【閲覧注意】寄生虫が原因の症状が怖すぎる!寄生虫で死んだ陳登(ちんとう)はじさん臨終図巻




陳登

 

馬刺し、牛刺し、魚の刺し身、日本人は肉を生で食べるという事に

抵抗が無い世界的にも珍しい民族です。

しかし、世界の大半の国では、必ず肉と魚には火を通して食べます。

それは、生肉には寄生虫がいて、時としては重篤な症状を発症するからです。

三国志では知謀の士として知られる陳登(ちんとう)も、この寄生虫により死にました。




生食は大変危険、寄生虫の宝庫

 

なぜ、海外では肉や魚を生で食べないのか?それは生の肉や魚には、

かなりの高確率で寄生虫が存在しているからです。

例えば、生のイカや鮭、アジやサバにはアニサキスという寄生虫が付着しています。




アニサキスとはどんな寄生虫?

アニサキス wiki

(写真出典元:wikipedia アニサキス)

このアニサキス、先端に鋭い歯が生えていて、

人間の胃袋に入ると胃壁を喰い破って外に出ようとします。

その痛さは想像を絶するもので、大の大人が悲鳴をあげ泣き叫ぶ程です。

もちろん、孵化しないで体外に排出される事もありますが、

生のイカやアジ、サバを食べる時には、覚悟が必要です。

 

豚や牛肉、馬肉にもいる寄生虫

無鉤条虫 wiki

(写真出典元:wikipedia 無鉤条虫)

 

魚ばかりではなく、畜肉にも寄生虫は存在します。

豚肉には、旋条虫(せんじょうちゅう)、馬肉にはサルコシスティス・フェアリー、

牛肉には、無鉤条虫(むこう・じょうちゅう)という寄生虫が

付着している事が多いです。

 

症状は様々で少数なら自覚症状がないケースもありますが、

大量感染すると、吐き気やめまい、体重減少などが起き、

寄生虫が腸管を閉塞すると手術しないと生命の危機になります。

 

古代中国では、肉や魚を生で食べていた・・

 

日本では、生の魚を細切りにして薬味で和えたものを

鱠(なます)と言いますが、この鱠は古代中国にも存在していました。

儒教を体系化した事で有名な孔子は、生肉を細切りにして、

酢や醤油、味噌、生姜、韮、大蒜などの薬味で和えた膾(なます)が

大好物だったようです。

 

また、内陸部では、河や沼から揚がる淡水魚を捌いて鱠にして食べていたようです。

現在でも、福建省の清流県や寧化県に住む客家(はっか)は草魚という

体長2mにもなる巨大魚を鱠や刺し身で食べ、広東省の仏山市でも、

淡水魚の草魚(そうぎょ)を鱠で喰う伝統があり、中国当局が寄生虫が

危険だから生食を止めるように通達しても、「古くからの伝統だから」と

中々止めないようです。

 

関連記事:三国時代の料理と酒って何を食べてたの?英雄たちの宴が気になる

関連記事:三国志の時代の年末からお正月の過ごし方!当時の食生活も見えてくる!

関連記事:【素朴な疑問】三国志の時代にも居酒屋ってあったの?

関連記事:お酌上手になって株を上げよう!古代中国のお酒のマナーを紹介!

 

陳登が赴任した広陵は、長江に面していた・・

photo credit: Blubb! via photopin (license)

photo credit: Blubb! via photopin (license)

 

陳登が、寄生虫に悩まされたのは、広陵太守をしていた頃のようです。

広陵とは揚州にあり、長江に面している土地です。

先に書いた、広東省、仏山市とも、そこまで離れていませんので、

ここでも、草魚を生で食べる習慣があったのでしょう。

 

陳登は勧められてか、自ら食べたか分かりませんが、

魚の生食をしてしまい、そこで寄生虫に感染してしまいました。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 曹丕にビビって意見を言えない家臣達
  2. 後継者を決めずにダラダラする袁紹
  3. 趙雲
  4. 桃園の誓012

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“カレンダーの世界史"

“鉄と日本の二千年史"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP