春秋戦国時代

はじめての三国志

menu

はじめての変

陳登(ちんとう)とはどんな人?劉備や曹操に認められた大才の持ち主

この記事の所要時間: 347




 

今回ご紹介するマイナー武将は陳登(ちんとう)です。

彼は徐州の陶謙(とうけん)に仕え、その後呂布(りょふ)曹操(そうそう)と主を変えた人物です。

ですがどの人物も彼を認め、重用されます。どの群雄にも認められた大才の持ち主陳登とはどのような人物であったのでしょうか。



若い時から戦乱に苦しんでいる民を助けようと志す

 

陳登は若い頃から優秀でした。

村の人々や漢の名士から「彼は誠意があって嘘をつかず、冷静で、思慮深い性格だ。また何か行動を起こす際は、緻密に計算ししっかりとした計画を立てられる人物である。」と評価されていました。さらに彼は書物を広く学び、文才や古典を研究し、優れた知識も有していました。

陳登は自らの優れた才能を駆使して戦乱の世で困っている民衆を助けようと志しておりました。



陶謙に仕え、民衆に潤いを与える

表情 陶謙02

 

陳登は若い頃からすこぶる評判が良かったことから、徐州の牧であった陶謙が自らの家臣とするべく彼を招聘。陳登は陶謙の誘いに応じ、家臣となります。陶謙は彼を典農校尉に任命。陳登は徐州の物産をしっかりと調べ、この土地に適した物産の育成をします。

また堀を掘って治水事業を行った事で、農業生産率は向上し、民衆は潤っていきます。

 

関連記事:実は、かなりの極悪人徐州牧の陶謙(とうけん)

関連記事:曹操も劉備もこれで学んだ?漢の時代の教科書と学校

関連記事:テルマエ・ロマエのルシウスもびっくり!?後漢の甘英、ローマを目指す!

関連記事:三国時代やキングダムの時代にもお風呂はあったの?

 

劉備による陳登評

表情 劉備01

 

劉備(りゅうび)が荊州牧である劉表に居た頃の話です。劉備と劉表は酒を飲みながら、天下の人材の論評を行っておりました。

二人の話は曹操や孫権から始まり、袁紹(えんしょう)公孫瓚(こうそんさん)孫策(そんさく)など亡くなった群雄など様々な人材論評の話が行われます。

そんな中、二人は陳登についての評価の話になります。

劉備は「彼は天下の名士であり、才知があって人に屈しない気概を持った人物である。また文武両方を有した天下に隠れ無き逸材だ」と陳登を評価します。

 

関連記事:「後漢の州人口」から読み解く群雄の力!曹操が袁紹の本拠地を欲しがった理由も分かる!

関連記事:美髯公とは何?ヒゲを見るだけで三国志がわかる!男のシンボル『ヒゲ』はどこから来てどこへ行くのか。

関連記事:【真田丸】NHK大河ドラマ決定記念!家康と劉備の黒歴史の共通点。クソ漏らし家康と死んだふりの劉備

関連記事:もうやめて…!劉備の黒歴史がまた発見される!?三国志の主人公の消された過去

 

曹操による陳登評

現実主義曹操

 

陳登は呂布にばれないように密かに曹操に動きを逐一知らせておりました。

曹操はそのため呂布の細かい状況を知る事が出来き、彼を広陵太守に任命します。

また下邳城を攻略する際には曹操に寝返り、呂布軍に猛攻を加えます。

陳登は呂布を滅ぼした後曹操に「江東の孫策・孫権兄弟を早めにどうにかした方がいいです。後々まで残しておくと必ず禍になります。」とアドバイスを提案。

しかし曹操は呂布以外にも敵が多く、江東まで手が回りませんでした。

その後孫策は江東を統一し大いに勢力を広げ、曹操の背後を脅かすほどに成長するのです。

曹操は側近の参謀達に「あの時陳登の計画を実行していれば、孫家兄弟の勢力をここまで伸長させることはなかったであろう。彼の予見力は優秀であった。」と後悔を口にします。陳登は予見力に優れた人であった事が曹操の評価によって分かりますね。

 

関連記事:陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家「呂布編」

関連記事:陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家「曹操編」

関連記事:楚の英雄・項羽と三国志一の強さを誇った呂布には共通点が盛りだくさん

関連記事:これは可哀想。。嫌な上司と呂布の謀略の為に死んだ正史の華雄(かゆう)

 

武略に優れた人物

太史慈 孫策

 

陳登は二人の英雄から高評価を得ていたが、彼は知略面や予見力だけでなく、武略にも優れた人物でありました。陳登は広陵太守として長年勤めあげ、長江の淮水の人民の心をしっかりと掴み領地は安定しておりました。そこで彼は江東へ侵攻し、孫家の勢力を削り取ろうと考えます。孫策は陳登の計画を見破り、彼の領地である広陵へ大軍で押し寄せてきます。

 

関連記事:孫策と周瑜の怪しい関係は事実だったの?子不語にある逸話を紹介!

関連記事:太史慈(たいしじ)ってどんな人?孫策とマジで一騎打ちした勇将

関連記事:孫策も憧れた「西楚覇王」項羽が残した伝説の戦いベスト3

関連記事:于吉(うきつ)とはどんな人?最古のメンタリスト UkiTsu!小覇王・孫策の生命を奪った仙人

 

10倍の敵軍にも屈しない忍耐力

 

陳登は孫策が大軍を率いて大挙してくると、自らの居城である匡琦城(きょうきじょう)に籠城します。

孫策軍は陳登が籠る匡琦城に対して10倍の兵力を用いて、猛攻を加えます。

陳登は10倍の兵力で猛攻を加えられても、必死に抵抗します。

その後援軍にきた曹操軍と城に籠っていた陳登軍の挟撃によって、孫策軍は大敗北を喫します。

10倍の敵軍にも屈しない胆力に優れた人物でした。

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

陳登は優れた才能で英雄達からも高評価を得ていましたが、短命でありました。

彼は39歳という若さでこの世を去ることになります。

郭嘉(かくか)や周瑜(しゅうゆ)もそうでしたが、優れた人材は往々にして長生きしない傾向がありますね。

今回のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。それじゃまたにゃ~



よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:黒田廉(くろだれん)

黒田廉

■自己紹介:

三國志が大好きです。オススメのマンガは曹操を描いた蒼天航路がオススメです。三國志の小説のオススメは宮城谷昌光氏が書いた三國志です。

好きな歴史人物:張遼夏候惇文鴦

何か一言:好きな食べ物はマグロ、ぶり、アジが大好きな猫です。

関連記事

  1. 【教科書に載らない歴史ミステリー】徐福は神武天皇になったってホン…
  2. 【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特…
  3. もうやめて…!劉備の黒歴史がまた発見される!?三国志の主人公の消…
  4. 衝撃の真実!なんと韓遂は、劉備に降ろうとしていた
  5. cha-ngokushiコラボ企画|はじめての八宝茶
  6. どうすれば関羽を死なせずにすんだのか?三国志ライターろひもと理穂…
  7. 曹丕(そうひ)得意の詩で蜀の調理法を斬る
  8. 曹操くんポカーン。こやつ何を言ってるんじゃ?古代中国の方言から現…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. はじめての三国志 4コマ劇場 「三国志の英雄たちのアダ名」
  2. 6倍の敵に対して一歩も退かずに渡り合った名将・高橋紹運がヤバイ!
  3. 司馬尚(しばしょう)とはどんな人?趙の新三大天でもある最期の一人
  4. 三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?
  5. 曹丕(そうひ)得意の詩で蜀の調理法を斬る
  6. 実は、かなりの極悪人徐州牧の陶謙(とうけん)

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

【男の嫉妬は怖すぎる】スーパーエリート袁術 VS スター劉繇(りゅうよう) 実は面倒くさい性格?関羽のクレーマー事案を紹介 【燕の名将・楽毅の名言】古の君子は交わりを断つとも悪声を出さず 韓遂(かんすい)とはどんな人?生涯の大半を反乱にささげた不屈の反骨心【後半】 楊修(ようしゅう)とはどんな人?頭が良すぎて曹操から死を賜った悲劇の秀才 実子劉禅(りゅうぜん)と養子劉封(りゅうほう)の明暗 名馬ズラリ!三国志〜日本史と英雄の偉業を支えた名馬たちを徹底紹介! 陶謙はどうして劉備を後継者にしたの?三国志の素朴な疑問に答える

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【11/7〜11/13】
  2. 沮授(そじゅ)とはどんな人?袁紹に献策するも採用されなかった悲運のアドバイザー
  3. 曹操の北伐~袁氏の滅亡~
  4. 三国志の時代を彩った烈女たちの生涯を紹介!
  5. 【魏の五虎将】俺たちだって五虎将だ!張遼編
  6. 【素朴な疑問】蜀漢って国内はどうなっていたの?蜀軍の配置から北伐や蜀の情勢が見えてくる!
  7. 合肥の戦いで張遼が孫権を討ち取っていたら三国志はどうなった?
  8. 100万人の三國志 Specialとはどんなアプリゲーム?

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP