魏延
馬超




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

吉川元春(きっかわもとはる)がスゴイ!敵と味方から恐れられた戦の達人




吉川元春 wiki

(画像引用元:吉川元春 wikipedia

 

毛利家を支えたのは智謀と外交感覚に優れた小早川隆景(こばやかわたかかげ)と

武勇に優れた吉川元春(きっかわもとはる)の二人が毛利家を支えておりました。

今回は武勇に優れ、敵と味方の両方から恐れられた吉川元春についてご紹介しましょう。

 

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選




暴れん坊の次男

毛利元就 wiki

(画像引用元:毛利元就 wikipedia

 

吉川元春は毛利元就の次男として誕生。

長男である隆元(たかもと)はおとなしい性格でしたが、次男坊は非常に血気盛んな性格で、

初陣はなんと12歳でした。

しかもこの初陣は父である毛利元就が元春を連れて戦に出たわけではなく、

彼が父の反対を押し切って戦に参戦。

この戦いで彼は初陣であるにも関わらず敵陣に突撃して大暴れし、

その勇猛さは味方の中でも1,2を争うほどでした。

こうして彼の初陣における勇猛さは味方の諸将の中でも一際目立っており、

将来を有能な武将になるであろうと期待されておりました。




吉川家に養子に入る

森 s

 

元春は初陣を済ませると母である妙玖(みょうきゅう)の実家である吉川家へ養子に出されます。

彼は吉川家当主である興経(おきつね)の息子として扱われることになります。

だが元春が吉川家へ養子に入ったのは父である元就の策略でした。

彼は妻・妙玖の実家である吉川家の勢力を毛利家へ取り込むために元春を養子へ出すことに

決めたのです。

その後、元就は吉川家当主である興経とその息子を殺害して、

元春を吉川家の当主へ据えることになります。

 

奮闘する戦上手

photo credit: Sunset, Rock Valley via photopin (license)

 

元春は吉川家の当主へ就任すると周防(すおう)の大勢力である大内氏が家臣の陶晴賢が謀反。

そして主君大内氏を殺害して自らの勢力を築くことに成功します。

毛利元就は陶晴賢と同盟を結ぼうと画策しますが、

嫡男隆元の反対によって陶氏と決戦することになります。

この陶家と毛利家の戦いを厳島の戦い(いつくしまのたたかい)と言われることになるのですが、

この戦いでは元春は吉川軍を率いて陸で大奮闘し、

元春の弟で小早川家の当主になっていた隆景(こばやかわたかかげ)は水軍を率いて陶氏と

大激闘を繰り広げ勝利することになります。

 

中国地方攻略戦でも大奮闘

炎 s

 

こうして陶氏を討伐することに成功した毛利家は領土を一気に拡張することに成功します。

そして元就は中国地方の覇者の地位を手にしていた尼子氏を討伐して

中国地方を平定する方針を固めます。

この戦いで元春は山陰方面で活躍し、尼子氏討伐で武功を重ねていきます。

尼子氏の当主である晴久(はるひさ)は「敵ながら元春の戦上手はあっぱれである。

皆も元春の戦上手を学ぶべきであろう」と言葉を残しており、敵の大将からも褒められるほど

彼の戦は凄まじいものでした。

その後も彼は山陰方面の司令官として尼子氏残党軍討伐戦や上月城(こうづきじょう)の戦いで

活躍していくことになるのです。

 

戦国史ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

吉川元春は父毛利元就からもその戦ぶりを讃えられており、

名将言行録(めいしょうげんこうろく)と言われる書物には(尼子晴久が残した言葉もここから引用)

「わしは元春の戦ぶりには勝てんわい」と述べており、

敵味方からその戦ぶりを認められていた証左と言えるでしょう

元春は生涯で76回ほど戦に参戦し、その内勝利する事64回を数えるほどの戦上手でした。

また彼は戦だけに特化した武将ではなく文学的要素も持っており、

尼子氏の本拠地である月山富田城(がっさんとだじょう)包囲戦では、

あまりやることがなかった彼は軍中で太平記を読み、それを書写しておりました。

この太平記は吉川本太平記と呼ばれることになり、

重要文化財に指定されている書物になっております。

このように文武両道の名将として毛利家を支え続けた名将・吉川元春をご紹介しました。

 

参考文献・吉田龍司著 毛利元就:紀元社発刊

 

軍師官兵衛に関する記事一覧:軍師官兵衛全記事

関連記事:黒田官兵衛の肖像画で頭巾を付けている理由がわかる!天才軍師・官兵衛の地獄からの生還

関連記事:黒田官兵衛の奇抜な献策と備中高松城攻防戦の水攻めがスゴイ!

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 鍾毓(しょういく)とはどんな人?風格のある人柄で秀才の誉れ高い魏…
  2. マッハで逃げる袁術に捕まってしまう華歆(華キン) 袁術へ強制的に仕えることになった華歆がマッハで彼に見切りをつけた…
  3. 真田丸 真田丸の関ヶ原の戦いはすぐに終わったが、どうして西軍は負けたの?…
  4. 冒頓単于と劉邦 冒頓単于(ぼくとつぜんう)とはどんな人?漢帝国の宿敵で匈奴の名君…
  5. 織田信長 戦国時代最大のミステリー・本能寺の変の謎に迫る!!
  6. 【光武帝の伝説の戦い】劉秀の評判がこんなにも高い秘密はここにあっ…
  7. 裏切りそうな悪い顔をしている明智光秀 明智光秀の性格はマジ○○だった!?裏切りや密会を好んだ男の性格分…
  8. 周昭が諸葛瑾をベタ褒め 孫権の部下に三君有り!孫呉三君とはいったい誰を指すの?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 袁紹(はじめての三国志)
  2. 読者の声バナー(はじめての三国志)
  3. はじめての三国志からのお知らせ バナー
  4. 部下をいじめる曹丕
  5. 黄忠の様子を見に行く趙雲
  6. 酒癖が悪い孫権
  7. 残忍な曹丕
  8. 郭嘉の本
  9. 板垣退助

おすすめ記事

  1. 【定軍山の戦い】法正たちが大活躍!夏侯淵っていつのまに死んじゃった? 法正に敗れる夏侯淵
  2. 井伊直政の死因とは?本当に火縄銃で撃たれて亡くなったのか? 井伊直政
  3. 三国時代には「撃壌」という遊びが流行していた!?
  4. 曹操は周瑜も魏軍に取り込もうとしていた!孫呉の大都督・周瑜も欲しがった人材マニア 曹操
  5. どもりが酷い鄧艾の隠れた才能!優れた農業政策「済河論」を分かりやすく解説 鄧艾
  6. 【架空戦記】帝政ローマ軍と三国志軍が戦ったらどっちが勝つの?軍隊の編成や武器なども徹底解説

三國志雑学

  1. 韓信と劉邦
  2. 車に乗る諸葛亮
  3. 賈詡(賈ク)
  4. 曹丕
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 袁術
  2. 牛に乗って登場する光武帝(劉秀)
  3. 春秋戦国時代の白起、デビュー戦から大殺戮

おすすめ記事

三国志に出てくる海賊達と甘寧 【第一次濡須口の戦い】赤壁より人数が多い三国志史上屈指の会戦 チビってしまう司馬懿と孔明 司馬懿は大軍を率いていながら孔明にビビって逃走したってほんと? 馬に乗って単身荊州へ赴く劉表 三国志の時代の情報伝達はどうなっていたの?最小情報伝達所烽侯を解説 関羽に惚れる曹操 もし関羽が曹操の元に留まり劉備の元に戻らなかったらどうなっていた? 項羽と呂布 【架空戦記】時空を超えた最強対決!人中の鬼人・呂布VS楚の覇王・項羽 上杉謙信 上杉謙信は温泉が大好きだった!上杉謙信が愛した隠し湯 3選 『真・三國無双8』プロデューサー鈴木亮浩が絶賛する三国志×学園ラブコメ『劉備徳子は静かに暮らしたい(仲野えみこ/白泉社)』第2巻を販売開始。 大器晩成とはこのことか!三代にわたって魏に仕えた朱霊の魅力に迫る!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集法正"
PAGE TOP