編集長日記
李傕祭り

はじめての三国志

menu

はじめての変

【シミルボン】1800年前の三国志時代はご馳走が現代居酒屋風だった

この記事の所要時間: 246




シミルボン

 

※こちらの記事は「シミルボン」専用コンテンツです。

曹操 劉備 呂布 酒

 

三国志の時代の人々は、どんなものを食べていたのでしょうか?

現在のイメージでは、中華料理のような脂っこい食事を連想しますが、

意外や、意外、当時のご馳走は、現代の日本人でも食べたくなるような、

居酒屋風の日本人好みの味付けもあったりするのです。

それでは、斉民要術という古代中国の料理書に実際に記された、

三国志の時代の料理と調理法を見ていきましょう。




お通しに最適、鱠

居酒屋 なます

 

居酒屋といえば、注文を取りにくると同時に出されるお通しは外せませんね。

冷や奴だったり、枝豆だったり、簡単な煮物だったりしますが、

こういう小皿の一品が出ると、居酒屋へ来た感満載でテンションが上がります。

 

さて、三国志の時代には、鱠(なます)というお通しに最適な料理がありました。

鱠は、川魚の肉を細かく切り刻み、葱や山椒、香草のような薬味と共に、

魚から抽出した醤油、魚醤(ジャン)をかけて頂くという料理です。

 

春秋戦国時代の思想家、孔子(こうし)や、三国志の名参謀、

陳登(ちんとう)の好物だったと言われている鱠。

いかにも、さっぱりしていて、夏場なんかはビールに合いそうです。

 

鱠は、魚ばかりではなく、牛肉や豚肉でも細切りにして造られました。

それも現代居酒屋風で、お通しとしては最適っぽいですね。

 

関連記事:【閲覧注意】寄生虫が原因の症状が怖すぎる!寄生虫で死んだ陳登(ちんとう)はじさん臨終図巻

関連記事:知らないと損をする!孔子に学ぶ健康法が参考になりすぎる!




居酒屋と言えば、ガッツリお肉 腩炙

曹操

 

突然の質問ですみませんが、皆さんは、

居酒屋で低カロリーの料理ばかり注文してる奴を見るとムカつきませんか?

 

てめえ、何しに居酒屋に来たんだよ!折角、居酒屋に来たんだから、

注文するなら肉に決まってんだろうが!!

にーく!ニーク!肉!肉!お肉!肉サイコー!ヒューッ!!(発作)

 

ところで、三国志の時代にも腩炙(なんしゃ)というあぶり肉の料理が存在しました。

造り方は、斉民要術によると、牛、豚、羊、鶏、なんの肉でもいいので、

何かの肉を包丁で一口大の大きさのブロックに切ります。

 

次に、長ネギの白い所を細かく刻んだものと

塩、豆板醤を混ぜ合わせたタレを用意して、

タレの中にブロック肉をしばらく浸すのです。

 

そのあとは、タレのしみた肉を鉄串に通して、強火で回しながら炙ります。

こんがりと赤く焼き色がついたら完成です。

こちらの腩炙、かぶりつくと、肉汁が口中に溢れ出て大変に美味です。

これは、またビールに合いそうじゃあーりませんか!

 

このゆるーいイラストは3世紀、ちょうど、三国志の時代の

壁画を参考にしたものですが部下の男が三又の串を主君に

「焼けたようですよ」と差し出しています。

この串肉が、恐らく腩炙でしょう。

 

三国志居酒屋

 

 

※参考文献 斉民要術 現存する最古の料理書

著者: 田中 静一/太田 泰弘/小島 麗逸 出版社: 雄山閣出版

 

ビールと言えば、ソーセージだろが! 灌腸(かんちょう)

呂布と劉備

 

さて、燃えるゲルマン魂ではありませんが、

ビールと言えば脂っこいつまみ、ポテトもいいですが、

やはりソーセージは欠かせないそうは思いませんか?

 

このビールとの相性抜群のソーセージは、

灌腸という名前で三国志の時代にも存在していました。

名前がカンチョウで、材料が羊の腸なので食欲が減退しそうですが、

灌(かん)とは、洗い流すという意味なので、御心配なく・・

 

この灌腸は、ドイツの場合と同じで、羊の肉を使います。

まず、羊の肉を細かく刻む・・つまりミンチにしてしまいます。

そして、ミンチ肉に、白ネギのみじん切り、豆板醤、生姜、

そして、椒末(しょうまつ:トウガラシの一種?)を加えて、

薄く塩味になるように味を調えます。

 

それから、羊の腸を取りだし、内容物を抜き取ってから裏返し

たっぷりの水で臭みが取れるまで綺麗に洗います。

 

こうして、味を調えたミンチ肉を腸に詰めて、両端を縛り

火で炙ると、香ばしい灌腸が完成します。

燻製にはしませんが、これまんまのソーセージですよね(笑)

 

シミルボン

 

【シミルボン】1800年前の三国志時代はご馳走が現代居酒屋風だった

の続きは、「シミルボン」内のページで読めます。

続きが気になる方は、「シミルボン」にアクセスしよう!




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 三国志怪奇談「曹丕、受禅台の怪」
  2. 【三国志ライフハック】好きな事だけを優先してやった曹操
  3. 史書から見る曹操の評価がベタ褒めすぎてやばいってホント?
  4. 明の時代の墓から出土した腕時計型の指輪は、後漢時代のダ・ヴィンチ…
  5. 集まれ曹操の25人の息子たち・その3
  6. 【三国志の民話】世論に逆らうな!曹操の民心掌握術
  7. 大富豪と国獲り要素を併せ持つ新感覚iPhone向けアプリ『三国大…
  8. 【キングダム】かわいいと話題の楊端和(ようたんわ)の強さは異常!…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 王淩(おうりょう)とはどんな人?魏の忠臣として、司馬家の専横を許さなかった知勇兼備の将
  2. 【後漢王朝はこうしてダメになった】外戚VS宦官の争いってどうして起きたの?
  3. 何晏(かあん)とはどんな人?三国志一のナルシストで歴史に名を残した男
  4. スーパーマンも驚き!三国志時代の仙人はびゅんびゅん空を飛んでいた!【古代中国の仙人事情】
  5. 三国志タクティクスデルタとはどんなアプリゲーム?
  6. 秦の『人材』を分析!どうして秦が中華統一することができたのか?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

馬陵の戦い(ばりょうのたたかい)ってどんな戦い?孫臏を有名にさせた戦 曹純(そうじゅん)ってどんな人?曹操軍の騎馬隊長として戦場を駆け巡る 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第39話「虎松の野望」を振り返ろう 【もう一つの三国志】司馬師暗殺計画の裏側 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第9部 56話:水鏡先生との出会い。劉備に足りない人材って誰の事? 漢の400年は、たった8年の激しい戦いから生まれた?三国志の前哨戦、楚漢戦争! なんで三国志の時代には封禅の儀式が行われなかったの?

おすすめ記事

  1. どうして呉は同盟国の蜀・関羽を裏切ったの?
  2. 羽林騎(うりんき)とは何?董卓を輩出した近衛部隊を分かりやすく解説
  3. 東方明珠のへなちょこ洛陽旅行記 その1
  4. 簫何(しょうか)とはどんな人?内政なら私にお任せ!影で劉邦を支え続けた漢の三傑の一人
  5. 合肥の戦いで張遼が孫権を討ち取っていたら三国志はどうなった?
  6. 于吉(うきつ)とはどんな人?最古のメンタリスト UkiTsu!小覇王・孫策の生命を奪った仙人
  7. 天地を喰らうという漫画があまりにもカオス!裏三国志入門書 Part 2
  8. 赤眉軍(せきびぐん)とは何者なの?後漢演義最強のDQN軍団

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP