はじめての三国志

menu

三国志の雑学

孔明だけじゃなかった!?呉にも天下三分の計を唱えた人物がいたってホント?

この記事の所要時間: 221




天下三分の計

 

天下三分の計。

この計略は漢の国士無双韓信の軍師であった蒯通(かいとう)が最初に発案した計略で、

後に三国志一の大軍師として知られている諸葛孔明に受け継がれることになります。

さて三国志でこの計略を唱えたのは孔明が最初であり、

魏では天下を三分割にして統治しようとは誰ひとり考えていなかったのではないのでしょうか。

 

周瑜

 

また孔明が天下三分の計を計画していた頃、呉では周瑜(しゅうゆ)が軍事に関してのトップでした。

彼は天下を三分割にするようなまどろっこしいことをするのではなく、

天下を二分して呉が西・南から魏へ攻撃して攻略していく天下二分の計を考えておりました。

しかし呉でも周瑜の天下二分の計に隠れながら、

天下三分の計が実は唱えられていたことを知っておりましたか。

今回は意外と知られていない呉の天下三分の計を唱えた人物をご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志の英傑達は正月に何を食べていたの?呉の人々の正月料理がまるで某有名ボクシング映画




天下三分の計を呉で唱えたのはこの人だ!!

周瑜の魅力

 

呉は赤壁の戦いで大勝利を収めるとこの戦いの大都督(=総大将)であった周瑜が、

呉の軍事を担うことになります。

彼は呉が天下統一するための計略を孫権に披露しており、

彼曰く「呉が天下統一をするためにはまず、益州の劉璋(りゅうしょう)を討伐して益州を平定し、

その後漢中の五斗米道(ごとべいどう)を平らげて、

西に割拠している馬超(ばちょう)韓遂(かんすい)達と手を組みます。

そして西からは関中軍と漢中から出撃する呉軍、荊州方面から呉軍を北上して魏軍と決戦を挑む軍。

最後に合肥(がっぴ)方面から攻撃を仕掛けて、徐州・青州を攻略する軍の三軍連動作戦を

行えば、魏軍を打ち倒すことができるでしょう。」と進言します。

孫権は周瑜の進言に従って国の方針も彼の進言にそうような形で進んでいくことになります。

この周瑜の天下二分の計もとい三軍連動作戦よりも前にある人が違う計略を唱えておりました。

 

魯粛

 

その人物は二代目大都督として呉軍の内政と外交、軍事を担うことになる魯粛(ろしゅく)でした。

 

関連記事:合肥(がっぴ)むかつく!孫権が合肥攻略にこだわる理由とは?

関連記事:孫権は何であれほど合肥城を狙い続けたの?理由をわかりやすく解説(前半)




魯粛の天下三分の計

魯粛

 

魯粛は孫策(そんさく)に一時的に仕えたこともありましたが、

孫策は彼の才能を見抜くことができずに下っ端の役人のような仕事をさせられておりました。

そのため孫策が亡くなると彼は故郷へ帰ろうと考えており、

実際にその準備を行っておりました。

 

魯粛と周瑜が詐欺を決行

 

しかし親友である周瑜がしつこく「帰る前に一度だけ孫権どのにあって欲しい。

君の能力を見抜く目をあの方は持っている」と何度も誘ってくるので、

彼は致し方なく孫権の元を尋ねることにします。

孫権は魯粛が来るといろいろなことについて述べ、大いに話は盛り上がっていきます。

そして彼は孫権が気に入ってある秘策を話します。

彼の秘策は「魏は強すぎて孫権どのの国一つでは対抗することは難しいでしょう。

そのため鼎の足の一本として江東に割拠して、

魏軍が攻めてくれば反撃して追い払い時を稼いでおれば、

必ず状況が変化するでしょう。

それまでに江東で力を養っていくことが肝要であるとと考えます。」と述べます。

この秘策に孫権は感心して、彼を幕僚として迎えることになります。

 

関連記事:ひでえ!!孫権を騙して魏と戦わせた魯粛と周瑜が腹黒過ぎる

関連記事:蜀のブサメン軍師、龐統は魯粛のスパイだった?劉備と龐統、仮面主従の真実

 

三国志ライター黒田レンのひとりごと

黒田廉

 

魯粛は孫権の幕僚として参加すると周瑜と共に孫呉を支えていく重臣として活躍。

しかし魯粛は孫権の重鎮として内政全般をになっている張昭からあまり好かれていませんでした。

張昭は孫呉のスローガンとして天下統一と後漢王朝を支えていくことを目標としておりましたが、

魯粛の天下三分の計はこの方針を全く無視しているやり方であったので、

彼と歩調を上手く合わせることができませんでした。

しかし魯粛はそんなことは一向にお構いなしで、周瑜亡き後は自らが提唱した天下三分の計を

実行するべく邁進していきます。

孫権は天下三分の計が実現され、

皇帝に即位した時に魯粛が天下三分の計を唱えてくれたからこそ今の自分があると

彼を大いにほめたたえていたそうです。

 

参考文献 朝倉書店 十八史略で読む三国志 渡邉義浩著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:董卓は何で李儒や賈詡がいたのに賈詡を重用しなかったの?

関連記事:極悪人の董卓の参謀・李儒は董卓以上の悪人だったの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【素朴な疑問】蜀漢って国内はどうなっていたの?蜀軍の配置から北伐…
  2. 霍弋(かくよく)とはどんな人?蜀の滅亡まで司馬昭に屈しなかった隠…
  3. 治世の能臣乱世の奸雄:曹操に人気がない理由は?
  4. 【週刊文春も驚き】後漢時代のメディア事情はどうなっていた?後漢時…
  5. 本当に病弱?実は健康に自信があった孔明、寿命を縮めた大誤算とは?…
  6. 劉瞱(りゅうよう)ってどんな人?王族出身の名門参謀でもあり魏の重…
  7. 【蜀の運命を決めた人物】呉の大都督となった阿蒙ちゃんの決断が歴史…
  8. どうして陳宮は呂布に従えたの?呂布を見捨てなかった天才軍師の生涯…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 将軍ハンニバルとはどんな人?韓信と同時代にローマを震撼させた漫画みたいなスゴイ奴
  2. 五丈原の戦いの裏側で活躍した魏の満寵とは?前編
  3. 沮授(そじゅ)とはどんな人?袁紹に献策するも採用されなかった悲運のアドバイザー
  4. 5話:頓挫する王莽の新と、後漢王朝の復活
  5. 権力に執着した曹操が魏王になるまでに荀彧と荀攸との間に亀裂が生じる
  6. 姜維は北伐の失敗で衛将軍に降格したのに何で大将軍に復帰出来たの?【前半】

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

19話:超豪華!反董卓軍の英雄達 2分で分かる合肥の戦い その4 張遼の猛攻 三国志の故事成語『苦肉の策』(くにくのさく)って何? 呉の初代丞相・孫卲(そんしょう)は「正史三国志」に記されていないのは何で? 三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた 島津家久(しまづいえひさ)とはどんな人?最大の戦果を挙げ続けた島津四兄弟の闘将 【意外と知らない?】孫子の兵法を読んだ偉人達!曹操やビルゲイツも愛読、人生や経営に役立つ名言が詰まった兵法書 天地を喰らうという漫画があまりにもカオス!裏三国志入門書 Part 2

おすすめ記事

  1. 阿会喃、死んだらあかいなん!!孔明に裏切られた良い蛮族
  2. 【シミルボン】孔明も騙した?蜀に似合わないテキトー人間 何祇の人生
  3. 趙の名将・李牧の孫が国士無双で知られるあの人と関係があった!
  4. 天才魯粛の生涯!赤壁の勝利は魯粛無しにはあり得なかった?
  5. 李広(りこう)とはどんな人?「飛将軍」と呼ばれた男は李信の子孫であった!?
  6. はじめての三国志企画 – エイプリルフール特集
  7. 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第一話「井伊谷の少女」の見どころ紹介
  8. 【蜀軍キラー】劉備・孔明を恐れさせた張郃の対蜀戦での戦歴

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP