キングダム
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

豊臣秀吉亡き後の天才軍師・黒田官兵衛の決断

この記事の所要時間: 247




 

豊臣秀吉(とよとみ ひでよし)が亡くなると天下は再び騒乱の様相を呈してきます。

その原因を作ったのは豊臣家の武功派である福島正則(ふくしままさのり)や

加藤清正(かとうきよまさ)ら勢力と石田三成(いしだみつなり)を筆頭とする文官達との

争いが勃発したことです。彼の争いは秀吉死後に激化。

さらに徳川家康(とくがわ いえやす)がこの両者の争いを利用して

豊臣の天下を簒奪しようと考えておりました。

こうして秀吉死後の天下は非常に不安定な状態でしたが、

この状態がどのように変化することになるのか見守る老人がおりました。

その名を黒田官兵衛(くろだかんべえ)といいます。

彼は秀吉を支え続けた天才軍師としてその名は天下に轟いており、

秀吉からもその才能を恐れられていた人物です。

彼はこの不安定な天下の状況をなぜ見守っていたのでしょうか。

 

関連記事:【軍師特集】三国志、中国史、日本史にみる君主を支えた敏腕軍師たち

関連記事:軍師ってどんな職業なの? <三国志豆知識>




秀吉死す

 

一代で天下統一を果たした苦労人であるとともに戦国の出世頭と言われた

天下人・豊臣秀吉が亡くなります。

秀吉が亡くなった当時、朝鮮で戦が行われており

清軍VS日本軍の熾烈な激闘が行われておりました。

そんな中秀吉が亡くなったとの情報が司令部へ入ってきます。

そのため日本軍は清軍と激闘を繰り広げながら撤退を開始。

官兵衛はいち早く日本へ帰国すると京の都に入って

秀吉死後の状態がどのようになっているのかを調査します。




里村紹巴に弟子入り

 


官兵衛は軍師としての才能は天下で知らないものはいないといっていいほどの智謀の士でした。

しかし官兵衛の才能は智謀だけではなく、歌読みとしても非常に優れておりました。

彼は当代きっての連歌師である里村紹巴(さとむらじょうは)の弟子入りするとすぐにその才能が

開花し、彼の連歌はめきめきと上達していくことになります。

 

連歌の会を開いて情勢を知る

竹 f

 

官兵衛は朝鮮から帰国すると京へ入ります。

そして京で里村紹巴の一門や戦国時代きっての文芸の達人である

細川幽斎(ほそかわゆうさい)などの大名、

公家衆を呼んで連歌の会を催します。

彼はこうした人々と連歌を楽しんでいたのではなく、彼らと親しく交わることで現状の政治状況が

どのようになっているのかを調査することが目的でした。

彼が秀吉の死後から関ヶ原の戦いが行われるまで連歌の会を開いたのは月に一回という

ハイペースで行っておりました。

こうして当時の政界の状況がどのようなものであるかをくわしく調査していたのです。

この調査の結果、豊臣家に秀吉がいた頃のような求心力はないことが判明し、

次世代の天下を担うのは徳川家であろうと言うことがわかってきます。

 

関連記事:秀吉の下に天下を代表する軍師が揃うきっかけってなに?

関連記事:黒田家を支え続けた後藤又兵衛はなぜ出奔することになったの?

 

京から領地へ帰国し、準備を始める

 

官兵衛は京から自らの領地である豊前(ぶぜん)中津城(なかつじょう)へ帰国します。

この地で官兵衛は当主である長政(ながまさ=幼名を松寿丸)と

家康へ味方するように申し述べます。

長政は父官兵衛から言われる前から家康に接近しており、

緊密な関係性の構築に成功しておりました。

このことを報告すると官兵衛は長政を褒め今後も家康への配慮を怠ならいように指示を出します。

その後長政は黒田家の精鋭を率いて会津討伐へ向かう家康軍に合流するために

出陣していきます。

官兵衛は隠居していたため少ない人数で中津城を守備することになります。

 

関連記事:黒田官兵衛は活躍したのになぜ領地はびっくりするくらい少ないの?

関連記事:播磨の豪族から出現した自信家・黒田孝高の誕生と初陣

 

貯蓄していた金銀を全て放出

 

官兵衛は節約家としても知られ、豪勢な物を嫌っており金銀を貯蓄しておりました。

その理由はいざって時のためにの貯蓄でした。

そして黒田軍の精鋭が当主・長政に従って出陣すると中津城に残っているのは老兵のみと

なってしまいます。

彼はこのままでは中津城を守備することが難しいと判断。

そこで今まで溜め込んでいた金銀財宝を全ては放出して募兵を開始します。

こうして集まった兵数は浪人や近隣の農民などが混ざっている混成部隊でしたが、

9千人程が官兵衛の元へやってくることになるのです。

そしてついに上方では石田三成が挙兵し、

豊臣家VS徳川家の二大勢力のぶつかり合いが始まろうとしておりました。

 

戦国史ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

黒田官兵衛はいつ九州地方に戦乱が訪れてもいいように準備万端でした。

また彼は徳川方へ味方することを決断し、当主長政や毛利両川の一人である吉川広家らに

徳川方へ味方するように説得します。

こうして黒田家が徳川家に忠実に働いていることをアピールすることで、

領地保全を考えているのでありました。

そして天下分け目の戦である関ヶ原の戦いが近づいてきます。

 

参考文献:中公新書 黒田官兵衛:諏訪勝則著

 

軍師官兵衛に関する記事一覧:軍師官兵衛全記事

関連記事:黒田官兵衛の肖像画で頭巾を付けている理由がわかる!天才軍師・官兵衛の地獄からの生還

関連記事:黒田官兵衛の奇抜な献策と備中高松城攻防戦の水攻めがスゴイ!

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【マイナー文官列伝】有名じゃないけど優れた才能を持った建安七子・…
  2. 藤崎竜先生の過去作品や絵柄・天才的な画力を紹介!
  3. なんで三国志の時代には封禅の儀式が行われなかったの?
  4. 王淩(おうりょう)とはどんな人?魏の忠臣として、司馬家の専横を許…
  5. 沮授(そじゅ)とはどんな人?袁紹に献策するも採用されなかった悲運…
  6. 廬毓(ろいく)とはどんな人?曹氏三代に仕えた公平な人物
  7. 献帝(けんてい)とはどんな人?後漢のラストエンペラーの青年期
  8. 【春秋五覇の一人】穆公のおかげで後進国からのし上がった西の国・秦…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. キングダム 龐煖(ほうけん)は、実はインテリ男子だった?武神は実在したの?
  2. 【三國志曹操伝 ONLINE 攻略最終回】三国志演義・曹操伝の第二章攻略ポイント
  3. 趙雲と姜維の一騎打ち!姜維の武勇は本当に凄かったの?
  4. 劉備が親孝行でお茶を買う?中国茶の種類を紹介
  5. 田豫(でんよ)とはどんな人?魏の国境付近の平和を勝ち取っていた異民族政策のプロ
  6. 【特別企画】関羽の最強の噛ませ犬は誰か?最強決定戦!!

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【3分でわかる】魏・蜀・呉はどうやって兵力を手に入れていたの? 【伊達宗城と宇和島藩】10万石の小藩が持ちえた熱意と行動力とは? 【捜神記】火星にときめいた人向け!1800年前の三国志時代にも肉眼でスーパーマーズが見えていた 【シミルボン】残念、五虎将軍になった時にはピークを過ぎていた馬超 コンテンツ品質向上に向けてアンケートご協力のお願い 孔明によって殺害されてしまった劉封、実は○○から逃亡するようにアドバイスを受けていた! 海音寺潮五郎の小説『孫子』ってどんな作品なの?【はじめての孫子 番外編】 関羽の死後、その一族はどうなったの?龐会に一族を抹殺される悲運な一族

おすすめ記事

  1. キングダム 518話 ネタバレ予想:王翦の秘策がついに明らかに・・
  2. 袁術はそんなに悪くない、自叙伝で袁術を庇っていた曹操
  3. 桓騎(かんき)だけではない古今東西の残虐な戦術
  4. kawauso編集長のぼやきVol.14「三国志冬の時代」
  5. 蒼天航路が1〜3巻まで無料【お知らせ】
  6. 天照大神は卑弥呼がモデルだった?卑弥呼の正体に迫る!
  7. 【第五回 放置少女】ケチ武将・曹洪倒すためガチャをぶん回してみた結果
  8. 116話:劉備、失意の中白帝城に没す!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP