よかミカンの三国志入門




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

おんな城主 直虎の予備知識を得よう!女城主・井伊直虎は今川家に呪われているらしい

この記事の所要時間: 234




おんな城主 直虎 引用

(写真引用元:おんな城主 直虎 NHK公式サイト

 

2017年の大河ドラマは女城主・井伊直虎(いいなおとら)です

彼女は井伊宗家の娘として誕生しますが、今川家の呪いによって人生が狂ってしまいます。

まず義元に疑われたせいで、許嫁である亀之丞が井伊家から逃亡。

帰ってきた時には知らない女の人と結婚している状態で、

婿養子として井伊直親(亀之助=元服して直親)が井伊宗家に入ってきます。

そして直親が井伊宗家を継ぐことになるのですが、

彼もまた今川の呪いによって亡き者にされてしまいます。

2017年の大河ドラマの主人公・井伊直虎の予備知識として、

今川家と直虎の成人後のお話をしていきたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家




出家しようとすると・・・・とんでもないことに

 

井伊直虎は元許嫁の直親(なおちか)が正妻との間に息子が生まれたショックで、

出家しようと心に誓って井伊家の菩提寺である龍潭寺(りゅうたんじ)を訪れます。

そしてここの和尚に今まで自分の身に起きた不幸を語ってから「出家したいと思います」と

自らの決意を述べます。

すると和尚は「出家するのはいいのだが、お前は男になれ。

井伊家の次期当主である直親の息子はまだ幼い。そのためあなたが出家して男として振舞って、

井伊家を支えていく覚悟があるのであれば出家をするべきだ」とアドバイスをもらいます。

直虎はこの時の和尚のアドバイスを聞いて井伊家を支えるために男して生きていくことを決めて、

次郎法師として出家するのです。




婿養子直親・曽祖父・直平も今川の呪いによって亡くなる

 

婿養子で井伊宗家の当主であった直親ですが、

今川義元の跡を継いだ氏真(うじざね)に疑われたことがきっかけで殺害されてしまいます。

この時に直親の嫡男であった虎松も殺害されそうになりますが、

井伊宗家の重臣が彼の身を隠したことでなんとか亡くならずに済みました。

しかし井伊宗家の当主がまたも今川の手によって殺害されてしまい、

直虎の曽祖父である井伊直平(いいなおひら)が再び当主の座に着くことになります。

だが彼も今川家の謀略によって殺害されてしまいます。

こうして婿養子直親・曽祖父直平も殺害されてしまった井伊宗家は

出家していた直虎が還俗して当主の座に君臨することになります。

この時に直虎は始めて井伊直虎として男の戦国武将のような名前を名乗ることになるのです。

 

 

井伊宗家の舵取りを行う

 

直虎は井伊宗家の当主として井伊家の舵取りを行っていくことになります。

当時今川家は東海一の弓取りと言われていた今川義元が亡くなり、

氏真がまだ今川家を継いだばかりでした。

今川家に服従していた三河(みかわ)の松平元康(まつだいらもとやす)は今川家から独立。

そのため氏真が継いだ今川家は義元時代のような大勢力ではなくなっておりました。

直虎の井伊家は今川家の本拠地である駿河から近い遠江(とおとうみ)にあった為、

今川家の勢力はまだまだ強く服従していなくてなりませんでした。

直虎は今川家に呪われていた恨みを晴らすために、

今川からの命令で徳政令(とくせいれい=民衆達が抱えていた借金をなくすこと)を

行うように言われますが敢然と拒否。

しかし井伊家には今川家を頼りにしていた家老が政治を取り締まっていたことが原因で、

徳政令を行うことになってしまいます。

 

徳川家康に接近して今川の呪いを振りほどくが・・・

 

今川の呪いによって不幸のどん底に陥れられた直虎と井伊宗家。

直虎は今川家の呪いを振り払うため新興勢力である徳川家康(元・松平元康)に、

今川家に見つからないように接近し、今川寄りの井伊家家老を追い出して欲しいと要請します。

徳川家康は井伊家の要請を受け入れて、井伊家の今川寄りの家老を追い出すことに成功し、

今川の呪いを振りほどくことに成功し、井伊宗家が政治の実権を取り戻すことに成功するのです。

 

戦国史ライター黒田廉のひとりごと

黒田廉

 

井伊直虎の人生は今川家によって狂わされたといってもいいでしょう。

大河ドラマではどのような形で井伊直虎の人生を描くことになるのか、

この記事を読んで楽しみにして頂ければと思います。

さて徳川家康によって今川の呪いを振りほどくことに成功した直虎ですが、

これで幸せになれるのでしょうか。

彼女の幸せまでの道のりは険しく遠いものでした。

彼女はまだどのような険しい道を歩んでいくことになるのでしょうか。

 

参考文献 アスキー新書 女たちの戦国 楠戸義昭著など

 

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:日本で一番すごい武将?敵中を突破して帰国した猛将・島津義弘の武勇伝

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 甲斐の虎と越後の龍が行った激戦!川中島の戦いって一体どちらが勝っ…
  2. 前漢の景帝の尊厳を保たせるために行った領地削減政策は裏目になった…
  3. 伍子胥(ごししょ)とはどんな人?復讐の鬼となり、楚を滅亡寸前まで…
  4. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十三話「城主はつらいよ」…
  5. 何で武田晴信は長尾景虎との対決を避け続けたの?
  6. 周舒(しゅうじょ)とはどんな人?預言書に記されていた「漢に代わる…
  7. 黄崇(こうすう)と蒋斌(しょうひん)はどんな人?蜀の名将・黄権の…
  8. 「わしの樊噲じゃ」盗賊達を震え上がらせ、曹操の命を救った許褚の武…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【キングダム】信は大将軍の前に「李信」に改名するの?その理由に迫る!
  2. 【萌えキャラ三国志】萌えな3武将を選んでみたよ
  3. 董卓の墓は存在するの?三国志観光旅行
  4. 天才久坂玄瑞の攘夷実行と現実との剥離
  5. それだけは言っちゃダメ!三国武将の地雷ワード3選
  6. 【これは悲しすぎる】今や忘れさられた袁術の墓

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

十常侍に学ぶ正しい謝罪!真土下座の花道【ビジネス三国志】 大久保利通の身長は?幕末時代の身長が高かった偉人たち4選 【龐煖の死】対趙攻略戦を地図で解説&大胆キングダム予想! 呆れた!油断も隙もない!孔明にもつばをつけていた曹操? 【お知らせ】サイト内検索(検索フォーム)を導入しました 関羽・張飛・趙雲の息子達は勇将だったの?蜀の二代目特集 泣いていると鬼ではなく、張遼がやってくる!? 89話:龐統、涪水関を計略で落とす

おすすめ記事

  1. 五丈原の戦いの裏側で活躍した魏の満寵とは?後編
  2. 孔融(こうゆう)とはどんな人?孔子の子孫だが、曹操を批判して身を亡ぼした学者
  3. 【三国志ミステリー】劉備はなぜ奥さんを何度も捨てて逃げたの?
  4. 関羽のワガママ死は孫権の無節操が原因だった?
  5. 108話:三国志を牽引した風雲児曹操、志半ばで死ぬ
  6. 馬超には愛馬がいたの?西方の雄・馬超の愛馬に名前をつけてみた
  7. 霊帝が名君だったら三国志はどうなった?本当に無能だったの?
  8. 【火鼠の皮衣】曹丕、とんだ赤っ恥!燃えない布などあり得ない(キリッ!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP