編集長日記
HMR

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

三国志の時代にドリンクバーが存在した?三国志時代の飲み物について

この記事の所要時間: 213




劉備

 

現在は、水やお茶以外にも、コーラ、オレンジ、メロン、グレープ、

ウーロン茶、様々な飲み物でドリンクバーまで出来る程ですが、

このように多様な飲み物は三国志の時代には、当然ありませんでした。

ところが一方で、今日では飲まれていないような、

様々なドリンクが三国志の時代には存在していたのです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:甘寧や袁術もびっくり!実は大事にされた料理人(厨師)




周の時代から存在する公式ドリンク 漿(こんず)

 

漿とは、今でいう重湯の事で、水の中にドロドロした米粒が入っています。

周の時代にはポピュラーなドリンクで、まだ食べ物を売る店がない時代に、

漿を売る店だけは街中にあったようです。

お茶が存在しない当時は、お茶のかわりが漿だったようです。

 

また、漿は当時の食事のマナーにも登場し、食事を済ませた客は

口中をさっぱりさせ清潔に保つ名目で酒や漿でうがいをしたようです。

公式の席では、必ず漿でうがいをし、私的な宴会では酒でうがいをする

というような記述が古代のマナーブック、礼記「曲礼」に出てきます。

 

しかし、重湯で口をゆすいで口中がさっぱりするのでしょうか?

お酒なら、アルコール消毒で清潔になる気はしますが・・

 

元気が出る甘いアルコール飲料 醴(らい)

 

醴は、黍(きび)を粥にして麹を加えて醸造し、数日で出来上がります。

現在で言う甘酒であって、疲れている時などの疲労回復に効果があります。

あまり記録には、出てきませんが、宴会などでは常備していたのでしょう。

当時、甘味は貴重だったので重宝されたと思います。




夏場には、欠かせない冷たい氷水、涼(りょう)

氷 f

 

涼というのは漢字の通りで氷水を意味しています。

大昔に氷なんてあったのか?と思いますが、すでに秦の時代には、

金持ちや王族は専用の氷室(ひむろ)を地下に所有していた事が

遺跡から確認され、冬の間に蓄えた氷を夏場に取りだして飲んでいました。

 

また氷は、これらの飲み物の保存甕を腐らせない為の保冷剤代わりにも

大量に使われていたようで、専任の凌人という役職があった程です。

さながら、古代の冷蔵庫と言った所でしょうね。

 

暑い日に冷たい氷水を飲むのが、どんなに美味しいかは、

あらためて説明するまでもないと思います。

三国志の人々も、夏には氷入りの飲み物を楽しんだと知ると、

また、彼等に親近感が湧きますね。

 

古代のサワードリンク、医(い)

梅 f

 

医は梅酒の事で、梅を浸して酸味をつけたお酒に上述の氷を入れて、

サワードリンクのようにして楽しんでいました。

これまでに出てきた飲み物の中では、こちらが一番口に合いそうです。

医という名前から考えると食欲が減退する夏場に出されて、

胃腸を刺激して食欲を増進する役割だったのかも知れません。

 

めちゃめちゃ甘く水で割るドリンク酏(い)

 

酏は醴をさらにドロドロに濃くしたもので、粘りがあり糸を引いたそうです。

この酏の漢字の也の部分は、「糸を引く」という意味なので漢字が意味を表しています。

流石に、このままでは甘過ぎて飲めないので、水を足して薄めていたようですが、

それでも甘いので飲み物として不人気になり、漿と共に歴史から消えていきました。

 

まあ、すでに、同じ黍から造る醴があるんですから、

やや存在意義が薄いと言えば薄いですからね。

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

今回は三国志の時代のドリンクについて、色々調べてみました。

さて、ドリンクと言えば外せないのが、

我らが宇宙皇帝袁術(えんじゅつ)さんですが、

彼も人生のグランドフィナーレの一歩手前で

「は、はちみつ水飲みたい」と料理人に告げていますね。

その原文は、「時盛暑、欲得蜜漿」で真夏に蜜漿を欲するとあります。

 

これを「蜂蜜舐めたい」とする解釈もありますが、

盛夏で喉が渇いている時に蜂蜜を舐める人などいないので、

これは蜂蜜を水に溶かしたモノと考えるのが自然でしょう。

 

袁術

 

ただ、蜂蜜水は三国志の時代には貴重で珍しく、

超大金持ちしか飲めない高貴なドリンクだったようです。

流石、袁術さん、何の余裕もない死の間際になっても、

「み、水が飲みたいではなく」セレブな蜂蜜水を要求するなんて

本当にスーパーエリートなんですね。

 

本日も三国志の話題をご馳走様でした。

 

関連記事:なんと○○を食べていた!三国志の驚異の食生活

関連記事:地味だけど超大事!三国志の時代の食糧貯蔵庫とはどんなもの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 飛信隊はどのような構成だったの?史実をもとに強さも考察
  2. 滅びゆくものへの郷愁劉備という生き方
  3. 二世は辛いよ!やられキャラの張虎と楽綝の生涯を紹介!
  4. 【真田丸特集】有能なのに歴史の影に埋もれてしまった真田信之と程昱…
  5. 【戦神】昭襄王の兄は無類の筋肉マニア?筋肉へのこだわりがハンパじ…
  6. 10話:実は、最初から作戦に失敗していた黄巾賊
  7. 媧燐(かりん)は実在した?ベトナムの女桀と呉の陸胤の戦いの意外な…
  8. 命乞いでここまで堕ちるか?関羽に命乞いし全てを失った男・于禁

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. キングダム最新刊43巻発売決定!43巻の見どころとネタバレ予想!
  2. 王基(おうき)ってどんな人?軍事・政治で非凡な能力を見せた魏の武将
  3. 【第8回 幻想少女】難攻不落の第十章攻略が面白い!はまってきました♪
  4. キングダムに乗り遅れた人必見!!戦国時代をざっくりと紹介しちゃいます!
  5. 何進(かしん)とはどんな人?天下騒乱のきっかけを作った大将軍
  6. 【はじめての孫子】第1回 そもそも孫子って、何?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

裴潜(はいせん)とはどんな人?鳥丸の反乱を抑え、様々な政策を生み出した裴松之の先祖 とっても地味な孫権の息子達7名を一挙紹介 正史三国志と三国志注に出てくる趙雲はビックリするくらい全然違う! 背水の陣は韓信だけではなかった!項羽が使った悲愴の決意を示した行動とは? 騰(とう)は実在したの?史記に全く記されてない謎の天才将軍 曹操孟徳と織田信長の共通点!あなたはいくつ当てはまる? 大喬・小喬は袁術の側室だった可能性が高い!その驚くべき理由とは!? 戦下手の夏侯惇が大活躍!運が味方した陽平関の戦いってどんな戦いなの?

おすすめ記事

  1. 鍾会(しょうかい)ってどんな人?蜀を滅ぼして独立を目指した男
  2. もし郭嘉が長生きしてたら赤壁の戦いでは曹操軍はどうなっていたの?
  3. 【ネオ三国志】第5話:兗州騒乱の終結と天子の擁立【蒼天航路】
  4. KOEI 三國志の産みの親!襟川陽一はココが凄い!シブサワ・コウの意外な側面6連発
  5. 董卓の毒牙から袁紹を陰ながら助けた名士達に痺れる!
  6. 桃園三兄弟の別れ 関羽の死から夷陵の戦いまでを辿る
  7. 曹操軍の食料担当にはなりたくない!!その理由とは?
  8. 【第6回 幻想少女】次なる相手は曹操か?まだ見ぬ曹操の姿に期待大!

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP