広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?

はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

なんで重耳は生まれた国から逃げなければならなくなったの?

この記事の所要時間: 354




重耳

 

晋の文公と言われることになった重耳(ちょうじ)。

彼は春秋の五覇のうちの一人に数えられる名君として歴史に名を残すことになるのですが、

生まれ故郷である晋の国から逃げ出して、長い年月各国を旅して回りながら晋へ帰国して

君主の座に着くことになります。

だが彼が晋の国へ帰る事ができたのは国を出てから19年後のことになります。

彼はなんで晋の公子でありながら国から逃げなければならなくなったのでしょうか。

 

関連記事:これであなたも知ったかぶり!春秋時代をザックリ紹介!

関連記事:介子推(かいしすい)とはどんな人?晋の重耳に自らの身を犠牲にして忠誠を尽くす




国が乱れた原因はある討伐戦にあった

炎 s

 

重耳のパパは晋の献公(けんこう)と言われる人物です。

彼は晋の国の君主の座につくと晋に逆らい続けていた異民族を討伐するべく

軍事行動を行います。

この戦いは晋の圧倒的勝利で幕を閉じることになるのですが、

この戦いで献公は異民族の王の娘二人を捕虜にして帰国。

このふたりの娘は可愛い女の子でした。

彼は帰国後この可愛い女の子二人を側室に向かい入れて昼も夜も愛し続けていたそうです。

その中でも献公が特に可愛がっていたのは姉の驪姫(りき)と呼ばれる事になる女の子です。




献公が愛した驪姫が男の子を出産

photo credit: Sunrise via photopin (license)

photo credit: Sunrise via photopin (license)

 

驪姫は献公に愛されたことがきっかけで男の子を出産します。

献公はこの男の子が可愛くて仕方がなく、晋の次世代の当主にしたいと考え始めます。

だが当時の献公には三人の子供がおりました。

長男である申生(しんせい)。二男の重耳。三男の夷吾(いご)がおり、

次世代の君主として晋を導いていくのは長男の申生と決まっておりました。

しかし献公はなんとか理由をつけて三人の息子たちを遠くへ追いやりたいと考えはじめ、

ピカーンとある考えがひらめきます。

献公が考えた理由とは「曲沃(きょくよく)は晋の大事な土地だ。

また国境の蒲邑(ほゆう)と屈邑(くつゆう)は国の大事な場所である。

この三つの都市は家臣に任せるのではなく、血縁である息子たちに任せたいと思っている」と

大臣達へ伝えます。

この意見に反対意見がなかったため、長男・申生は曲沃へ、三男・夷吾(いご)は屈原へ

次男の重耳は蒲邑へ向かうように命令されます。

こうして晋の首都には驪姫が生んだ子供しか残らないようになります。

この驪姫が生んだ献公の子供の名前は奚斉(せいけい)と名付けられます。

 

驪姫の罠にはまる太子・申生

photo credit: d8_november via photopin (license)

photo credit: d8_november via photopin (license)

 

申生はその後父から小国を討伐するように命令を受け難なくこなします。

そのため献公は彼を太子の座から引きずり下ろして可愛い奚斉を晋の太子として据えることが

できませんでした。

しかし驪姫は献公よりも悪謀に秀でており、

ある日申生に「あなたのお母様のお墓参りに行ってきて欲しいと献公様から言伝されました。

その際に献公様へお土産として食べ物を買ってきてはいかがでしょうか。」と伝えます。

申生は驪姫の言うとおり自分の母親のお墓参りを行ってから、

献公へお土産として食べ物を買って帰ります。

献公は申生が買ってきた食べ物を食べようとしますが、

驪姫が「買ってきてからだいぶ時間が経っているから

毒見させたほうがいいのではないのですか。」と伝えます。

彼は驪姫の進言に従って申生が買ってた食べ物を犬に与えると犬は泡を吐いて

死んでしまいます。

そして宦官にも与えますが、この宦官もすぐに亡くなってしまいます。

この毒見の結果を見た献公は激怒。

申生は曲沃へ逃亡しますが、城内で彼は毒を飲んで自殺してしまいます。

こうして申生は驪姫にハメられてなくなってしまうのです。

 

重耳国外に逃亡

重耳 文公

 

重耳と夷吾はちょうど申生が亡くなった時に献公のもとへ挨拶をするべく首都へ来ておりました。

この時驪姫はこの二公子も一緒に抹殺してしまおうと考え献公へ

「献公様あの公子たちも申生の事件に関与しているそうです」と述べます。

このことを知った献公は激怒して二人を逮捕しようと追っ手を差し向けますが、

ふたりは申生の事件を耳にして各々の領地へ逃亡。

重耳は領地へ帰るとすぐに防備を固めて父の軍勢が来るのを待ち受けますが、

監視役として献公から送られてきていた宦官に「自殺しなさい」と迫られます。

重耳はこのままでは戦う前に殺害されてしまうと感じ、すぐに領土からも逃亡することを決意。

そして宦官の目が離れた隙を狙った逃亡します。

 

春秋戦国ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

重耳は驪姫を寵愛した父親である献公から命を狙われてしまったことが

原因で晋を出て逃亡することになってしまうのです。

彼にこの時付き従ったのは数名の家臣だけでした。

しかしこの家臣達がいたおかげで重耳は晋へ帰り着くことができるのです。

また三男の夷吾も国外へ逃亡しており、

晋の国は献公が可愛がっていた奚斉が国を継ぐことになるのです。

 

参考文献 史記 司馬遷 訳市川宏・杉本達夫

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:劉邦や劉備も手本にした人物 「重耳」 とは?

関連記事:【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー





よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

キングダム 政

 

 

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

 

始皇帝

 

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. あるポンコツのせいで崔琰は死刑になってしまったってほんと!?
  2. 【はじめてのセンゴク】播磨における予想外の展開と上月城の悲しい最…
  3. 李孚(りふ)とはどんな人?度胸と勇気は三国志一の魏のマイナー文官…
  4. 【三國志曹操伝 ONLINE プレイ攻略1】ついに超名作ゲームが…
  5. 【三国志の分岐点】最大のチャンスを見逃してしまった曹操のミス
  6. 【三国志の新事実】マジで!?蜀の天才丞相・諸葛孔明が沢山いた!
  7. 游楚(ゆうそ)とはどんな人?諸葛亮の攻撃を耐え抜いた魏の太守
  8. 呂不韋の出世のきっかけはここから始まる!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 秦の始皇帝ってどんな人だったの?青年期編
  2. 荀攸(じゅんゆう)とはどんな人?地味だけど的確な献策を行った軍師
  3. 韓遂(かんすい)とはどんな人?生涯の大半を反乱にささげた不屈の反骨心【後半】
  4. 三國クロスサーガ~蒼天の絆~とはどんなアプリゲーム?
  5. 曹植の存在が曹丕を歪めた?何で曹丕はあんな性格になっちゃったの?
  6. 【ドラゴンブレイド番外】古代ローマ版曹操?カエサルの生涯が凄すぎる

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【春秋時代ミステリー】春秋時代に残るホラー話 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【5/15〜5/21】 郭修(かくしゅう)とはどんな人?費禕を暗殺したあんまり有名ではない魏の暗殺者 強力な曹操の脅威に呉・魯粛と蜀・孔明の思惑が一致 【シミルボン】真面目そうな夏侯惇がやってしまったロックな行動の理由とは 平安京・平城京の原点は三国志の魏の都とされた鄴都だった!? 公孫康(こうそんこう)とはどんな人?虚を捨て、実を取り遼東に安寧をもたらした男【遼東三代記】 75話:周瑜の計略で曹操の水軍が弱体化

おすすめ記事

  1. 禁断の比較!蜀の五虎大将の忠義・実行力・容姿を比較してみた
  2. キングダム 519話 ネタバレ予想:強力な山の民の戦闘力
  3. 楽天koboにて『#君主論』の販売を開始しました。
  4. 113話:老将・黄忠死す、次々と天に還る五虎将軍
  5. 曹植の存在が曹丕を歪めた?何で曹丕はあんな性格になっちゃったの?
  6. 2017年は李傕・郭汜祭りを開催するよ!さぁ、祭りだ!ワッショイ!
  7. 【列異伝】なんと!曹丕は中国初オカルト小説の作者だった?
  8. 張邈(ちょうばく)とはどんな人?親友の曹操を裏切って反旗を翻した政治家

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP