袁術祭り

はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

吉川元春(きっかわもとはる)がスゴイ!敵と味方から恐れられた戦の達人

この記事の所要時間: 256




吉川元春 wiki

(画像引用元:吉川元春 wikipedia

 

毛利家を支えたのは智謀と外交感覚に優れた小早川隆景(こばやかわたかかげ)と

武勇に優れた吉川元春(きっかわもとはる)の二人が毛利家を支えておりました。

今回は武勇に優れ、敵と味方の両方から恐れられた吉川元春についてご紹介しましょう。

 

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選




暴れん坊の次男

毛利元就 wiki

(画像引用元:毛利元就 wikipedia

 

吉川元春は毛利元就の次男として誕生。

長男である隆元(たかもと)はおとなしい性格でしたが、次男坊は非常に血気盛んな性格で、

初陣はなんと12歳でした。

しかもこの初陣は父である毛利元就が元春を連れて戦に出たわけではなく、

彼が父の反対を押し切って戦に参戦。

この戦いで彼は初陣であるにも関わらず敵陣に突撃して大暴れし、

その勇猛さは味方の中でも1,2を争うほどでした。

こうして彼の初陣における勇猛さは味方の諸将の中でも一際目立っており、

将来を有能な武将になるであろうと期待されておりました。




吉川家に養子に入る

森 s

 

元春は初陣を済ませると母である妙玖(みょうきゅう)の実家である吉川家へ養子に出されます。

彼は吉川家当主である興経(おきつね)の息子として扱われることになります。

だが元春が吉川家へ養子に入ったのは父である元就の策略でした。

彼は妻・妙玖の実家である吉川家の勢力を毛利家へ取り込むために元春を養子へ出すことに

決めたのです。

その後、元就は吉川家当主である興経とその息子を殺害して、

元春を吉川家の当主へ据えることになります。

 

奮闘する戦上手

 

元春は吉川家の当主へ就任すると周防(すおう)の大勢力である大内氏が家臣の陶晴賢が謀反。

そして主君大内氏を殺害して自らの勢力を築くことに成功します。

毛利元就は陶晴賢と同盟を結ぼうと画策しますが、

嫡男隆元の反対によって陶氏と決戦することになります。

この陶家と毛利家の戦いを厳島の戦い(いつくしまのたたかい)と言われることになるのですが、

この戦いでは元春は吉川軍を率いて陸で大奮闘し、

元春の弟で小早川家の当主になっていた隆景(こばやかわたかかげ)は水軍を率いて陶氏と

大激闘を繰り広げ勝利することになります。

 

中国地方攻略戦でも大奮闘

炎 s

 

こうして陶氏を討伐することに成功した毛利家は領土を一気に拡張することに成功します。

そして元就は中国地方の覇者の地位を手にしていた尼子氏を討伐して

中国地方を平定する方針を固めます。

この戦いで元春は山陰方面で活躍し、尼子氏討伐で武功を重ねていきます。

尼子氏の当主である晴久(はるひさ)は「敵ながら元春の戦上手はあっぱれである。

皆も元春の戦上手を学ぶべきであろう」と言葉を残しており、敵の大将からも褒められるほど

彼の戦は凄まじいものでした。

その後も彼は山陰方面の司令官として尼子氏残党軍討伐戦や上月城(こうづきじょう)の戦いで

活躍していくことになるのです。

 

戦国史ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

吉川元春は父毛利元就からもその戦ぶりを讃えられており、

名将言行録(めいしょうげんこうろく)と言われる書物には(尼子晴久が残した言葉もここから引用)

「わしは元春の戦ぶりには勝てんわい」と述べており、

敵味方からその戦ぶりを認められていた証左と言えるでしょう

元春は生涯で76回ほど戦に参戦し、その内勝利する事64回を数えるほどの戦上手でした。

また彼は戦だけに特化した武将ではなく文学的要素も持っており、

尼子氏の本拠地である月山富田城(がっさんとだじょう)包囲戦では、

あまりやることがなかった彼は軍中で太平記を読み、それを書写しておりました。

この太平記は吉川本太平記と呼ばれることになり、

重要文化財に指定されている書物になっております。

このように文武両道の名将として毛利家を支え続けた名将・吉川元春をご紹介しました。

 

参考文献・吉田龍司著 毛利元就:紀元社発刊

 

軍師官兵衛に関する記事一覧:軍師官兵衛全記事

関連記事:黒田官兵衛の肖像画で頭巾を付けている理由がわかる!天才軍師・官兵衛の地獄からの生還

関連記事:黒田官兵衛の奇抜な献策と備中高松城攻防戦の水攻めがスゴイ!

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 華歆(かきん)とはどんな人?孫呉の英雄達に仕えた文官
  2. 【驚愕の事実】三国志ではなく五国志だった!士燮(ししょう)勢力の…
  3. 戦国最強の同盟を成立させた名軍師・太原雪斎(たいげんせっさい)の…
  4. 【戦国四君の食客の名言】人間関係を達観した馮驩の名言
  5. 【呉の猛将・太史慈】相手の隙をついて包囲網を突破:意外と知らない…
  6. 秀吉の下に天下を代表する軍師が揃うきっかけってなに?
  7. 【キングダム】王翦・王賁の血筋は楚漢戦争時代にも登場していた!?…
  8. 張繍と賈詡は曹操に降伏したのは本心からではなかった!?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 蜀建国以前に劉備に仕えた歴代の軍師・参謀役を徹底紹介!
  2. これぞ重箱の隅!三国志の時代の調理具・食器特集!
  3. 面白いのに何故かアクセスが少ない記事まとめ【2016年総集編】
  4. 三国志の時代のお祭りは、どんな様子だったの?
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース16記事【9/5〜9/11】
  6. 79話:曹操最大の失敗赤壁の戦い

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

孤高の天才参謀・竹中半兵衛重治は知略で君主を追い出した!? 【ネコ派必見】猫にまつわる中国史の逸話!古代漢民族は無類の猫好きだった? 徐邈(じょばく)とはどんな人?曹操の禁酒令を破ったのに逆に出世した男 【キングダム】李牧を死に追いやる佞臣、郭開(かくかい)とはどんな人? 117話:司馬懿仲達、三国志の表舞台に出現!劉禅は劉備の後継者に。 日本で一番すごい武将?敵中を突破して帰国した猛将・島津義弘の武勇伝 ニッチローも真っ青!三国志の英傑はモノマネ大好きだった! 曹操くんポカーン。こやつ何を言ってるんじゃ?古代中国の方言から現代中国の方言まで徹底解説!

おすすめ記事

  1. 日中交渉は卑弥呼と魏だけではない!?
  2. キングダムファンなら絶対読むべき!三国志も面白い!
  3. 【これはひどい】孫皓が天下統一できると勘違いした占いとは?
  4. リアルな正史三国志の特徴って?ってか正史三国志は需要あるの?
  5. もし郭嘉が劉備軍の軍師だったらどうなる?呂布や袁術も討伐できた!?
  6. 中国だけじゃない? 世界の三国時代・古代琉球・朝鮮半島・ブリテン諸島などを紹介
  7. 賈詡は一流の政治家でもあった!?降伏の進言をして名軍師と呼ばれた天才の生涯
  8. こんなの絶対に入りたくない!三国志の時代の牢獄は酷すぎた…当時の刑罰も合わせて紹介

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP