法正特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

はじめての変

陳登(ちんとう)とはどんな人?劉備や曹操に認められた大才の持ち主




 

今回ご紹介するマイナー武将は陳登(ちんとう)です。

彼は徐州の陶謙(とうけん)に仕え、その後呂布(りょふ)曹操(そうそう)と主を変えた人物です。

ですがどの人物も彼を認め、重用されます。どの群雄にも認められた大才の持ち主陳登とはどのような人物であったのでしょうか。



若い時から戦乱に苦しんでいる民を助けようと志す

 

陳登は若い頃から優秀でした。

村の人々や漢の名士から「彼は誠意があって嘘をつかず、冷静で、思慮深い性格だ。また何か行動を起こす際は、緻密に計算ししっかりとした計画を立てられる人物である。」と評価されていました。さらに彼は書物を広く学び、文才や古典を研究し、優れた知識も有していました。

陳登は自らの優れた才能を駆使して戦乱の世で困っている民衆を助けようと志しておりました。



陶謙に仕え、民衆に潤いを与える

表情 陶謙02

 

陳登は若い頃からすこぶる評判が良かったことから、徐州の牧であった陶謙が自らの家臣とするべく彼を招聘。陳登は陶謙の誘いに応じ、家臣となります。陶謙は彼を典農校尉に任命。陳登は徐州の物産をしっかりと調べ、この土地に適した物産の育成をします。

また堀を掘って治水事業を行った事で、農業生産率は向上し、民衆は潤っていきます。

 

関連記事:実は、かなりの極悪人徐州牧の陶謙(とうけん)

関連記事:曹操も劉備もこれで学んだ?漢の時代の教科書と学校

関連記事:テルマエ・ロマエのルシウスもびっくり!?後漢の甘英、ローマを目指す!

関連記事:三国時代やキングダムの時代にもお風呂はあったの?

 

劉備による陳登評

表情 劉備01

 

劉備(りゅうび)が荊州牧である劉表に居た頃の話です。劉備劉表は酒を飲みながら、天下の人材の論評を行っておりました。

二人の話は曹操孫権から始まり、袁紹(えんしょう)公孫瓚(こうそんさん)孫策(そんさく)など亡くなった群雄など様々な人材論評の話が行われます。

そんな中、二人は陳登についての評価の話になります。

劉備は「彼は天下の名士であり、才知があって人に屈しない気概を持った人物である。また文武両方を有した天下に隠れ無き逸材だ」と陳登を評価します。

 

関連記事:「後漢の州人口」から読み解く群雄の力!曹操が袁紹の本拠地を欲しがった理由も分かる!

関連記事:美髯公とは何?ヒゲを見るだけで三国志がわかる!男のシンボル『ヒゲ』はどこから来てどこへ行くのか。

関連記事:【真田丸】NHK大河ドラマ決定記念!家康と劉備の黒歴史の共通点。クソ漏らし家康と死んだふりの劉備

関連記事:もうやめて…!劉備の黒歴史がまた発見される!?三国志の主人公の消された過去

 

曹操による陳登評

現実主義曹操

 

陳登は呂布にばれないように密かに曹操に動きを逐一知らせておりました。

曹操はそのため呂布の細かい状況を知る事が出来き、彼を広陵太守に任命します。

また下邳城を攻略する際には曹操に寝返り、呂布軍に猛攻を加えます。

陳登は呂布を滅ぼした後曹操に「江東の孫策孫権兄弟を早めにどうにかした方がいいです。後々まで残しておくと必ず禍になります。」とアドバイスを提案。

しかし曹操は呂布以外にも敵が多く、江東まで手が回りませんでした。

その後孫策は江東を統一し大いに勢力を広げ、曹操の背後を脅かすほどに成長するのです。

曹操は側近の参謀達に「あの時陳登の計画を実行していれば、孫家兄弟の勢力をここまで伸長させることはなかったであろう。彼の予見力は優秀であった。」と後悔を口にします。陳登は予見力に優れた人であった事が曹操の評価によって分かりますね。

 

関連記事:陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家「呂布編」

関連記事:陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家「曹操編」

関連記事:楚の英雄・項羽と三国志一の強さを誇った呂布には共通点が盛りだくさん

関連記事:これは可哀想。。嫌な上司と呂布の謀略の為に死んだ正史の華雄(かゆう)

 

武略に優れた人物

太史慈 孫策

 

陳登は二人の英雄から高評価を得ていたが、彼は知略面や予見力だけでなく、武略にも優れた人物でありました。陳登は広陵太守として長年勤めあげ、長江の淮水の人民の心をしっかりと掴み領地は安定しておりました。そこで彼は江東へ侵攻し、孫家の勢力を削り取ろうと考えます。孫策は陳登の計画を見破り、彼の領地である広陵へ大軍で押し寄せてきます。

 

関連記事:孫策と周瑜の怪しい関係は事実だったの?子不語にある逸話を紹介!

関連記事:太史慈(たいしじ)ってどんな人?孫策とマジで一騎打ちした勇将

関連記事:孫策も憧れた「西楚覇王」項羽が残した伝説の戦いベスト3

関連記事:于吉(うきつ)とはどんな人?最古のメンタリスト UkiTsu!小覇王・孫策の生命を奪った仙人

 

10倍の敵軍にも屈しない忍耐力

photo credit: Clear Night Skies via photopin (license)

 

陳登は孫策が大軍を率いて大挙してくると、自らの居城である匡琦城(きょうきじょう)に籠城します。

孫策軍は陳登が籠る匡琦城に対して10倍の兵力を用いて、猛攻を加えます。

陳登は10倍の兵力で猛攻を加えられても、必死に抵抗します。

その後援軍にきた曹操軍と城に籠っていた陳登軍の挟撃によって、孫策軍は大敗北を喫します。

10倍の敵軍にも屈しない胆力に優れた人物でした。

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

陳登は優れた才能で英雄達からも高評価を得ていましたが、短命でありました。

彼は39歳という若さでこの世を去ることになります。

郭嘉(かくか)や周瑜(しゅうゆ)もそうでしたが、優れた人材は往々にして長生きしない傾向がありますね。

今回のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。それじゃまたにゃ~



よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:黒田廉(くろだれん)

黒田廉

■自己紹介:

三國志が大好きです。オススメのマンガは曹操を描いた蒼天航路がオススメです。三國志の小説のオススメは宮城谷昌光氏が書いた三國志です。

好きな歴史人物:張遼夏候惇文鴦

何か一言:好きな食べ物はマグロ、ぶり、アジが大好きな猫です。

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. もし趙雲が魏に仕えていたらどうなっていた?【ろひもと理穂if考察…
  2. 蒼天航路 蒼天航路で太史慈の出番が少ない2つの致命的な理由
  3. 曹沖 曹沖(そうちゅう)とはどんな人?曹操が最も愛した幻の皇帝
  4. 【マイナー文官列伝】有名じゃないけど優れた才能を持った建安七子・…
  5. 華雄(かゆう) 華雄って強い将軍?それとも雑魚将軍?華雄の強さを考察
  6. 部下をいじめる曹丕 なんか意地悪なイメージがあるけど、曹丕って実際どんな人だったの?…
  7. 三国志の時代の年末からお正月の過ごし方!当時の食生活も見えてくる…
  8. 織田信長 【センゴク】織田信長は長年、本願寺に苦しめられた理由とは?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹操軍

おすすめ記事

  1. 読者の声(2018年9月1日〜21日)
  2. 25話:反菫卓連合軍の崩壊・・・それは、袁紹・袁術の確執から始まった
  3. これは可哀想。。嫌な上司と呂布の謀略の為に死んだ正史の華雄(かゆう) 華雄と呂布
  4. 世説新語(せせつしんご)ってなに?初心者にこそ読んでほしい小説集 三国志大学で勉強する公孫サン(公孫瓚)
  5. 大河ドラマ初の海外ロケ「いだてん」はどこで撮影されたの? スウェーデンで海外ロケの撮影をしている田畑政治と金栗四三 いだてん
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【9/11〜9/17】

三國志雑学

  1. 孔明
  2. 孫子の兵法 曹操
  3. 張飛と本多忠勝
  4. 陸遜
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 劉備と曹操
  2. 典韋にボコボコにされる成廉
  3. 織田信長
  4. 武田騎馬軍団 馬場信春
  5. 孔明
  6. 夜の五丈原で悲しそうにしている孔明

おすすめ記事

鄧禹と兵士 【はじめての孫子】第3回:兵とは国の大事なり 三国志バトル3DRPG『異世界三国志』の予約Top10における事前予約受付をスタート 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース27記事【2/13〜2/19】 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.2 陸遜 陸遜の出自と出身は?三国志演義では完全な脇役の陸遜に分析 荒れる黄河 明智光秀の治水が現在でも残っていた?福知山市で行われていた治水事業 郭嘉スマホケース 【新機種】iPhoneX/ Xperia XZ1/ XZ1 Compact対応スマホケース発売開始です! 三国志の時代に流行した超クールなスポーツ撃壌

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP