の郵便事情
  2. 神は関羽だけではない!魏の曹植の天才ぶりを作詩と共に紹介
  3. キングダム 514話 ネタバレ予想:王翦の進路変更の理由とは?
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース25記事【7/31〜8/6】
  5. もはや「意地」の領域?田豊・沮授の進言を却下し続ける袁紹が凄すぎる
  6. 許劭(きょしょう)とはどんな人?三国志時代のインフルエンサー
  7. 【第5回 幻霊物語~爆裂三国バトル~】総括します!愛着の湧く三国志ゲームでした
  8. 【三国志の疑問】女性を巡る男の戦いはどこまで真実なの?史実と演義を比較

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP